世田谷区用賀の整体院【せたがや手技均整院】|自然療法、更年期障害、不妊治療、妊娠期の腰痛、産後の骨盤調整、マタニティブルー、産後の腰痛、恥骨痛、マタニティ、更年期、妊婦さんbaby一緒OK

トップ | 院長対談シリーズ

院長対談シリーズ

対談シリーズ マタニビクス 田中康弘先生

今回は、田中康弘先生を紹介させていただきます。

田中先生は、産婦人科医として、日本における無痛分娩の草分け的存在であります。
全国から集まる産婦人科医師らへの指導はもとより、現在もご自身で診療にあたっておられる、第一人者であります。また、日本で早くから「出産指定日の選択」を開始されたことは特筆すべきでしょう。
さらに、日本にエアロビクスが上陸する1年前、1981年に早くもフィットネススタジオを開設され、妊婦さんの為の運動療法「マタニティビクス」を開発、始動、1986 年に「日本マタニビクス協会」を立ち上げられて以降、本格的に全国にマタニティビクスを広めてこられました。現在「日本マタニティビクス協会」は、2200名のインストラクター、全国500カ所以上の登録施設を有しています。

今回はそんなご活躍をされている田中先生に、興味深いお話を伺いました。

(2005年7月 自由が丘 田中ウィメンズクリニックにて)


6.jpg

鈴木:今日はお忙しいところ、貴重なお時間を頂きありがとうございます。
先生をご紹介させていただくには、4つのキーワードがあります。無痛分娩の第一人者であられること。マタニティビクスを創始されたこと。一早く出産予定日の選択を開始されたこと。そして、ご自身がクロスカントリー大会などへエントリーされる現役のアスリートでおられる、の4点です。
この4点目については、いつも先生のお体の矯正をさせていただきながら、「50歳を過ぎると戸籍上の年齢より肉体年齢である」との私の持論に則し、実年齢より15歳以上は若いと思われる、鍛錬された肉体をキープし続けていること、素晴らしいと感心しております。

田中先生(以下敬称略):実は鈴木先生と出会うまで、腰を悪くしていて大変だったのです。自分の家から駅まで歩く事さえつらかった。そのため、これまであちこちの整体の先生や整形外科やスポーツマッサージ、貴乃花を診ていた武道家の先生など、転々と施設を渡り歩き、治療してもらっていました。私は行き始めると1つの施設に最低1年間位は通ってみるのですが、結局治らない。そのなかで鈴木先生に巡り会い、診てもらうようになってからどんどん良くなったのです。最初の2、3回は好転反応で、逆にものすごく痛かったのですが、そのあとみるみる良くなっていった。ただその頃、せっかく良くなったのだからと欲を出し、足の裏のしびれをとろうと外科手術をするなどして、3、4ヶ月を棒に振ってしまったこともありました。現在はまた鈴木先生に継続的に診て頂くことで、だいぶ回復しております。やはり治療の中で、鈴木先生との信頼関係が築けたことも大きな要因だと思います。素晴らしいお人柄。そして相性といいますか、通じるものがあるように思います。

鈴木:先生にそのような言葉をいただけると恐縮です。
それではまず、先生が約30年前に初められた「無痛分娩」のことから伺います。現在の無痛分娩の割合、また、無痛分娩をとりいれるきっかけをお聞かせ下さい。

田中:まず、「無痛分娩」の割合は、日本では今でも少ないです。アメリカやヨーロッパの先進国では90%以上が、僕のやっている硬膜外麻酔を使用しています。だんだん日本でも硬膜外麻酔をする病院が増えてきています。
そして無痛分娩を取り入れるきっかけですが、まず僕は「出産は生理現象ではない」と思っています。「お産は自然の営みなのだから、医療の助けを借りないで出産するのが自然だ」という意見もありますが、僕は「お産は自然の摂理を超越したもの」と考えます。生理現象とは、無意識のうちにできることをいいます。自分の力のうち全体の20%位を使えばできることです。筋肉でさえ、普段はその20%ぐらいの力を使っているのです。ハシより重たい物を持った事のないような、か弱い女性が「これを持ち上げたら1億円あげるよ」と言われたら、頑張って70kgのバーベルなんかを持ち上げられることもありますね。それがだいたい30%。そして、火事の時だったらもっと力を発揮する、いわゆる火事場のバカ力というのは人間の筋肉の70%近い力を使った時のパワーのことです。それ以上力をだすと皮膚や筋肉が切れてしまうのです。
出産というのは、実はこの100%を出す作業。赤ちゃんも100。お母さんも100。だから痛みもありますし、命を落とす子供やお母さんも出てきます。
「人が死ぬ」可能性がある事は、生理現象ではありません。

それには人間の進化が大きく関係しています。例えば、牛や馬の赤ちゃんは生まれてすぐに立ち上がり、おっぱいをもらいにいきます。人間と比較すると、成人とほぼ同じ機能を備えて、すぐに生活できる状態で生まれてくるのです。それに対し人間の場合は、生まれたばかりの赤ちゃんは寝たきりでなにもできません。これは、人間が動物とは違う進化の過程を経てきたからです。遥か昔、2足歩行を始めて道具を使う事を覚え、技術を発達させてきました。それに伴い脳も大きく発達し、胎児の頭も大きくなりました。そんな人間が、他の牛や馬のように成熟するまで子供をお腹に入れていたら大きすぎて産道からでてこられなくなる。そのため、動けない程の「未成熟」ぎりぎりの状態で生まれてきます。

そんな進化形態を遂げてきた現在、我々人間にとって自然なお産とは、どんなお産なのかと考えた時、人間の特性が生かされて医学が進歩したのだから、進歩した医学を使い、より「安全な出産」にしてこそ、「人間のお産」といえるのではないでしょうか。例えば、点滴をしながらお産をする。これは自然な姿ではないかもしれません。
しかし、お産の途中で大出血が起きたとしたらどうします?大量出血による虚血状態になって血管が萎縮していて確保できません。それからあわてて輸血の注射をうとうとしても、手遅れになってしまいます。だから前もって、点滴の場所を確保しておくことで、いざという時に備えられる。陣痛計で赤ちゃんの心音をチェックし、胎児や母親の安全を確認する事ができる。分娩台手術台を兼ねていれば、帝王切開をしなければならない時すぐに対応できる。これが現代の日本における「自然」な出産ではないかと考えます。