Blog of Integrated Naturopathy

骨盤矯正・before~after その5

 

骨盤の歪みより引き起こされる諸問題、 

 

 

 

 

 

生理痛、生理不順、不妊、PMS、婦人科系疾患、

 

 

 

 

足の冷え、むくみ、O脚/X脚、姿勢の乱れ、

 

 

 

 

臀部の張り出し、腰痛、肩こり、顎関節症、

 

 

 

 

倦怠感、イライラ、情緒不安定、自律神経失調、

 

 

 

 

& more 〜!

 

 

 

 

骨盤の歪みは実に様々な不調を引き起こすと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

before

 

 

 

ほぼ全員が骨盤の歪みを抱えながら、無自覚で過ごしています。

 

 

 

 

しかし、しっかりと歪んでいるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

after

 

 

手技療法により骨盤の矯正を行なうと、

 

 

 

 

 

左右対称となり、より中心に、より上方に、

 

 

 

 

整ってくるのがお分かりでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

分かりやすく2枚並べてみてみましょう。

 

 

           before                                                                          after

 

いかがでしょうか?

 

 

 

 

左の写真では、左側のお尻がより下がり、

 

 

左側のお尻がもりもり上がっているのが分かりますか?

 

 

 

 

それに比べて右側の写真では、

 

 

全体的にお尻が小さく、中心にきゅっとまとまっていませんか?

 

 

 

 

 

お尻ばかりではなくて立った時、

 

 

 

両膝、太もも、すねの間の隙間が無くなり、

 

 

2本の脚がストレートになっています。

 

 

 

 

2本の脚=土台、がストレートに上部にある構造物=骨盤

 

 

 

 

を支えている事が力学的に理想です。

 

 

 

 

見た目だけではなくて、骨盤矯正は根本から生理作用を

 

 

 

 

整えて行く効果があるのですyo~(^_^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2012.10.22 | PermaLink

骨盤矯正・before~after その4

晩婚化に伴い普通に妊娠する事が、

 

 

 

少し難しくなって来たのかな、と

 

 

 

いう風潮が、近頃ではたしかにありますね

 

 

 

 

 

また、親の世代では信じられない事かもしれませんが、

 

 

 

子育てしていて、腱鞘炎や膝関節、腰の痛みで

 

 

赤ちゃんを抱っこ出来なかったり、

 

 

授乳していて首が固まってヤバかったり(汗:::)

 

 

いろいろあります(^_^)v

 

 

しかし、大丈夫♬

 

 

 

 

身体にとって中心となる場所、それは骨盤。

 

 

産後は約6ヶ月ほど不安定な状態です。

 

 

だからこそこの時期は、善くも悪くもるのですw

 

 

 

 

 

 

 

ご覧ください。

 

before

 

左のお尻が下がり、骨盤下部が拡がっていますね。

 

わかりますか?

 

 

 

 

 

こちらもご覧ください。

 

 

どうでしょう?

 

左のお尻がリフトされて、全体的に中心に、

 

 

小さくまとまり、

 

 

キュッと締まった感じがしませんか?

 

 

 

 

 

 

そうなんですよ!

 

 

立った瞬間に、ご本人がビックリするほど

 

 

この方は骨盤がキュッと、締まったんですね。

 

 

 

 

 

 

分かりやすく、横並びにしてみましょう〜♬

 

            before                    after               

 

 

 

 

横並びにするとはっきりと分かるでしょ〜♬

 

 

 

「構造は機能を支配する」

 

ルーズになった骨盤は、深部体温=お腹の中の温度

 

が低くなります。

 

これはよろしくないので、お知り回りに断熱材を

 

付けて防御しようと身体は判断します。

 

 

これって、わかりますか?

 

断熱材=脂肪なんです。

 

 

 

腰回りに脂肪がつく=オバさん体系ですね〜 (^^;;;;;

 

 

 

きちんと骨盤を締めて行くと深部体温が上昇します。

 

すると余分なモノは捨て去られると言う

 

身体の法則に従い

 

腰回りの脂肪は除去されて行きます。

 

 

 

結果、スッキリとした腰回り〜♬

 

イコール、諸々の身体機能もアップします!

 

 

そうです!

 

構造は機能を支配するのです。。

 

 

 

What do you think about this way?  


| 2012.10.18 | PermaLink

骨盤矯正・before~after その3

 骨盤矯正をするとズボンが緩くなる.......

 

 

 

 

やはり個人差がありますが

 

 

 

初めての矯正で4cm以上お尻やウエストが

 

 

 

小さくなる方はかなりいます。

 

 

 

この写真はお尻全体が小さくまとまっている事が

 

 

 

よくわかるので紹介します。

 

 

 

 

 

 

施術前の写真です。

 

 

左の骨盤が開き、反対に右側の骨盤は前に巻き込みながら下垂しています。

 

 

 

 

 

 

 

これが術後の写真です。

 

 

左右均等に近づき、中心にリフトしているのがわかりますか?

 

 

そして術前の写真と比べると

 

 

明らかにズボンがブカブカになっていますね。

 

 

 

 

 

 

 

分かりやすく2枚横に並べてみます。

 

                                            before                                                                     sfter

 

 

横に並べて比較考察するとはっきりと分かります。

 

 

 

これは骨盤部のみではなく、太もも周りのお肉もかなり締まっています。

 

 

 

中心である骨盤帯がこのように整う訳ですから、

 

 

立った時には背筋がスッと天に向かって伸び、

 

 

呼吸が深くなり、

 

 

それに伴い表情も明るく、見るからに健康的に変化します。

 

 

 

 

どうですか!

 

 

いいでしょ!ヽ(^▽^@)ノ

 

 

 

 

 

 


| 2012.10.16 | PermaLink

骨盤矯正・before~after その2

 

 

かなりご好評をいただいたビフォー&アフター♫

 

 

 

シリーズ化決定です!

 

 

 

 

 

 

この方の骨盤をご覧ください。 

 

 

 

 

右側の骨盤がずり落ちて、全体的に広がっているのがわかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

矯正をしてみました。

 

 

 

いかがですか。

 

 

左右差が整って、全体的に中央に寄って来た感じがわかりますか?

 

 

 

 

 

 

2枚並べて比べてみましょう。

 

                  before                            after

 

 

横に並べて見ると、はっきりと違いがわかりますね。

 

 

骨盤がキュッと、生きが良くなった感じがあります。

 

 

 

写真ではわかりませんが、この状態では、お尻、股関節回り、

 

 

そしてウエストにかけてズボンが緩くなっているんです。

 

 

 

オモシロい事に、変わったのは骨盤だけではなく、

 

 

顔色から噛み合わせ、視界がクリアーになり、

 

 

肩こりや、もちろん腰痛まで変化しているんです。

 

 

 

 

いいでしょ!ヽ(^▽^@)ノ〜♫

 

 

 

 

   

 


| 2012.10.15 | PermaLink

骨盤矯正・before~after その1

 

 

手技療法では「構造は機能を支配する」という金言があります。

 

 

 

わかりやすく言うと、ホースが捻れると水の出が悪くなる、

 

 

などに例えられます。

 

 

 

身体も然りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この方の骨盤、身体の真ん中に線を引いて左右対称を

 

比べてみるとかなり差がある事がわかりますね。

 

明らかに左側の丸みが無く骨盤が捻れている事がわかります。

 

 

 

 

じっと見てください。

 

 

 

骨盤の中に入っている子宮、卵巣、膀胱などは、 

 

入れ物である骨盤が歪む事により

 

血流やリンパの流れ、神経伝達やホルモンバランスが

  

影響を受けていない、とは思えませんね?

  

これでは本来の働きが出来ずに、機能低下を起こして当然ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが骨盤矯正をした後の写真です。

 

 

 

完全ではありませんが、術前と比べると明らかに

 

 

左右差が無くなってきています。

 

 

入れ物が整えば骨盤内臓器のスペースに余裕ができ、

 

 

神経伝達や体液の循環が正常化するに伴い、

 

 

機能は活発になってきます。

 

 

 

私達はこれらの働きを「骨盤内環境を整える」と表現しています。

 

 

 

 

 

 

わかりやすく2枚並べて比べてみましょう。

 

 

 

 

 

            before                                                                            after 

 

 

女性の体は善くも悪くも骨盤次第です。

 

 

一生という長い人生の中で、

 

 

ここだけは必ず骨盤矯正をした方がいい、

 

 

という時が3回あります。

 

 

それは初潮時、産後、そして更年期の時です。

 

 

これらはいずれも骨盤が開く時です。

 

 

骨盤は開閉という運動を行なっている関節です。

 

 

この時にしっかりと骨盤矯正を行う事により、

 

 

恙なく、健やかに過ごすことが出来ると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2012.10.15 | PermaLink

アメリカインディアンの教え

 子どもたちはこうして生き方を学びます。

 

 

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる

 

 

とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる

 

 

不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる

 

 

「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちにな

 

 

子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる

 

 

親が他人をうらやんでばかりいると、子どもも人をうらむようになる

 

 

叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

 

 

励ましてあげれば、子どもは、自信をもつようになる

 

 

広い心で接すれば、キレる子にはならない

 

 

誉めてあげれば、子どもは明るい子に育つ

 

 

愛してあげれば、子どもは人を愛することを学ぶ

 

 

認めてあげれば、子どもは自分が好きになる

 

 

見つめてあげれば、子どもは頑張り屋になる

 

 

分かち合うことを教えれば、子どもは思いやりを学ぶ

 

 

親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る

 

 

子どもに公平であれば、子どもは、正義感の強い子に育つ

 

 

やさしく思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ

 

 

守ってあげれば、子どもは、強いに育つ

 

 

和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

 

 

 

ドロシー・ロー・ノルト/詩(ベストセラー「子どもが育つ魔法の言葉」の著者)より

 

 

 

   

 


| 2012.10.12 | PermaLink

Global standard〜母乳について

 2歳児までは母乳中心の栄養補給を行なう事が世界基準だそうです。

 

 

 

 

スポーツ選手のリハビリなど、米国とはマジに20年以上の隔たりがありますが、

 

 

 

 

日本の育児学もかなり問題あり。

 

 

 

 

「育児は学問ではなく伝送である」

 

 

 

 

と言う先生もおります。

 

 

 

 

だがしかし、60数年前に戦争で負けた我が国では、それまでの伝統があらゆる分野で

 

 

 

 

すべて途切れてしまったおり、国民としてまったく自信をなくしてしまった団塊の世代の親達

 

 

 

 

以降の文化的伝承は、育児を含め、おばあちゃんの知恵的なものまで継承されていない。

 

 

 

 

ネイティブハワイアンのナイノア・トンプソンが星を見ながら渡航する伝統移動法などを始め、

 

 

 

 

様々な分野で失われた文化を取り戻す運動が行なわれた様に、

 

 

 

 

埋没された我が国の素晴らしき伝統文化が再構築されるといいな。

 

 

 

 

手技療法や薬草学もスゴかったらしいが、産科学や育児学もすごかったのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 


| 2012.10.12 | PermaLink

Angel Come in!〜♫ 産後の骨盤矯正♡

 

 

 

おっ、お母さんと離れるのいやだね....

 

 

だいじょうぶだよ!

 

 

エンジェルちゃん、学院の卒業生のお子さんです。

 

 

すごくいい子育てされています♬

 

 

 

 

 

 

 


| 2012.10.08 | PermaLink

Angel Come in!〜♫ 産後の骨盤矯正♡

 

 

 

来てくれてありがとうね!

 

 

エンジェルちゃん、学院のお卒業生のお姉様のお子さんです♬

 

 

元気に育ってね〜♡

 

 

 

 

 

 


| 2012.10.08 | PermaLink

赤ちゃん学

『 アレルギーマーチ』と言う言葉をご存知ですか?

 

 

 

 

アトピー〜喘息〜鼻炎等、次から次へとアレルギーを引き起こして行く事をさしています。

 

 

 

 

いま離乳食の開始の時期早々が問題となっています。

 

 

 

 

なんでも生後2年までは母乳中心とした栄養を心がける事が世界基準だとか。

 

 

 

 

育児は科学ではなく伝承が大切だが、日本ではこの伝承が見事なまでに立ち消えてしまっている。

 

 

 

 

マニュアル世代のお母さん達は子供の顔色を読む洞察力が欠けている人が多いらしい。

 

 

 

 

母子健康手帳にそぐわない子もいる。

 

 

 

 

動物の見事な子育てを見習うべし。

 

 

 

 

自分の本能、直感を大切に。

 

 

 

 

 


| 2012.10.07 | PermaLink
1  2   
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ