世田谷区用賀の整体院【せたがや手技均整院】|自然療法、更年期障害、不妊治療、妊娠期の腰痛、産後の骨盤調整、マタニティブルー、産後の腰痛、恥骨痛、マタニティ、更年期、妊婦さんbaby一緒OK

トップ | 院長対談シリーズ

院長対談シリーズ

対談シリーズ 翻訳家 上野圭一さん

今回は翻訳家の上野圭一さんをご紹介します。

上野さんは、アンドルー・ワイル博士の一連の著書を始め、代替医療関係、精神世界、スピリチュアル関連などの、多くの書物の翻訳を手がけられております。また日本に「自然治癒力」と言う概念を根付かせたり、「ホリスティック医学」という潮流を引き起こした功労者の一人でもあります。

私はこの世界に入って、上野さんが訳された多くの書籍から、実にたくさんの事を学ばせていただきました。今、私がこのように代替医療の世界で活躍出来るのも、骨格矯正と言う身体力学の範疇を超えて視野を拡げながら「身体」を、人間の持つ「治癒力」を、そして生きていく為の「生命力」という根源的な視野で人間を見つめていく事を身に付けることが出来たのも、すべて上野さんの訳された多くの書籍が無くては、決してあり得なかったと思います。考え方の骨子を学ばせていただいたのです。

 

私にとっては先生のような存在である上野さんとお会い出来る!

それは夢のような事でした。

そして7月20日、よく晴れた気持ちのいい日に、(株)ノラコーポレーション代表取締役社長、金田郁子さんのお導きにより、伊東のご自宅までお伺いさせていただき、我々代替医療に接点を持っている者にとっては「ご金言」と思えるお話の数々をいただいて来る事が出来ました。

お会いするまでは、ちゃんとお話し出来るだろうか…など、柄にも無く緊張して、いろいろ考えたりしていたのですが、挨拶して二言目くらいからいきなり本題とも言える治癒力の話、そしてワイル博士の話、頭蓋仙骨療法のフルフォード博士の話など、アレよ〜という間に、超レアモノのお話に迄発展していってしまいまして、あいにくその時点ではまだ今回お伺いさせていただいた主旨すらお伝え出来ておらず、よって録音などもちろん出来ていない状況でしたが、私の不躾なお願いにも実に快く承諾していただいて、以降のお話をここにご紹介出来る事になりました。

上記の、イントロダクションのお話を、ここに紹介出来ないのが非常に残念なのですが、しかし社会や時代や民族などから「健康」を読み解いて行くなど、かなりスケールの大きなお話が満載ですから、どうぞお楽しみください!