トップ > Blog of Integrated Naturopathy

Blog of Integrated Naturopathy

産後の審美矯正

 

2月中旬スタート・第二子出産2ヶ月、33歳

 

 

 

 

 

 

4/20、3クール終了。驚異的なのはお尻だけではありません

お腹はペッタンこ、デコルテは開き、腹筋のラインが薄っすらと出てきました。

しかし体重は産前プラス2kg!第二子出産後でここまで体型が戻るのはミラクルです。

現在は、さらなるシェイプアップを目指して頑張っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産前よりもキレイなラインを手にしているお母さんはたくさんいます

あきらめますか...?

詳細はこちらをご覧ください ↑

 

 

 

 

 


| 2017.04.27 | PermaLink

産後の審美矯正

 

3/1スタート・第二子出産7ヶ月目・38歳

 

 

 

 

 

4/24、2クール終了・劇的なヒップアップ

お腹のぜい肉、モモの太さ、巻き肩も改善!

現在、産後の肉体改善進行中!

 

 

 

 

 

 

 

 いまは100%お母さんですが、数年後に一人の女性としての人生が再開されます

 その時に慌てないために....

 

 

 

 

 

 

 

産後の体型の乱れは、仕方がないのではなく、自己責任です

きちんと整えることで、産前よりキレイになれるのが産後の体です

 

 

 

 

 

 


| 2017.04.26 | PermaLink

産後の審美矯正

 

2/24 第一子産後5ヶ月スタート!

 

 

 

3/22

 

 

 

 

 

4/21。1サイズダウン&体重は産前よりプラス2kg!

本人談「ここまで変わるとは思っていませんでした!

ミラクルです!」

 

 

 

変わっているのはお尻だけではありません。

デコルテや巻き肩も開き、 下腹は締まり、

足首もシャープに締まっています!

 

 

 

 

産後は産前より細く、キレイになれるのです

 

 

 

 


詳しくはこちらをご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 見た目だけではありません。尿もれ、下腹 etc..の弛みも骨盤のしまりと同調します

 

 

 

 

 

 


| 2017.04.21 | PermaLink

復職するお母さんへ

 

長くて、楽しかった育児休暇もあと少し。

 

もうすぐ復職されるお母さん、アンニュイな時期ですね。

 

最高に幸せな時間を、充分に楽しむことはできましたか?

 

毎年いろいろなお母さんが復職されるので、たくさんの情報が寄せられます。

 

少しだけアドバイスさせていただきますね。お役にたてるといいな。

 

まず、満員電車、ヒール、すぐに慣れますから心配いりません(笑)

 

復職して半年くらいは、あまり仕事にならないかもしれません。

 

保育園に入った赤ちゃんは、いろいろな菌に触れて免疫系を確立していく

 

獲得免疫という仕事に翻弄されて、いろいろなタイプの風邪や感染症に罹患します。

 

その度に保育園から呼び出しがあり、仕事どころではない、

 

とよく復職したお母さんから聞います。

 

そしてとても大切なこと。周りの同僚に対する気配り!心配り!ここ、ものすごく重要です!

 

あなたの周りには、何かあるとすぐに帰ってしまうあなたに、快く思わない人も少なからず、

いるのです。

 

子育てしていればどうしようもないことなのですが、そのあなたの行為を快く思わない人にも

 

その人なりの言い分があり、その人なりの正義があるのです。

 

また帰るの....

 

復職したお母さんは、今までの何倍も、笑顔と、ありがとうという感謝と、よろしくお願いします

 

という心からのお願いを、意識して、今までの何倍も、必要です。

 

ここで要らぬストレスを抱えてしまうと、そのままネガティブな感情を引きずりながら

 

家庭に戻り、子どもに接することになるのです。

 

会社でのストレスは育児にとって百害あって一利なし!

 

家庭に会社のストレスを持ち込んではいけません。

 

復職するお母さん、あなたのコミュニケーション能力が必要な時です。

 

気配り、目配り、心配り!

上記3つを徹底して、腰を低く、波風の立たない社会人生活を送るように。

 

とても重要なことだともいますよ。

 

公私の気持ちの切り替えや、肉体的な疲労感は3ヶ月で慣れます。

 

でも、少し離れたぶん、ものすごく赤ちゃんがかわいく思えますよ!

 

ぜひぜひ、いい復職を目指してくださいね。

 

 

 


| 2017.04.17 | PermaLink

サーバー不調によりご迷惑を・・・

 ここ数週間、サーバーの不具合による、メールの受信が出来たり、出来なかったりという不調が続いております。(HPからのお問い合わせを含む)

 

 

もしご連絡をいただいて、返信がない場合には誠に恐縮ですが、お電話をただければ助かります。

 

 

ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いします。  

 

                        せたがや手技均整院  鈴木登士彦


| 2017.04.12 | PermaLink

マタニティ&ベビィフェスタ2017!

 

 

本日はマタニティ&ベビィフェスタ2日目に参加してまいりました。

 

 

 

 

ブースはお陰様で本日も大盛況でした!

 

 

 

 

お隣のブースで妊婦さん疑似体験!

これは大変です。。。

 

 

 

全力でケアさせていただきます!

 

 

 

 

ライター仲間の下村さきさんが来場されていました!

ご無事の出産を祈念しております!

 

 

 

 


| 2017.04.09 | PermaLink

マタニティ&ベビィ フェスタ2017!

 

 

本日から2日間、パシフィコ横浜で開催しているマタニティ&ベビィフェスタ2017

 

に自然手技療法学院の生徒たちと一緒に出展しております。

 

今年は育メン講座!

 

ママのヨーツーや肩こりをケアできるように、パパをトレーニングしますよー!

 

っていうコンセプトです。

 

お時間のある方はどうぞ遊びに来てくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2017.04.08 | PermaLink

私は母が47歳の時の子です

 

 

先日、昭和17年生まれのクライアントさんの矯正をしていた時のことお話しです。

 

その日は特に産後の骨盤矯正で赤ちゃん連れでの来院されるお母さんが多い日でした。

 

今のお母さんはみなさおキレイですね〜とか、いろいろな会話をしていたのですが、

 

「私は9人兄弟の末っ子で、母が47歳、父が56歳の時の子供なんですよ」・・・・

 

えっ。。。。

 

 

実は昔から40歳過ぎでの高齢出産というのは、意外と多かったのです。

 

以前もブログに大正時代の高齢出産の話を書いたのですが、もちろん当時は

 

不妊治療などありませんから全員が自然妊娠です。

 

しかもほとんどの人が今よりかなり多産です。

 

すごいですよね〜。

 

栄養も今より満ち足りていなかったでしょうし、エルゴもなかったし(笑)

 

オムツは木綿で洗うタイプだし、食洗機ないし、バギーじゃなくで乳母車、

 

しかも道路は舗装されていない。。

 

今は当たり前に腱鞘炎になり、腰痛になり、授乳していて首が固まって動かなくなるけど、

 

団塊の世代以前のお母さんたちには無縁のものだったそうです。

 

種として昔の人の方が強かったんですね〜。しみじみと思います。

 

 

 

全く別の角度から高齢出産を眺めるとまたこれも面白いことがあるんです。

 

それは関東大震災や戦争、近々で言えば東関東大震災の翌年には出生数が増加する、

 

というのです。

 

これは危機的な状況に置かれると種の保存のスイッチが入る為だと言われています。

 

出産数自体が多くなるので必然的に高齢出産の数も上昇します。

 

産めよ増やせよ!というDNAレベルでの指令が発動されるのでしょうね。

 

 

20世紀は平均寿命が30年伸びました。

 

そして21世紀にはあと20年伸びるそうです。

 

ほんと?と思いますが、実際に100歳を超える高齢者って昔よりかなり増えていますね。

 

珍しくなくなっています。

 

これから訪れる圧倒的な少子高齢化に伴い60歳定年制度も崩壊するでしょうし、

 

世の中大きく変わりそうですね。

 

いかに世の中が変わっても、体さえ丈夫で健康ならいかようにも

 

対応していくことが可能だと思うのです。

 

健康!元気!

 

しみじみと大切なことだなと思いながら今日もいらしてくださるクライアントの

 

お身体を矯正させていただいております。

 

 

めずらしく徒然なブログでした。。。

 

 

 


| 2017.04.07 | PermaLink

最近の腰痛症の傾向

 

 

腰痛は人間が二本足歩行を始めた時からの宿命である。

 

まぁ、これだけ多いとそうなのかもしれませんね。

 

最近の腰痛症の傾向として、整形外科で検査をすると以前は椎間板ヘルニアですねと

 

言われて来院してくださるクライアントが多かったのですが、

 

今は以前と少し変化していて、脊柱管狭窄症ですと言われて来院される方が多くなりました。

 

果たして生活様式が変わったからでしょうか?

 

それもあるかと思いますが、考えられるいちばんの要因が検査方法の進化ではないかと思います。

 

以前は狭窄まではわかりずらかったのかもしれませんね。

 

いずれにしろ、手技療法により全身のバランスを回復していくという指針に

 

変わりはないですし、かなり高い効果を上げさせていただいております。

 

腰痛は辛いですからね。

 

早く楽になっていただけるように、今日も全力を尽くして矯正させていただきます。

 

 

 

 


| 2017.04.05 | PermaLink

BMI値と死亡リスク

 

 

赤ちゃんができづらい女性や、痩せ型の妊婦さんが胎児に及ぼす悪影響については、

過去のブログでもたびたび取り上げて来ておりますが、

BMI値が低い人は発ガン性リスクも高まるというデーターです。

 

BMI値は男性で22前後、女性はもう少し高い方が適切な健康度を保てると言われています。

BMI値30ってかなりぽっちゃり系です。

それに比べて少しスタイルがいいなって思える女性は軒並み19を下回っています。

 

若い女性の乳がんを始め、えっ!!!っと思えるような女性が、平気で発癌する時代です。

当院のクライアントでも、残念ながら...いらっしゃいます。

 

特に産前〜産中〜産後のマタニティ期は皮下脂肪ほど良質な栄養源はありません。

当院での産後のお母さんには、産前と同じ体重に戻るとやせすぎ指導を入れさせて

いただいておりますが。。。。

 

男女、年齢を問わず、ちょっと小太りが、一番健康で、一番機能的です。

 

 

 

 


| 2017.04.05 | PermaLink
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ