Blog of Integrated Naturopathy

マタニティ関連、もろもろ・・・

産後の骨盤矯正だったり、不妊矯正や、もちろん産中の矯正とか、

 

 

 

マタニティ関連のクライアントさん達に接していて感じる事、諸々、ね。

 

 

 

まず少子化の問題を叫ぶ前に政府はきちんとしたマタニティインフラを整えるべきですね。

 

 

 

マル高が30歳から現在の35歳に引き上げられたのは、

 

 

 

戦後、日本人の平均寿命が30年伸びたと言う生物学的理由によるものではなくて、

 

 

 

あくまでも女性の社会進出に伴う晩婚化による社会学的理由によるもので、

 

 

 

生殖可能年齢は以前と変わらず30歳がギリ、35歳がMAX、らしいのですが、

 

 

 

近年は経済不安からより晩婚か〜初産年齢が高齢化し、

 

 

 

有名人の高齢出産がマスコミに取り上げられる事に錯覚を起こし、

 

 

 

そろそろ私も40だしぃ〜、って、

 

 

 

ちがうぞー!  と、 多くの産婦人科の先生方は声高に叫ばれておりますが、

 

 

 

ビックリするけど自分がその年齢になり出産に直面するまで知らない人が多すぎる。

 

 

 

きちんとした教育がまるでなされていない。

 

 

 

この情報化社会、自分で検索すれば?  ってことなのでしょうか。

 

 

 

それも確かに一理ありますが、学校教育の一環で教えるべきでしょう、きちんと。

 

 

 

その後、めでたく出産し、お母さんが復職する場合、

 

 

 

ここ世田谷では保育園がまったく足りない!

 

 

 

しかも高い!!!

 

 

 

これじゃぁ復職しても保育費払うために働いているみたい。

 

 

 

豊かになれないよ。

 

 

 

羊水検査にもビックリ!  

 

 

 

高過ぎでしょう。

 

 

 

ただとは言わないですけど、千円以下で行なえる様にすれば??

 

 

 

 

育児中の女性って本当に大変で、骨盤が緩んで、超不安定なカラダで、

 

 

 

日々大きくなる赤ちゃんをだっこしてお買い物したり、

 

 

 

赤ちゃんを預けないと行けないところたくさんあるし、

 

 

 

両親、とくに母親の実家が近いか遠いか、

 

 

 

男の子か女の子か、ご主人が子育てに積極的か否か等で衰弱度が変わっては来るけど、

 

 

 

普通に考えると出来る事じゃない。

 

 

 

すべては母性と言う神性に近い本能のなせる技でしょうね。

 

 

 

いつも敬服しています。

 

 

 

しかしその神の様なお母さんも、くたびれて、自分の元気が底をついた瞬間に、

 

 

 

目の中に入れてもいたくない我が子が「うるさいーーー!」って

 

 

 

なってしまうんですね。

 

 

 

育児中のお母さん、元気でいてください。

 

 

 

赤ちゃんにとってお母さんは100%の存在です。

 

 

 

元気溌剌としていたら、しっかりと赤ちゃんと向き合ってあげられるでしょ。

 

 

 

3歳児までに構築される情緒面を子供は一生涯引きずって生きていきます。

 

 

 

 まだ産後の骨盤矯正を受けた事の無い方、

 

 

 

ぜひ一度受けてみてください。

 

 

 

立った瞬間に今までとはカラダの整合性が明らかに変化している事が実感出来ますから。

 

 

 

目だってはっきり見える様になる! 視野が広がるんです。

 

 

 

(お尻も小さくなりますよ!・笑 )

 

 

超乱筆乱文にて失礼。

 

 

 

 


| 2012.08.31 | PermaLink

鉄欠乏、冷え冷え、って、ちょっと!

 先日、臨月期で腰痛の施術にいらしたクライアントさん。

 

 

腰痛は産前から抱えていたヘルニア部位が問題でしょう、

 

 

それに骨盤の捻れがちょっとあって、

 

 

逆子は大丈夫ですか?

 

 

「逆子なんです!」

 

 

って、まぁそれなりに、初めてのカラダだし、臨月期だし、

 

 

軽く痛みの軽減をおこないまして、

 

 

ここまではいいんですが....

 

 

あなた、かなり鉄が足りていないんじゃないですか?

 

 

「えっ!(絶句) 私昔から貧血体質で.....」

 

 

貧血体質で、ってちょっと!  この時期に及んで....

 

 

それにカラダ冷え過ぎ!

 

 

暑くて食欲無いからって毎日アイスばっかり食べていては....

 

 

カルテ書いている時くらいマックシェイク置いたらどうです.....?

 

 

ん〜.......

 

 

残念ながら何も指導出来なかった。

 

 

カラーコンタクト&ネイルもエクステもヘアカラーもばっちり決めているし、

 

 

舌とか、いろいろピアスだらけでオンリービューティーだね〜、

 

 

しかしヘルスって考えた事あるの?って感じの子だったけど、

 

 

でも言うべき事はきちんと伝えておくべきだったかな、と

 

 

聞く耳持たないだろうって判断したのは自分の我であって、

 

 

自分が作り上げたフィルターを通してクライアントを判断している自分が、

 

 

だめだな。

 

 

これは二流の人間のやる事だな。

 

 

反省。

 

 

申し訳ありませんでした!

 

 

 

 

 


| 2012.08.30 | PermaLink

ポッコリお腹と産後の骨盤矯正

産後矯正は、出産時に恥骨や腰に生じた痛み、

 

 

失禁などの問題を抱える方や、

 

 

特に痛みや違和感はないが、将来的な体調管理のためにいらっしゃる方、

 

 

これを機にサイズダウンや、審美矯正を行なおう!と来院する方、

 

 

概ねこのような動機での来院に分かれるのですが、

 

 

 昨日、産後の骨盤矯正を受けにきたクライアントAさんは、

 

 

ほかの整体で産後矯正を受けていたんだけど、

 

 

ポッコリお腹がなおらないので.....

 

 

と、ネット検索での来院でした。

 

 

触診すると、ん?これ、本当に骨盤矯正受けていたの???

 

 

全然m整っていないじゃんw → コツバンちゃん( ̄▽ ̄;)!!

(施術後、立った時に足から腰の安定感に本人ビックリ!していましたけど。。)

 

 

Aさんのポッコリお腹はね、産後と言うより、内臓下垂が問題なんですよ。

 

 

プラス産後にお腹の皮が少し伸びちゃっているから余計気になるんだね。

 

 

本人曰く「産前からポッコリお腹でした。でも、もっと気になっちゃって。。」

 

 

ほらね〜。 

 

 

 

不妊矯正にいらしている、やはり内臓下垂でポッコリお腹のBさん、

 

 

普段「あーお腹いっぱい!」と押さえる位置がベルトの下だったんだけど、

 

 

一回目の矯正が終わった次の日、押さえる位置がベルトの上でした!

 

 

と驚きのメールを頂きましたが、

 

 

これは自然手技療法の秘奥儀「内臓マニピュレーション」が効いたんですね〜。

 

 

このテクニック、すごいんですよ!

 

 

個別の肝臓操法やら膵臓操法などもモチロンある。

 

 

そすて、このようなポッコリお腹を矯正する全下垂対応テクニックもございます(^^)

 

 

 

Aさんも、きっと良くなるはず。

 

 

インナーマッスルトレーニングの指導も入れたしね。

 

 

呼吸法も出来ればベストなんだけど、今度教えてあげよぅ。。

 

 

 

 


| 2012.08.15 | PermaLink

母乳の出具合と骨格の関係

 先日の「母乳が出ない」ブログで書いたクライアントaさん、

 

 

 

無事出産されたとのご報告〜♫

 

 

 

おめでとうございます〜♫〜♫

 

 

 

心よりご祝福させていただきます。

 

 

 

で、肝心の母乳の方は,,,,,

 

 

 

なんと、出ているそうです!!!

 

 

 

たっぷり、という訳にはいかないらしいですが、なんとか。。。

 

 

 

◎◎乳房マッサージにも通われているそう。

 

 

 

とりあえず一安心ですね。

 

 

 

明日、産後矯正にいらっしゃいます。

 

 

 

自然手技療法的に骨格矯正を行う事で、その日からかなり母乳の出具合に変化が出る、

 

 

 

と思うんですね。

 

 

 

大胸筋や乳房のマッサージが基本ですが、

 

 

 

やはり骨盤と母乳の関係、

 

 

 

胸郭と母乳の関係、

 

 

 

とくに胸椎と母乳との関係は実に深いものがありますから。

 

 

 

手技療法ってすごいですyo、まじ。。

 

 

 

 

 


| 2012.08.08 | PermaLink

妊婦の腸内細菌層に関するけんきゅう。

西沢邦浩さんのコラムからです。これはすごい! 

 

 

非常に珍しい、妊婦の腸内菌層に関する研究。
「Cell」より。

 


91人の妊婦で、妊娠初期と第3期の腸内菌叢を調べた。


初期は普通の菌叢なのに、3期には病気発症や炎症、脂肪蓄積に関わる菌が増える。


でも食事内容とは無関係。おそらく免疫系やホルモン系が関与しているのでは。



でもって、無菌マウスに妊娠初期の菌と3期の菌を移植すると(すごいことするなあ!)、

 

3期の菌では、マウスは太って、炎症指標もインスリン抵抗性も上昇。

 


この現象が妊娠期以外の女性の腸内で起きたらⅡ型糖尿病などのリスク要因になるだろうに、

 

おそらく妊娠期では、特異的に、腸内菌叢を介して脂肪細胞にエネルギーを溜めこむ体にして、

胎児を育てやすい母体環境を作っている模様。



でも微妙にどっかをかけ違えると、妊娠糖尿病とかになるのかもしれない。


妊婦さんの体ってすごい。

 

 

 

 


| 2012.08.05 | PermaLink

無事出産!おめでとうございます♫

 4つ前のブログ「臨月での最大開口位」で書かせていただいたクライアントさん、

 

 

その後、無事に陣痛が訪れ、帝王切開にならずに、無事出産されたとの事。

 

 

おめでとーーございます!

 

 

手応えのあった施術だけにこれはとてもウレシいですね。

 

 

どんな赤ちゃんが来てくれたのか、産後の矯正でのご対面が楽しみだな〜(^o^)/~

 

 

 

 

 

 


| 2012.08.03 | PermaLink

祝・コウノトリ報告〜♬

 いやー、オメデトウございます!

 

 

クライアントAさん

 

 

タイミング5回終えたところで、産後矯正を受けている会社同僚のクライアントさんの紹介で来院。

 

 

もう少しタイミングを続けるのだが、合わせて骨盤内環境を整えたいと。。。

 

 

新婚とはいえ、現在40歳と言う年齢を考えると一日も早い採卵は必要かと.....

 

 

まずは全身の骨格のリセットワーク、プラス、徹底した食事の改善&サプリメントで血液改善〜♬

 

 

体調がすこぶる良くなってきたのは、肌の状態の変化から読み取れます。

 

 

その後、8回目のタイミングを終えて、顕微ですかね〜、って言っているさなかに、

 

 

まさかのご懐妊!〜♬

 

 

めでたし、めでたし!

 

 

 

でも、腰が痛かったり、膝が曲がらない、などと異なり、妊娠だけは何とも予想がつきません。。。

 

 

産科での不妊治療ってSFの世界っぽいけど、それでもうまく行かないものはいかないし...。

 

 

10年もすれば自然科学でもっと生命がコントロールされていくだろうけど、

 

 

いいのか悪いのかは別としてね。

 

 

しかし、どんなに科学が発達しようが、畑の土をビロードの様に耕すように、

 

 

細胞レベルから元気溌剌とした健康状態に導いた結果として妊娠しよう!

 

 

という自然手技療法の理念って、こんな時代だからこそ、ますます必要だろう、

 

 

って、僕は思うんだけどな。

 

 

おっと、横道にそれてしまいましたが、

 

 

おめでとうございます!〜♬

 

 

 

 

 


| 2012.08.03 | PermaLink

乳がんと乳幼児のアレルギー

 乳ガンの低年齢化が猛スピードで進んでいる、らしいですね。

 

 

怖い事です。

 

 

しかし、乳ガンと食べ物の関係性は、膨大なデーターからすでに明らかになっています。

 

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120707-00000000-sasahi-ent

 

 

食事カウンセリングしていると、この小麦イーター娘、実に多いんですよ!

 

 

「あなたは、小麦とお菓子で生活しているのですか?」って言いたいくらい(^^;;;

  

 

乳製品をとらないとカルシウムが取れない! なんていう誤認識を未だに持っている人も多い。

 

 

 

 

『4悪!』と呼ばれる食品があります。

 

 

・小麦、・乳製品、・卵、・お砂糖

 

 

です。

 

 

乳幼児がアレルギー発症するのも、その多くの場合が、母親の4悪の過剰摂取が原因です。

 

 

よって、ある期間、母親が一切の4悪を身体から抜くと赤ちゃんのアレルギーは改善傾向に向かいます。

 

 

そこに「口呼吸」が加われば決定打でしょうね。(多いんですよ!口呼吸とアレルギーの関係)

 

 

しかしアレルギーは一度発症すると厄介ですよ〜。

 

 

転ばぬ先の杖。

 

 

この情報化社会、知らないは通りません。

 

 

しかし、知っても「出来ない」が多いんですね〜。

 

 

そんなあなた!  ご相談くださいね。

 

 

 

 


| 2012.08.02 | PermaLink
1
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ