Blog of Integrated Naturopathy

5月28日

皆さん、こんにちは。

今日は寒い雨ですね。こんな日は体調を崩さないように気をつけましょうね。

昨日、大学の時に公私共にたいへんお世話になった伊三郎先生の教授昇進祝賀会を有志で行ないました。
9歳年上の伊三郎先生は、時には僕たちにとってよき兄貴分でもあり、目指すべく先輩でもあるのですが、たっぷりの愛情を注ぎながら導いてくれるやはり最愛の恩師なのです。

当時から「この人にはかなわないな」と感じていた情熱や生きていく力など、久々にお会いしたのにまったく変わりなく、いつまでも先を突っ走っていてくれている恩師を持つ我々は本当に幸せだなと楽しく、ウレシく、懐かしい時を過ごしました。

必然的にどんどんボトルが空になっていきます。スプマンテに始まり食後酒のグラッパまで次から次へと。心から楽しくて、とてもおいしいお酒でした。

伊三郎先生は、間接的にではありますが、私がこの道へ進むきっかけをいただいた人でもあります。

玉川大学芸術学科演劇専攻に在籍していた当時、学外公演なる少し大がかりな舞踊公演があり、3年生であった私は多くの品目に出演させていただくべく2ヶ月間みっちりと稽古に励んでおりました。
ショウビズの世界では決してこれだけはやってはいけないという事がありまして、それは舞台に穴をあける=出れない、ということがそうなのですが、私は本番前日の舞台稽古の最中に腰を痛めてしまい、見事にすべての本番に穴を空けてしまったのです。

今まで肩が凝るとか腰が痛いなどは、おじいさんやおばあさんがなるものだろう、くらいの認識しか無くまったく自分とは無縁のものであった腰痛が突然我が身を襲って来て、どうしても出なくてはならないという焦りや責任感やらで、なんとかしなければともがくのですが、立つ事はおろか寝返り一つ、腕一つ動かす事が出来無い事に、冗談ではなく僕はこのまま死んでしまうのではないかと思いました。

友人達に抱えられて、伊三郎先生に紹介いただいたカイロプラクティックへ行ったのですが、帰りにはゆっくりとですがなんとか歩く事が出来て、何日か続けていくうちに治ってしまったのです。

自分が動けなくなってしまった事にショックでしたが、薬も使わずに、注射も何もしないで、体を捻ったり伸ばしたりするだけで、あの辛かった痛みが無くなってしまった事も本当にショックでした。
この先生はいったい僕の体に何をしたのだろうか?それからは頭の中がカイロプラクティックの事で一杯でした。
しばらくして私の親や身の回りに居る体の悪そうな友人達に行ってみて!と送り出すと、皆調子よくなって帰って来ます。

これだ!僕はこれを勉強しよう!!

別に役者になろうとかはぜんぜん思っていなかったのですが、楽しそうだなと思い進んだ演劇専攻で腰を痛めた事がきっかけとなり、まったく異分野の、しかもまったく未知の世界への扉が開かれたのです。

いろいろ調べると、カイロプラクティックとはアメリカ生まれの手技療法だそうで、周りの友人達の多くが卒業後2〜3年海外へ留学する事もあり、だったらアメリカだ!とそれはそれで楽しそうな展開が始まりそうだったのですが、ある方と出会いその人の「手技療法を勉強するなら日本で勉強するべきである。日本には昔から多くの民間療法が雑多にあって、カイロプラクティックのみならず東洋医学を始め幅広く学ぶ事が出来る。しかも母国語で。」との一言でやはり日本か!とコロッと心変わりして、卒業後に身体均整法とオステオパシーと東洋医学を学ぶ専門学校へと進む事になりました。
日本で勉強してほんとによかった、と心から思えるにはそれから10年近くが経っての事でした。当時の私は、頸椎が7つある事も、右も左も何もわからず、大学と専門学校との格差もあり毎日が不安で一杯でした。

高齢者社会が到来し、最近は「この仕事を選んだのは先見の明がありますな」などとよく言われますが、ぜんぜんそんな事考えていた訳ではなく、ただただ手技療法によって回復したあの奇跡のような体験に惚れ込んで飛び込んだ世界だったのです。
今でこそ癒しブームなどと言って職業として認知された感がありますが、20年前は何も大学出てそんなものになる必要があるのか、くらいの風潮があり、代替医療などという概念も無く、盲目のあんまさんやサウナのマッサージやどこかのおばさんが指圧に来たり、リタイアメントした方や失業した方が仕方なく「手に食」感覚でやっている仕事、のような匂いが当時は確かにありました。
現在は予防医学、統合医療、代替医療や自然療法など、見事なまでに西洋医学以外のその他の医学の認識と需要が高まって来ております。よって各方面で声高に二極分化が叫ばれていますが、成功率は当時より今の方が高いのではないかと思います。

ほろ酔い加減で帰宅するタクシーの中で、こんな事やあんな事、修業時代の辛かった事や楽しかった事など思い出しながら、小さいですがしみじみとこの職業に就けた幸せなんか感じてしまいました。

いい日でした。


design | 2008.05.29 | PermaLink

5月23日

皆さんこんにちは。お元気ですか。

さて今日は個体差という事について少しお話ししていきたいと思います。

仕事で毎日たくさんの方の骨格の矯正を行っていますが、今ではさすがに触れる機会が無くなってしまいましたが、明治生まれの人の体はとても素晴らしいですね。現代と比べて栄養価の面でも、居住空間や多くの事が未発達な時代に生まれ育っていると思うのですが、たとえて言うとまるで筋金が入っているような、そんな高性能な明治の方の体。そして明治の方の体より幾分スマートというか線が細くなった感のある大正生まれの人の体。ですがまだまだ頑強な体です。昭和ひと桁世代になると、明治の方の体よりはっきりとした違いがありますが、まだ強い体をしています。そして団塊の世代と呼ばれる戦後生まれに至って、日本人の体は、悪い意味での近代化された肉体となり、その後は見るも無惨な状況であります。

今の日本人は世界を見渡しても他国の人とは比べものにならない程、脆弱な肉体をしているというのが、悲しいですが私の体に関する感想です。
諸外国の方々と接すると、生物としての強さにまずかなわないな、と感じるのは私だけでしょうか?これは外国へ行けばすぐにわかる事ですね。変にこざっぱりして、歩いている姿、立ち姿が汚くて、すぐに疲れてしまう人間を見たらまず日本人です。

先日VOGUE NIPPON の取材を受けていて、「どうしたらこの洋服が似合う体を作れるか?」という主旨だったのですが、まずは奇麗に立って、きちんと歩けないとですね。肉体のボリュームはもちろんの事、生きていく力の密度が希薄なんですね、今の私達日本人は。ということは社会問題となっている少子化は、種として衰退に向かっているという事になりますね。悲しいな。

幕末の志士達の写真を見ると、当時の日本人は気骨溢れるそれは凛々しい面魂をしていますね。肉体を突き動かすのは精神です。当時は常に死と向かい合っていきていく武士道という確固たる支柱がありました。じゃぁいまの私達の精神的な支柱は?無宗教と言うかオウム事件以来宗教アレルギーがあるし、道徳は崩壊しているし、生活が豊かになり助け合いながら生活しなくてはならない必要は無くなったから家族でいる必需性が無くなり、家庭の崩壊はいたしかたがないのかな?生きていく核の部分が揺らいでしまっている。

そして、外敵から家族を守ったり、食べる為に猟をしたり耕したりする力仕事が無くなったし、仕事は女性でも等分に出来るから、結果として必然的にすすむ男女の中性化も自然な成り行きなのかな?温暖化だって、環境ホルモンだって、もう個人レベルでどうこうなるレベルじゃないと何となくわかっているけど、明るい希望ってなにかないのかな?

弱ってしまっている日本人の体をどうしたらウェルネスに出来るのだろうか?といろいろ考えるのだけど、やはり増えすぎた人口は大幅に淘汰されるのかな?そして強い個体だけが生き残るのかな?

『自然手技療法』とは、骨格の矯正を主軸として、「食・息・動・想・環境」を改善し、自然治癒力を高めていく事により痛みや病気を改善するのみではなく、生命力を高めて最善な人生を歩んでいく為の最新の代替医療である。

これが我が校で学ぶ『自然手技療法』というものなのですが、これはもともとオステオパシー/身体均整法に従事していたけど、いくら曲がっている背骨や骨盤のみをいくら矯正しても、種として衰退に向かっている体にはサムシングが必要であるという現実にいやというほど直面し、行き着いた結果の自然療法なのです。

毎回の授業で口を酸っぱくして言っているから、生徒諸君もわかってくれているとは思うけど、横たわる体を読み解いていく為には、その背後にある社会的背景にまでフォーカスを一旦拡げてから、再度絞り込んでいくと問題が把握しやすくなるからね。

最近僕の授業が無いけど、次回またお話ししましょう。
ぜんぜん個体差の話じゃなくなっちゃったね。


design | 2008.05.23 | PermaLink

5月21日

皆さん、こんにちは。いかがお過ごしですか?

今年は台風の当たり年なのでしょうか? この季節にしては、本州沿いに北上して来る台風が多いような気がします。
よく低気圧が来ると体調を崩す方がいらっしゃいますが、そのような方は脊柱に何か問題を抱えている事が主な原因です。

私達の体は気圧の変動に内圧(体内の諸成分)を適合させながら、何喰わぬ顔で生活出来るように自動調節機構(ホメオスタシース)が働いているのですが、脊柱、主に頸椎に問題を抱えてしまうとこのシステムが微妙に狂いを生じていしまい、天候の崩れに体内環境を適応する事が出来ずに調子が悪くなり、天気予報よりいち早く気圧の変動を感じ取ってしまうのです。

ですが天気に左右されてしまうなんて個体としてはいかがなものでしょうか?思いあたるフシのある方は早急に芳香整体の施術を受ける事をオススメします!効きますよ!!

______________________________________


先週末に学生時代の友人達との集まりがありました。今でも仲の良い友人達5人で『5人会』なるオヤジ丸出しのネーミングを冠した集まりがありまして、以前は毎日にように遊んでいたのですが、それがいつのまにやら週に1度になり、月に1度になり、今では年に数回顔を合わせるのがやっとと言う状況になってしまっているのですが、やはり学生時代の仲間と遊んでいるのはホントに楽しいですね。

トライアスリートのINOUE君。バイトも含めるといつのまにやら500人程の規模になった会社を経営しており、池田山にある彼の家のリビングは50畳ほどあっていつ行ってもキモチがいい。同じ演劇専攻出身のSONOちゃんはライブハウスやイベントホールの運営会社を立ち上げて順風満帆。先日も新規事業のアイデア探りにNY出張。GOLFオヤジの彼はハンディ片手のシングルプレーヤー。3月でフジTVの報道を離れてガイアの夜明けに戻っていったテレビディレクターのKOMATU君。資産家のSIRAKO君。彼は別に働かなくてもいいのにいまはベンチャー会社の常務監査役になっている。しかし12気筒575Maraneroを駆る彼は間違いなくセレブリティ。18歳の時から、かれこれ28年間も友達している彼等。当時はお互いが海のモノとも山のモノともわからなかったし、右も左もわからずに遊びまくり、飲みまくっていたのに、みんな本当に個性の特色を生かし切ってそれなりになっている。がんばったよな〜。そして今回は僕たちの兄貴的存在のEDAさんも登場。彼ともかれこれ20年弱のお付き合いになる。当時の彼はまだ通産省の役人で、US-JAPANという日米のビジネスマンの交流会のような会を主催しており、なぜかひょんなご縁から知り合いになったのですが、その後EDAさんは大臣秘書官〜首相主席秘書官〜衆議院議員となり今に至っているのですが、彼は本当に変わっているエリートで、みんな彼の事が大好きなのですが現在2勝2敗で今度の選挙が正念場だと言っていました。

「なんだよ、昔はこうだっただろ!」なんていつまでたってもガキの頃のマズかった事をサカナにお酒飲んで笑える仲間。

「でもさ、最近、焼酎より大吟醸がうまいんだよ!」と少し緩くなったプチメタポのお腹を気にしているSONOちゃん。

「選挙が始まれが痩せるから問題無いよ」とEDAさん。

「今日初めて39が出てさ、40と39では世界が違うよな!」と盛り上がるGOLF帰りのSIRAKOくん。

「ウチの犬は最高にカワイいんだ!」と料理研究家の奥さんが韓国でハッと目が合ってしまい連れて来てしまった食用犬の自慢をするKOMATUくん。

「お前らもロタ島に行こうぜ!」とトライアスロン仲間でチャーター機を飛ばして行く合宿に誘うINOUEくん。

みんな輝いている。

「10代も20代も30代も楽しかったけどさ、今本当に楽しいよな!」といいながらほんとに笑っている。

楽しかった。
明日からまたがんばろう。


design | 2008.05.21 | PermaLink

5月9日

さわやかな五月晴れが気持ちいいですね。ご無沙汰してますが、皆様お元気でしょうか。


GWはいかがお過ごしでしたか? 私は十数年ぶりくらいに風邪を引き、4連休ほぼ休眠しておりました。

しかし久々の体調不良はなんとも心地よかったです。

発熱にしても、喉の痛みにしても、下痢も、節々の痛みも、だるさ、そして発想や会話のリアクション迄病床時には通常と比べてこうも変わるものなのかという想いも、とても新鮮でよかったです。いいGWでした。

風邪を引いて何が一番気持ちが良かったかと言うと、症状のピーク時に風邪薬(私は市販薬のパブロンゴールド愛用です)を飲んだ時。気管の奥からスワ〜っと炎症が抑えられるのでしょうか、瞬時に物凄く呼吸が楽になるあの瞬間!

私は普段まったくといっていい程、薬というモノを口にしませんから薬の「耐性」というものが出来ておらず、よってたまに飲む「薬」はどれも劇的に効きます。
そうです。最初は効いた薬なのに飲み続けていくと効かなく感じるのは体に「耐性」が出来上がるからです。

大学を卒業してこの世界へ入り、いろいろ勉強していく中で「薬はいらない」と言う考えに至り、二十年近く前に一切の薬離れをしましたが、正直今は、ウィルスと戦い瀕死の状態にある体を、お薬が劇的にHELPしてくれるあの快感にぞっこんでありまして、あの一瞬を得たいが為にギリギリまで薬のお世話にはならないのかもしれません。

そうです。私は快楽フェチなのです。気持ちいい事大大大好き!人間です。

仕事でも「快楽の法則」なる普遍性を見出して、その理論に則りながら体というモノに、いや人間に対峙しております。

この「快楽の法則」とは、『人間は辛いことや悲しい事には身を硬くして耐えて行く事が出来るが、気持ちのいい事には抗えない』というものでして、気持ちのいい事を自己実現のキーワードとしていけばわりとすんなりと生きて行ける訳です。

この「快楽」には「負の快楽」と「正の快楽」の2種類ありまして、「負の快楽」とは麻薬やお酒に溺れたり、夜更かしや自己破壊に伴う陶酔感など、行き着く先が自己破壊の方向へと向かっているから「負の快楽」と呼び、私的にはまったくこのたぐいの快楽には興味がありません。

私を放さぬもう一つの「正の快楽」とは、平たく言うと「いい仕事をした後のビールは美味しい」に始まり、朝超元気に目が覚めた、どんなにストレスフルな状況でも笑顔で切り返せる快感!とか、少し高い目標を達成したときの喜びとか、向かう先が自己実現であり、そこに伴う快感を「正の快楽」と呼んでおります。

誰でも心から人にやさしく出来た時の自分が嫌いな人はいません。「正の快楽」とは究極の自己愛なのかもしれませんね。
しかし一度そういうサイクルが始まりだすと、何でもそうですがエスカレートしていきます。嫌いな自分、情けのない自分でいる時間をもったいないと思うようになって来ます。そうなったらしめたモノ!
しかめっ面でいるより笑顔でいた方が楽しい訳ですよ、誰でも。

生活全般が変わります。食事も、行動も、身の回りの環境も、友達も、趣味も、全部が。少しでも長く、多くの快楽に浸っていたいが為に。

私は骨格矯正家です。力学的に骨格の歪みを正して健康にする手技療法という代替医療に従事していて、今までに延べ6万人の患者さんの体を矯正して来ました。その中で、「食事の大切さ」、「呼吸の大切さ」、「運動の大切さ」、「想念の大切さ」、「自らを取り巻く環境の大切さ」などを痛感して、それらを統合した
『自然手技療法』というものを作り上げました。すべて「健康」を求め続けた結果そうなったのです。

曲がっている体が真っすぐになると「キモチがイイ」。
自分の体質にあった食事に変えて内臓疲労が無くなると「キモチがイイ」。
深い呼吸が出来ている時は「キモチがイイ」。
自信に満ちた言動は「キモチがイイ」。
テキパキと行動するのは「キモチがイイ」。
気の合う仲間といるのも、おしゃれをするのも、
イヤシロチにいるのも「キモチがイイ」。

体が本当に整った状態というのは、一息〜が「キモチがイイ」のです。
一瞬〜が「キモチがイイ」。

だから続けられるし、一度そのような「キモチがイイ」状態をしってしまうと
「キモチがワルイ」状態は耐えられなくなってくるのです。

これが快楽の法則。

「キモチがイイ」為なら何でもします…たとえ禁酒でも…

そうです。「キモチがイイ」ためなら薬なんて….。


design | 2008.05.09 | PermaLink
1
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ