世田谷区用賀の整体院【せたがや手技均整院】|自然療法、更年期障害、不妊治療、妊娠期の腰痛、産後の骨盤調整、マタニティブルー、産後の腰痛、恥骨痛、マタニティ、更年期、妊婦さんbaby一緒OK

トップ | 息食動想環境について

息食動想環境について

一つもの

私がいろいろな所でいつも言っている、比較的わかりやすいモノの例えの一つに、「悲しみは肺を傷つける」ということがあります。これは、呼吸機能が衰えてくると、どうしても悲観的に物事を考えてしまう、あるいは、肺の機能が低下してくると、知らず知らずの間に、思考がマイナス方向へと向ってしまいがちになりますよ、ということなのですが、「肺のポーズ」というのがありまして、肩を巻き込んで少しうなだれているという姿なのですが、これを私達は、心肺機能系統を守る為の防衛反応からくる身体の歪み、肺=呼吸器運動を庇う為のポーズであると考えています。

肺の運動=働き、と言うのは、鳥かごのような胸郭が、アコーディオンの様に上下に動いて呼吸運動をしています。肩を巻き込み、背中を丸めた「肺のポーズ」では動きが抑制されて、深く呼吸することが出来ません。
身体の中で一番酸素を必要をする器官は脳です。質量は全体の8%ぐらいしか無いのに、摂取した酸素の3割は脳で消費されます。この燃費が悪く、大食いな臓器に充分なエネルギーが行き渡らないと、どうしても働きが鈍くなる、健全な、ポジティブな思考が持ちづらくなってくる。どうしても一歩遅れて、マイナス方向へと考えてしまうことになってくると私達は考えています。呼吸が浅くなり、脳に酸素が回りにくく酸欠になってくると、怒りっぽくなったり、短気になったり、泣き虫になったり、一つの事をじっくりやり通す事が出来なくなって来ます。集中力も忍耐力も物事を肯定的に捕らえ考えて行く事も、神経が疲れていたら出来ないのです。神経を働かす為には酸素が必要ですが、肩を丸めてうなだれていると大きな呼吸=酸素を充分に取り入れる事が出来ません。

何年も前になりますが、待ち合い室のソファーの前にカサブランカを2週間ごとに5本活けていました(隔週月曜日にお花屋さんが矯正に来ていたのです)。月曜日に活けて、ちょうど見ごろは金曜にぐらいで、20輪ぐらいの花が一度に咲きほこります。そうなると臭いも強烈!ビジュアル的にも派手なものでした。その当時の事なのですが、花が活けてあるソファーの前で2~30分待っていても花の存在に気がつかないで、矯正が終わり戻って来て初めて「あ~、綺麗な花ですねぇ~、気がつかなかった!」という人が何人もいたのです。目には入っているのですが、心には昇らないのですね。

私達の目は実際にはかなり多くの物が見えているのに、必要な物にしか焦点が合わないように出来ています。これはとても高等な情報処理技術です。心の問題も私達が普段思っているよりも、実はとても複雑に働いています。ですが身体を通すと実に簡単に変えていくことが出来るのです。辛かったり、痛かったりすれば、幸せチックな事などよけいな事として通り過ぎてしまうのも自然な事です。子育てをしているお母さんを観ていると、自分体力が無くなってくると、泣いたり騒いだりがとたんにうるさく感じるらしく、子供にきつくあたっています。育児ノイローゼーなどはその最たるものですね。施術の前後で考え方から感受性など、それこそ別人のようにコロコロ変化する事実に毎日接していると、「自分はいじわるだ」「自分は性格が暗い」などと、常日頃考えている「自分」なんてまったくいい加減なものなのだなと思います。

内臓の働きと、感情の方向性と、呼吸と姿勢のあり方は一つのもなのです。身体の表面に出来た、それに相応するこわばりを緩めていくと、怒りや不安や心配などの、心の中のこわばりも消えていきます。こういうことは不可能なことでは無いのです。
私は、毎日の矯正の中で、ごく当たり前のこととして行なっています。