Blog of Integrated Naturopathy

『Taiking Twin Babies 』爆笑!

 『Taiking Twin Babies 』よかったら見てください!笑えます。

 

ちゃんと会話が成り立っているんですよ(笑)

 

 

http://www.youtube.com/watch?v=_JmA2ClUvUY

 

 

 

 

 


| 2011.12.30 | PermaLink

今年も残るところ3日

 早いもので、今年も残り3営業日となりました。

 

 

しかしまったくと言っていい程、暮感がありません。

 

 

クライアントの皆様と、暮れのご挨拶を交わしながら、やはり季節感のある言葉は良いなと、思いますし、松飾りがお花屋さんに並ぶのを見て新年がやってくるのかと思うのですが、なんと言うか気持ちが暮れではないんですね。

 

 

 

予約は、まだ3日とも空きがちらほらございます。

 

 

 

年内のお疲れは年内にリセットしてくださいね。

 

 

 

 



| 2011.12.28 | PermaLink

胎児は見ている、聞いている!

 『胎児は見ている、聞いている!』 すごくないですか! 

 

 

 

専門的に言うと、

 

 
 
「胎児の時には無様式で全知覚が存在する」となります。
 
  
ご興味のある方はご覧ください!
 
http://school.aromartica.com/c4_5.htm
 
 
 
 
 

 



| 2011.12.27 | PermaLink

言葉の病気

 『伝える本』山本高史著 を読みました。

 

以前、氏がJ-waveに出演されていて、「言葉」に関するとてもおもしろいコメントを聞いて、amazonで即買いした一冊です。

 

彼は確かに「言葉のプロ」ではある様ですが、「文章」はなんと形容したらいいのでしょうか、読むのに苦痛を伴ったのは僕だけではないハズです。(失礼)

 

でも面白いことが書いてあったので紹介します。

 

 

「ぱねーっしょ」

 

 

意味わかる人いますか?

 

以下、抜粋しますね。

 

『10代の男の子に「ぱねーっしょ」と同意を求められても、オジさんは何がなんだかわからない。

誰かに「半端じゃないくらいすごいでしょ」という日本語に翻訳してもらわなければ、会話にもならない。「半端じゃないくらい」と言う最近の日本語を知らなければ話にもならない。』

 

 

確かにわからないですねw

 

 

『若い女の子に「あなる」と言われても、赤面しても、はしたないと怒ってもならない。彼女は「あ〜なるほどね」と言っているに過ぎない。

「カラアゲ」は「空元気でアゲアゲ」だ。「らいがん」は「来世頑張る」だ。』

 

『「KY」ならしっているよ!空気よ読めないだろ?と胸を張るオジさんはすでにKYだ。FKはファンデーション濃いめ、BPBはブラとパンツ、バラバラだそうだ。オジさんには要の無い言葉だが、オジさんがよく使うEDは「ええ度胸してる」だそうだ。』

 

AKY(あえて空気読まない)くらいならサラリーマンライフにも出番はありそうだが、わかったつもりで得意気に使っていると、KY4(空気読めない、心読めない、漢字読めない、顔キモイ)と笑われる。』

 

 

すごいですね! ぜんぜんわかりません。しかし、わからないのは何も若者の言葉だけではなく、実はオヤジ達が日常で使っている常用語も若者言葉にまったく引けを取らないレベルで「わからない言葉」のオンパレードです。

 

 

『問題があればそれを把握し、出来るだけ早急に解決策を打ち出すべく前向きに検討を開始いたします』……….はたしてこの人は、急いでいるのか急いでいないのか急ぐ気があるのか、やるのかやらないのかまったくわからない。

 

『「テロ特殊法とは、実は平成十三年九月十一日のアメリカ合衆国おいて発生したテロリストによる攻撃等に対応して行われる国際連合憲章の目的達成の為の諸外国の活動に対して我が国が実施する処置及び関連する国際連行決議等に基づく人道的借置に関する特別借置法の略らしい。」官僚の皆さんは難しいことを平易な文章にして伝えるという事だけは一流大学で学ばなかったのだろうか?

彼等は「等」「原則として」などの言葉を多用し、結局「例外」も許容させるのが「霞ヶ関文学」の基本らしい。さらに「加えて」が何に加えるのか?「考え得る」は何を考え得ると考えているのかを曖昧にする事で文章の解釈の可能性を増やす、つまり解釈を許さないようになっているのだ。』

 

 

たしかにそうなんですよ! ビジネスワードとビジネス文法っていうのがありますね。「弊社としては〜、と言う状況です。」「なるほど。よくわかりました。」って、ほんとかよっ!と思ってしまうアレです。

 

打ち合わせなどしている時、あまり乗る気でなかったり、自分の中で意思決定が出来ていなかったりする時には、やたらとオヤジワードを多用して話しているとお互いにそれらしい雰囲気が出来上がり、それっぽく時が流れていくと言う、例えて言うと「言葉の制服」ですね。

 

オヤジ語より若者語の方がダイレクトな分、わかりやすい。

 

ママ語、おばさん語にしても、著者の言うように、皆「言葉の病気」に掛かっているのかもしれない、と思ったのでした。

 

 

 

 


 


| 2011.12.25 | PermaLink

TAXI {HELP}表示、知っていましたか?

 昨日というか今朝方、友人を送ってく時、246の池尻交差点を、彼女の住まいの方へ左折したところ、いきなり警察の検問がありました。

 

質問されて、「どうしたのですか?」と聞いたところ、「この先でタクシー強盗がありまして取り締まりをしております。」とのことでした。。。

 

暮れはなにかと物騒です。

 

すると彼女、「ねぇ知っている?タクシーって乗客とヤバくなると空車とか送迎とか出ているメーターに、ボタン一つで『HELP』って表示するようになっているのよ。私、以前そんなタクシー見つけて警察に連絡したら小一時間あーだこーだ質問されて仕事遅れちゃったことあるの。」

 

知りませんでしたw

 

よし、今度から、タクシーを見たら「HELP」を探してみよう!

 

って、いたら、どうするん?

 

ん〜、やはり警察に連絡入れるね。

 

 

 

 



| 2011.12.22 | PermaLink

おっと、そうだったんですね!

先日、めでたく妊娠が発覚したTさん。 本当にお目出度うございます。

 

本日連絡があり、検査結果、実は双子だったと。。

 

 

端から見れば、幸せも二倍で、結構なことじゃないですか〜って思いますが、

 

いやいや、ご本人にしてみればたいへんなことだと思いますよ。

 

喜びだけではなくて、いきなり全部が二倍になってしまうのですから。。。

 

ミルク代も二倍。  おむつも2倍。  離乳食も、洋服代も、少ししたら入学金もぜーんぶ二倍。

 

人生設計、変わってしまいますよね。 

 

それぞれのご家庭で、千差万別でしょうが、こんな時はなんと言う言葉を選べば適切なんでしょうか...。

 

とか、悩んでしまいます。

 

しかし、全部を含めて、とりあえず、お目出度うございます!

 

だね。

 

 

 



| 2011.12.21 | PermaLink

今夜の表参道

 

 

 

っていうか、結局毎日飲んでんじゃんw (ノ^∇^)ノ

 

 

 

 

 



| 2011.12.16 | PermaLink

イルミネーション

 

 

 

表参道のイルミネーション

 

 

街はクリスマス一色

 

 

 

 

 



| 2011.12.15 | PermaLink

なおくん。   〜産後の骨盤矯正〜

 

 

いつも最高の笑顔を見せてくれる、なおくん

 

 

超〜カワイイ

 

 

お母さんの矯正中は、うつ伏せになって飛行機のポーズ

 

 

S字湾曲がしっかりとついて、強い背骨が出来るポーズ

 

 

施術中に目が合うとニコッと笑ってくれる

 

 

いつもありがとうね。

 

癒されるな〜

 

 

 

 


 


| 2011.12.09 | PermaLink

粉ミルクからセシウム

「漏れていない」 〜 「ただちに問題はない」 〜 「水素爆発なので放射性物質は拡散していない」 〜 「漏れだした可能性」 〜 「臨界はしていない」 〜 「臨界」〜 「メルトダウン」 〜 「メルトスルー」・・・。

 

 

この9ヶ月での政府発表の変化。

 

 

そして、牛、野菜、魚介に始まり加工食品、ついにはミルクまで。

 

 

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/12/06/kiji/K20111206002186670.html

 

 

 

なんというか....

 

 

予測〜回避する事は充分可能なはずなのに。

 

 

日本の加工食品は世界中に輸出していいるのだから、世界中から輸入禁止処置などの外圧を受けないと、自力では何も変わる事が出来そうもない。

 

 

友人の歯科医がこんな記事をアップしていた。

 

http://wpb.shueisha.co.jp/2011/12/06/8448/

 

 

これは「子供達の未来のために」。実にわかりやすい。

 

http://www.nakayama-lab.com/essay/atm.html

 

 

原発事故だけは本当に余計だ。

 

 

面倒くさいからどうでもいいと言うのではなく、多くの情報を吟味して一人一人が生き方を決めていく時代だと思うな。

 

 

もちろんどうでもいいと言うのも一つの生き方だけどね。

 

 

 

 



| 2011.12.07 | PermaLink
1  2   
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ