世田谷区用賀の整体院【せたがや手技均整院】|自然療法、更年期障害、不妊治療、妊娠期の腰痛、産後の骨盤調整、マタニティブルー、産後の腰痛、恥骨痛、マタニティ、更年期、妊婦さんbaby一緒OK

トップ | 院長対談シリーズ

院長対談シリーズ

対談シリーズ 特別講義1 医学博士 田中康弘先生

お産がいかに大変か。お産が自然の営みであるというのは間違った考え方だと僕は思います。

生理現象だって云っちゃったら医者の首をしめることになります。何かあったら医者のせいになっちゃう。馬鹿いっちゃいけない。どれくらいベスト尽くしても無理なことはあるのです。お産て云うのは100%を超えた現象ですから当然です。

たとえばみなさんおしっこを我慢して我慢してようやくトイレにたどり着いた場合、あなただったらどれくらいのおしっこをためていたと思いますか?膀胱の機能のいいひとで大体限界で400cc。300ccくらいで普通は限界です。

しかし麻酔掛けて膀胱にどれくらい入るか試してみると1200ccくらい入ります。お産のときに膀胱麻痺っていうのが起こります。そういうときに助産師がダメだと1200ccたまったりします。膀胱の最大は2000ccはいります。でも400ccで出せ出せとなるわけですね。

最大能力があっても、20~30%で留めるわけです。機能的余力として残しておく。これが生理現象なんですね。

筋肉も同様で、48キロぐらいなら軽く持ち上げられますね。
あなたの腕を輪切りにすると、だいたい20平方センチメートルくらい筋繊維があります。1平方センチメートルで5キロくらい持ち上げられます。全筋肉が収縮を起こしたら、120kgくらいのものを持ち上げることが出来る。両方で240kg。そういう筋繊維を持っている。だけど全部収縮しません。やっぱり2~3割です。3割で頑張ると、もう持ちたくない。目の前に一億円つまれて、もちあげたらこれあげます、ということになったら、もしかしたらあなたは全筋肉を使って持ち上げることが出来るんです。火事場の馬鹿力といいますが、実際ありうるのです。火事の際に200kg金庫をかついで逃げた女の人の話がいっぱい残っています。それでも、沈火した後に持っていけるかというともう持てないわけです。これが生理現象です。余力があるわけです。

お産の際に、あまりの痛みに青竹を握りつぶした話というのもあります。それだけ筋繊維を持っている。あまりに異常なインパルスが来ると、普段使わない 100%の力が出て、青竹がつぶれる。内臓の機能も、いつも90%くらいで動いていたら、たちまち死んじゃうわけですね。普通は全部、20~30%です。だから腎臓は片方でも大丈夫。肝臓は癌で80%で生きてられる。

余力のあるのが生理現象。お産は余力ありますか?
100%超えたら切らなきゃいけない。皮膚の進展能力を超えている。
あなたの頬をひっぱってみてください。最大痛いところで30%。
誰かが両方でもって引っ張って、切れたらそこが100%。お産のときは切れうるのです。誰も裂傷がなければ生理現象でいいと思います。生理現象なら、切らずに出してみろと思います。

筋繊維は20代で19gで切れます。20代中ごろで代で15g、40代は12gで切れます。だから高齢のお産は危険なのです。骨盤も広がらない。だから大変。23の人ならギュワンと伸びますから余裕があります。20~24までは安産になる。25~29まではまあまあ。30~34までは努力すれば安産になる。35~は努力しても安産にはなりにくいのです。仕方がない。

だからなるべく早く生んで欲しいんですね。でも今は高齢出産ばかりです。高齢出産というのは30代からを云うのですが、そうするとみんな高齢出産になっちゃうから、今は35歳以上を高齢といいます。

でも、人間の身体は2000年くらいじゃ変わらないわけですよ。
高齢者ほど努力しなきゃいけない。その努力で一番効果が高いのが運動だと僕は思っています。一生懸命やっても効果がないのはやりなさんな。一番効果が高いのは運動だ。それは僕の信念です。

これは私が発見して。日本ていうのは和の世界ですね。均等におちこぼれがでないように話し合って...という談合の国です。昔からやっているんですね。なくならないと思います。学会もそうです。大先生を中心とした説をこれはよいこれはよいとやっているのを無視して、全然違うことをやっていると出る杭は打つって言うんで評価してくれないんです。私も世間への売名行為だ! なんて叩かれました。妊娠中に運動しろっていうんです。偉い先生は安静をという。
いろいろ言われました。学会の流れに乗らずにやった新しいことは評価されないんですね。なんだか自分のことばっかりですが・・・。

妊娠するとおなかが膨らみますよね。でもおなかだけじゃなくて、おしりも膨らみます。お尻とおなかの最大周径が同じになったときが出産のタイミングだということを僕は気づきました。

おなかは大体94センチくらいになります。おしりも大体95センチくらいになります。15年位前に気づいて学会で発表しましたが、誰も評価してくれないんですね。メジャーだけあればわかるし、大掛かりで高価な機械もいらないし、これはいいと思ったんですが、学問というのは大掛かりな機械と検査でもって出たデータならまだしも、メジャーだけではかる数値を相手にしてくれないんですね。
最先端の学問であるような感じがしないわけです。

ところがそうじゃないんです。痛い思いをして血液検査でややこしいことをやるのと、メジャーでおなかとおしりをはかると、精度は同じなんです。だったらお金もかからないし、痛くもないほうがいいと思いませんか?今は手で計っていますが、ボディランスキャナーっていうのが出たのでそれを貸してくれたら、やっぱり100対100になるんだって。みんな認めてくれると思います。自信を持っているんです。