Blog of Integrated Naturopathy

妊娠力を取り戻せ!

 FSH(卵胞刺激ホルモン)やAMH(アンチミューラリアンホルモン)を測定する、

 

 「妊娠しやすさ検査」の結果が年々低下しているそうです。

   

 

月経3日目のホルモン値が基準を満たす人は、なんと30人に1人くらい!!!!

 

 

そして卵巣年齢を知る目安となる、AMH(アンチミューラリアンホルモン)値、

 

 

なんと!なんと!!9割の方が標準よりも低いそうです!!!

 

 (妊娠しやすいカラダづくり/大宮クリニック・出居先生より)

 

 

 

 

 

これ、かなりヤバくありません?

 

 

 

 

 

先生曰く「つまり、ほとんどの不妊患者さんは、東洋医学で言うところの未病の状態、すなわち、

 

病気ではないが、妊娠力が下がっている状態だと言えるのです。」だそうですw

 

 

 

 

 

ではなぜ、こんなに実年齢以上に卵巣年齢が高い女性が多いのか?

 

 

これはやはりライフスタイル=生活習慣らしい。

 

 

食品添加物や悪い油、環境ホルモン、電磁波などの環境的因子、etc...etc...

 

 

 

 

 

 

肩が凝ったり腰が痛かったり足が冷えたり生理がちょっとキツかったり、

 

 

周りのみんながそうだから意にも介さない不定愁訴があるくらいで、見た目は元気そのもの。

 

 

しかし大量の放出され続けている活性酸素や、

 

 

大好きな甘いものが引き起こすグリケーション(生体内糖化反応)のために

 

 

微細炎症が蔓延し、知らぬ間に卵巣はひん死の状態になってしまっている。

 

 

多くの方がこんな感じらしいのです。

 

 

 

 

 

 

ちょっとまってください!!

 

 

 

 

 

この老化の三大要素である、『酸化、糖化、炎症』をリセットしながら

 

細胞レベルで元気溌剌とした健康状態を造り上げて行くのは

 

『自然手技療法』そのものじゃないですか!!

 

 

 

そうです!! 

 

『Integrated Naturopathy/自然手技療法』は現代の不妊問題に大きく貢献出来る!

 

俄然やる気が出てきました!!!

 

 

 

 

がんばるぞ!!!

 

 

 

 

 

___________________________________________________________

 

 

 

ボディーフレームという、「筋・骨格=運動器系」を整えることで、

 

神経の伝達を正常化し、血流を改善し、「食事」を見直す事で血液の質を変えて、

 

細胞レベルから元気溌剌とした健康体を目指していく『自然手技療法』

 

10月期生徒募集しています!

 

自然手技療法学院

http://school.aromartica.com/

 

 

 

 

 

 

 


| 2013.07.31 | PermaLink

現代人と妊娠

 かれこれ4ヶ月近くが経つでしょうか、不妊矯正で来院しているAさん34歳。

 

 

少しでも自分で何か出来ればと、ネット経由でいらした時はすでに顕微授精2回移植済み。

 

 

食生活はさほど悪くなかったのですが、徹底したシュガーコントロールとタンパク質関連、

 

 

微量元素関連の指導をさせて頂き、何がより必要で、何を食べないのがいいのか?

 

 

本人も納得の上、食生活の改善に取り組みました。

 

 

 

ボディフレームの歪みに関しては少し問題有りで、体幹部の筋バランスの乱れから

 

 

反り腰〜骨盤の巻き込み〜鳩尾と胸鎖乳突筋が過緊張、そして内反足。

 

 

これでは自律神経系のバランスが崩れやすく、骨盤内の血流も良いわけ無いよね、

 

 

と、こちらもご本人納得の上、しっかしとリセットワークに取り組んだ結果、

 

 

肌の色つやから立ち姿をはじめ諸々、本人自身が今までとは段違いに健康なったとの自覚大。

 

 

今度は行けるんじゃないかな?と、私も期待していたのですが、

 

 

残念ながら今回もだめだったとの連絡あり。。。

 

 

妊娠を考える上ではけっして若くはないけどまだ35歳前だし、

 

 

体調がすこぶるいい=健康になって来ているはずなのに。。

 

 

腰痛や膝関節痛などの機能障害に比べて、不妊はつくづく難しいと思う。

 

 

 

自然手技療法が考える妊娠は「畑と種」

 

 

含水量が高く、栄養分が豊富なビロードの様な土壌に種を蒔けば自然と発芽する。

 

 

畑とは女性の「骨盤内環境」。

 

 

体内で一番滞りが起きやすい下腹部の血流を良くするためボディバランスを整え、

 

 

体の歪みを是正する事で呼吸を深くして、自律神経系バランスを整え、

 

 

食事を改善していく事により血液の質を整えて、

 

 

細胞レベルから、より元気溌剌としたヘルシーな状態を構築する事で、

 

 

必ずや妊娠力はアップする。

 

 

しかし、そこにはご主人という第三者、受精卵という他要因もある。

 

 

 

そして年齢だけではなく、現代の食生活、社会構造そのものが妊娠とは適していない。

 

 

 

ややっこしいというか...........ぼやいてみても始まらないから、

 

 

 

気持ちを切り替えて、がんばりましょう!!

 

 

 

___________________________________________________________

 

ボディーフレームという、「筋・骨格=運動器系」を整えることで、

 

神経の伝達を正常化し、血流を改善し、「食事」を見直す事で血液の質を変えて、

 

細胞レベルから元気溌剌とした健康体を目指していく『自然手技療法』

 

10月期生徒募集しています!

 

自然手技療法学院

http://school.aromartica.com/

 

 

 

 

 


| 2013.07.29 | PermaLink

10月開校♬

『 手技療法 プラス 食事栄養療法=自然手技療法』

 

 

10月期クラス開校のお知らせです。

 

 

10月6日スタート! 場所:用賀校

 

・手技療法クラス: http://school.aromartica.com/seitai_class.htm

 

・食事栄養療法クラス: http://school.aromartica.com/shokuiku_class.htm

 

 

将来、「独立開業希望」の方も!

 

現職を続けながらの「週末セラピスト」を目指す方も!

 

家族の健康を担う「ホームドクター」になりたい方も!!

 

手で病気を治す技術を身につけて海外を放浪生活!なんて夢見る方も!!!

 

 

 

一度、個別説明会に来てみて下さいね♬

 

http://school.aromartica.com/form.htm

 

 

 


| 2013.07.26 | PermaLink

難しい....  力及ばず....

 不妊矯正で来院されているWさん、43歳、今回も胚移植、着床しなかったそうです。

 

 

 

すでに半年以上サポートさせて頂き、体調も当初と比べると格段に健康的になって来ていますが、

 

 

 

難しいですね...

 

 

 

なんとかお力になれればと頑張って来ましたが、

 

 

 

やはりむなしいですね。

 

 

 


| 2013.07.17 | PermaLink

えっ!という変わり様...

 不妊矯正で来院されているAさん、30代後半、人工授精4回目で目出たくご懐妊されたのですが、

 

 

 

いままでほぼ玄米菜食系の食事をされていたのに、突然、野菜なんてまったく食べたくない!

 

 

 

食べたくないどころか見たくもないって感じになっているそうです。

 

 

 

妊娠って本当に不思議ですね。。

 

 

 

で、何が食べたいか?というと、

 

 

 

まず、マックフライポテト......Aさん、今までの人生で食べた事あるのかな??

 

 

 

そしてケンタ鳥にミスドーだそうです。。。

 

 

 

なぜでしょう?って聞かれても、...........なんででしょうかね??(汗)

 

 

 

つわり期が納まるまでは身体の要求に従うしかないですね。

 

 

 

無性にジャンク系が食べたくなるって言うのはよくある事ですが、

 

 

 

ちょっと極端だったものでご紹介させて頂きましたw

 

 

 

 


| 2013.07.17 | PermaLink

暑いですね!

 梅雨明けと同時に猛暑!

 

 

 

そして熱帯夜!!

 

 

 

皆さん、体調管理は大丈夫ですか?

 

 

 

だいたい10月頃までこの暑さは続くでしょうから、ズバリ、体力勝負となります!

 

 

 

通院されている方には毎回申し上げている事ですが、自然療法的に快適に夏を乗り切る

 

 

 

ヘルスプロモーションをお教えします♬

 

 

 

1:消化器を弱らせない:その為には常温以下のモノを口にしない事。お腹が冷えれば冷える程、

 

冷たい飲み物を求めます。more&more!!

 

白湯など温かい飲み物をちびちび飲んで、「腸温」を高く保つ様に心がけましょう。

 

 

 

 

2:冷え対策:汗が乾くときの気化熱で身体は思いのほか冷えています。プラス冷房!

 

この時期は必ず湯船に入り、腰湯などしてゆっくりと冷えた身体を温めて下さい。

 

そして出る前に真水を浴びて体表温度を下げる事。

 

その事で深部体温は高く保つ事ができ、同時に暑さも和らぎます。

 

 

 

 

マタニティケア、特に産前の矯正を行なっている方は、3つのポイントを冷やしてはいけません!

 

 

 

 

それは、「お尻」、「膝関節」、「足関節」の3部位です。

 

 

 

その部位の冷えはいずれも下腹部に冷えの伝搬を起こします。

 

 

 

面倒でも今年の夏は頑張って下さいね。。

 

 

 

 

あつ、、マメにシャワーを浴びて皮膚呼吸を活性化させてあげるのも効果的です。

 

自律神経系が整うのですね。

 

 

 

 

少しの工夫で元気が保てます。

 

 

 

 

もちろん、ボディフレームのリセットワークも暑い夏を快適に乗り越えるためには超効果的です!!

 

 

元気に!健康で!楽しい夏を!!

 

 


| 2013.07.11 | PermaLink

<ビタミンCが受精卵を元気にするかも?>

(日経ヘルス元編集長、西沢邦浩さんよりコピペです)

おっ、「Nature」にビタミンCの論文なんてめずらしい、と思ったら、よりによって、話題のメチル化に関する内容。

ビタミンCが幹細胞に作用して、人工受精後の胚の活性を高める遺伝子を動かすという、マウスのES細胞を使った研究。
メチル化とビタミンCのかかわりが明らかになった。

ビタミンCは、“Tet”と呼ばれる酵素群を動かすことで、DNAの脱メチル化を進めるらしい。それに伴って、遺伝子が刺激を受け、人工受精後の胚が活性化する。
ちなみに、ほかの抗酸化成分ではこの現象は起こらないそう。

偶然見つかったビタミンCの新機能。

研究班は、ビタミンCは成人で健康な幹細胞を維持する働きもありそうだ、としている。

妊娠する可能性がある女性には愛とビタミンCをってか?
もちろん、受精後の母体でビタミンDや葉酸が欠乏していても、生まれてくる赤ちゃんにとって致命的なダメージになる。

http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature12362.html 

 

 

 


| 2013.07.04 | PermaLink

授乳中のダイエットについて

 産後の骨盤矯正には2つの側面があります。

 

 

一つは、腰や恥骨、首〜肩の痛みや骨盤帯のぐらつき、マタニティブルー、失禁等、体調管理を行なうヘルスケアとしての面。

 

 

 

もう一つはサイズダウンや体重減少などの審美的な面。

 

 

 

女性はどうしてもウェイトやサイズが気になりますね。

 

 

 

しかし自然に減って行くのは良しですが、意識的にコントロールしようと思う場合、

 

 

 

月1kgがMaxです。

 

 

 

月2kgでは減り過ぎ。栄養素欠乏になってしまいます。

 

 

 

期間は、骨盤が最終閉位をとる6ヶ月〜8ヶ月くらいに合わせて調整して行きます。

 

 

 

 

 

しかし最良のダイエットは、サイズだけダウンして体重は産前プラス2〜3kgというのがベストのダイ

エットです。

 

 

 

 

子育中、一番大切なのは体力です。

 

 

 

端から見ているとよくわかりますが、目の中に入れても痛くない程カワイい我が子が、

 

 

 

お母さんの体力が底をついた瞬間、「ウルサイーーー!!!怒となってしまいます。

 

 

 

お母さんが元気溌剌としていれば、どんなに泣いたり叫んだとしても、笑顔で最良の対処が出来ても、

 

 

 

疲労の蓄積とパラレルに子供への対応が刺々しくなって行くのは仕方の無い事です。

 

 

 

その「体力」を考えた場合、+2〜3kgという余分な体重が何より役に立ってくれるのです。

 

 

 

この2〜3kgという数字は、卒乳して食事のコントロールが可能になれば、

 

 

 

なんの問題も無くスコーンって減らす事の出来る数字です。

 

 

 

ボディフレームのリセットワーク、プラス身体の使い方、生活習慣のちょっとした工夫で

 

 

 

まずは産前に履いていたGパンが履ける様に、そして体重はプラス2〜3kg、

 

 

 

という身体を造り上げるお手伝いをさせていただきます。

 

 

 

よりパワフルに、より幸福に毎日を過ごす為に自然手技療法をご活用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2013.07.04 | PermaLink

余分なエネルギーで妊娠する

 妊娠は少し余分なエネルギーでする。

 

 

と私は思います。

 

 

というか、そう言われています。

 

 

極端な例が、極限まで自己を追い込むアスリートやバレリーナ、激務に勤しむキャリアウーマンです。

 

 

あまりにエネルギーが枯渇すると、生理不順〜生理が止まってしまいます。

 

 

これは「この身体には新しい生命を宿す力がありません」という身体知からのメッセージです。

 

 

 

一昨年の事ですが、5年間不妊治療を行なっているトライアスリートの方が不妊矯正で来院してくれました。

 

 

年に数度、大会に出ており、「ライフワーク故」日々の練習は欠かさないのだそうです。

 

 

ドクターからは運動に関して何も言われなかったそうですが、

 

 

その辺りに関する自然療法の考え方を得々とお話しして、納得していただきました。

 

 

常に運動している方が運動を減少傾向に持って行く事は、肉体のパフォーマンスが落ちる

 

 

恐怖を抱き、とてもたいへんな事なのです。

 

 

結果、軽いジョギング〜ウォーキング、軽い筋トレ程度に運動強度をかなり下げた彼女は

 

 

来院から2度目の胚移植でめでたく妊娠しました。

 

 

 

 

彼女とは反対に、まったく運動していない方は妊娠に向けて運動をすべきです。

 

 

何から始めればいいでしょうか?

 

 

とにかくよく歩く事。

 

 

そして柔軟性をアップする事とラジオ体操などバランスがとれる体操を毎日行なう事。

 

 

そのような習慣付けをしてください。

 

 

マタニティ関連の運動に関しては、期を改めてご説明しましょうね。

 

 

 


| 2013.07.03 | PermaLink

産後10日目のクライアントさん

 産後10日目のクライアントさんが来院してくれました。

 

 

授乳中に頸が痛くて....

 

 

 

 

 

弁護士事務所勤務の彼女の過労により腰痛になる、

 

 

という通院歴はかれこれ5年以上になるでしょうか。

 

 

そろそろ赤ちゃんを.....

 

 

と、思った矢先の、しかも自然妊娠でした。

 

 

ヘルニア歴のある彼女、妊娠中に腰痛が再発しない事を祈っておりましたが、

 

 

見事になんの問題も起きずに、健康そのものの10ヶ月間を過ごし、

 

 

予定日1週間前の来院時に「少し遅れるかもしれない」と言っていましたが、

 

 

無事2日前に、超安産で出産!

 

 

産後の回復も著しく良好です。

 

 

妊娠〜出産は年齢が大きなキーワードとなり、最も適齢期と言われている24歳前後であれば

 

 

放っておいてもほぼこんな感じの流れをたどりますが、高齢出産で目の前に40歳が迫る

 

 

時期でのこのような経緯は素晴らしいのです。

 

 

元々彼女は家庭菜園で育てた取り立ての野菜を食べるのが趣味だとか、

 

 

健康に関する意識がとても高い女性でしたので、

 

 

個体(母体)としての生命力と言いますか、

 

 

同年代の女性に比べてエネルギーが非常に高かったのだと思います。

 

 

自然療法が考える妊娠とは「畑と種」。

 

 

畑は女性の骨盤内環境、種は男性の精子。

 

 

水分、栄養分をたっぷりと蓄えた、ビロードの様な土壌に種をまけば嫌でも発芽する。

 

 

まさにこれだ!

 

 

彼女を観ていて、改めて治癒力、生命力の大切さを再認識させていただきました。

 

 

 

 

 


| 2013.07.03 | PermaLink
1
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ