Blog of Integrated Naturopathy

初期流産 染色体異常なんかに怯むな!

 

残念な事ですが、年齢に比例して流産率も高くなってまいります。

 

クライアントさんが本当に大変な思いをして、やっと着床した卵が流れてしまう、

 

ご本人はもちろんの事ですが、手技者として並走して来た私にとっても実に辛い出来事です。

 

 

 

 

しかし35歳オーバーで不妊治療を始めると、最初から流産を視野に入れて

 

の話が進む事が多い様です。

 

 

 

 

数字的にみてみましょう。(不妊治療情報より)

ざっくり、

・30代前半までの体外受精による妊娠率:2〜3割

・30代後半     〜       :2割

・40代       〜       :1割

 

 

「一般不妊治療」

・人工授精で妊娠する確立:5〜10%、排卵誘発剤投与で10〜20%

 

「高度生殖医療」

・体外受精の胚移植の平均妊娠率:26.4% 

・顕微授精          :22.0%

 

 

・無事出産まで至る確立:体外受精/16.2%、顕微授精/13.2%

(高度生殖医療は、本来着床する予定の無い卵ゆえ流産率が高いそうである)

 

 

 

 

何とも味気ない数字ではないですか。

 

 

 

 

では流産を予防する為にはどうすればいいのか?(続き)

「過労を避けストレスをためない、重いものを持ったり階段の上り下がりには注意し、

風邪、便秘、下痢などに注意し、充分な睡眠を取り、激しい運動や旅行は避け、性生活は控えめに」

 

ってことらしいのですが、コレ、はっきり言って「はぁ〜???」って感じを受けませんか??

 

「初期流産って染色体異常だし、それってあがいても無理だよね〜」って感じの

 

諦め的空気がムンムンだぞ!!と感じてしまうのは僕だけでしょうか???

 

 

 

 

しかし本当にそうだろうか? 

 

妊娠を望む女性側には何もやる事が無く、ただ手をこまねいているだけしかないのだろうか?

 

そんなことは無いだろう? 

 

たとえ数%でも確率が上がるHow to があるなら、

 

もし多少でもパーセンテージを上げる事が出来る「なにか」があるのなら、

 

徹底的に取り組むべきではないだろうか!!!

 

 

 

 

あるのですよ。

 

実は、あるんです。

 

いや、僕は「ある」と確信しています。

 

 

 

 

加齢と共に染色体異常が起きるというのは、細胞内レベルでのエネルギー不足でDNAの誤転写の

 

割合が高くなる為に引き起こされる。

 

よって採卵や移植される前からあなた自身が、

 

細胞レベルから元気溌剌とした健康体になれば良いのです!!!!!

 

 

 

ん? これって、

「食・息・動・想・環境を改善し、細胞レベルから元気溌剌とした健康体を獲得していく」

 

我が『自然手技療法』の定義そのものではないですか!!!

 

 

 

そうなんです!!

初期流産=染色体異常、という現象、そこを代替療法/ヘルスプロモーションで

 

少しでもお役に立つ事が出来ないだろうか?と調べて行くうちに、

 

私たちの「自然手技療法」こそが細胞レベルでのアンチエイジングを企てる

 

最も優れたメソッドだった!ことを認識してしまったのです。

 

 

 

 

年取った細胞が若返る為に必要な事は二つあります。

 

それは、「呼吸」と「栄養素」です。

 

 

 

一般的に人は加齢と共に様々な要因から骨格が歪み、筋肉の緊張が亢進して呼吸が浅くなります。

 

手技療法は、歪んだり、動きの悪くなったボディフレームのリセットを行ないます。

 

結果、深い呼吸が改善されます。

 

 

 

普通、いくら意識して深い呼吸を行なおうと思っても、数分もしないうちに忘れてしまうものですが、

 

骨格筋の不要な緊張がリセットされると無意識に深い呼吸が出来る様になります。

 

 

 

 

呼吸が深くなると、自律神経系の副交感神経のレベルが高まります。

 

するとストレスを受けて亢進した交感神経のレベルが緩和されてリラックスした状態になります。

 

結果、自然と末梢までの血流が促進されて、細胞の隅々にまで酸素と栄養素を運ぶ事が出来ます。

 

 

 

そして食事を徹底して変えていく事で、運搬される物質としての栄養素を整えていく。

 

栄養に関しては、栄養学に則りいろいろあるのですが、細胞レベルでの若返り/アンチエイジング

 

という観点から考えると、脂肪酸バランスと抗酸化/SODの調整から入ります。

 

ミトコンドリアの活性を目指して。

 

 

 

もっと詳しい事をお望みの方、あるいは切羽詰まっている方! ご連絡お待ちしていますから ↓  

 

  http://www.setakin.com/contact/index.php?id=1

 

 

 

もし自分がそのような人達のお役に立ちたいとか思うのであればこちらもどうぞ!

 

 

自然手技療法学院

http://school.aromartica.com/

 

 

 

 

 

 


| 2013.08.21 | PermaLink

胎児発育遅延リスク? 避けるでしょ、やはり。

マタニティ期にある女性のカフェイン摂取。

 

 

 

賛否両論あるけど、やはり避けるべきでしょうね。

 

 

「妊婦さんがカフェインを絶対避けた方がいいと言う世界の医学論文まとめ!」

http://www.bioissimo.jp/blog/647/

 

 

 

どうしても飲みたい!って時には、スタバにもDecafeがあるよ〜(^o^)v

 

 

 

 

_______________________________________________________________________________

 

 

自然手技療法学院

http://school.aromartica.com/

10月6日:手技療法クラス、食事栄養療法クラス 開講

 

 

 


| 2013.08.20 | PermaLink

ご出産おめでとうございます!

 先日、同じ日に二人のクライアントさんが出産されました。

 

 

心より祝福をさせていただきます!

 

 

お二人とも妊娠前から骨盤フレームのリセットワーク、食事の改善、運動指導など

 

 

行なわせていただき、臨月まで定期的に施術をさせていただいておりました。

 

 

超安産!!母子共にたいへん元気である、とのことです。

 

 

この様なご連絡を頂くのは手技者身寄につきますね。 ....しみじみ....

 

 

産後の矯正でお会い出来る日が待ち遠しいですね!

 

 

 


| 2013.08.19 | PermaLink

Maternity Manipulation

 本日来院された新規クライアントさん、37歳、妊娠36週目、腰痛、股関節痛、肩こり等。

 

 

骨盤帯の捻れと腰筋リリース、頭頸部リリースを行いスッキリと痛み解消。

 

 

本人曰く、

「今まで通院していたカイロプラクティックでも妊娠中は施術不可と言って断られていた。」

 

 

妊娠中こそボディフレームのリセットワークが必要なのに残念ですね。

 

 

自然手技療法では『マタニティ・マニピュレーション/Maternity   Manipulation』

 

 

と呼んでいますが、

 

 

平時に比べて妊娠中はそれこそ「あっ」という間に体がリセット出来ます。

 

 

 

行なうのは「ウォーターテクニック」と言う、体をさすったり、揺すったりするテクニック。

 

 

そして深い呼吸と共に軽いストレッチをするだけで、

 

 

凝りや痛みが無くなるだけでなく、声に張りが出て目までキラキラ輝いて来ます!

 

 

『マタニティ・マニピュレーション/Maternity   Manipulation』

 

 

すべての妊婦さんに受けて欲しいですね!

 

 

_____________________________________

 

 

 

 

 

 

ボディーフレームという、「筋・骨格=運動器系」を整えることで、

 

神経の伝達を正常化し、血流を改善し、「食事」を見直す事で血液の質を変えて、

 

細胞レベルから元気溌剌とした健康体を目指していく『自然手技療法』

 

10月6日開講します!

 

自然手技療法学院

http://school.aromartica.com/

 

 

 

 

 

 


| 2013.08.17 | PermaLink

備えあれば憂い無し?w

 マイナビウーマン「20〜30代の働く女性300名」にwebアンケートをした結果。

 

Q1:いつかは出産したい?  はい76%、いいえ24%

Q2:何歳までに出産したい?

1位/30歳26.3%、2位/35歳24.1%、3位/33歳/7.5%

 

約8割の女性が出産希望で、その内訳は、20台以下の女性が72.8%、

30台以上が27.2%だそうです。30代を過ぎると20代の三分の一に

なります。

 

また出産したくないと答えた約2割の内訳は、20代以下が56.9%、30代以下が43.1%で、年齢が上がるに従って出産したいと思わなくなる傾向が伺えます。

 

35歳までに出産したいと回答した人はほとんどが20代後半の方で、20代後半から仕事が楽しくなり、自分のやりたい事などを充実させてから出産したいと考えているそうです。

 

しかし、出産に向けて何か日頃から心掛けている事があるか?の問いには、82.3%の人が「いいえ」と答えています。

 

これは、30歳過ぎに結婚して、2〜3年楽しんでいざ出産をと思った時には、実年齢より卵巣年齢が高まっていてなかなか妊娠しない、っていう不妊矯正を受けに来院される当院のクライアントさん方そのものって感じです。

 

先日週刊誌で目にしたのですが、20代のまだ質のいい卵を採卵して凍結保存する動きがあるそうです。これも時代なのでしょうね。

 

費用的にみてもあまり広がりはしないでしょうが、そこまでやらなくても簡単なメディカルチェックを受けてホルモンバランスをしておくとか、栄養指導や手技療法を受けて抗酸化、抗糖化、抗炎症に勤しみ、少しでも卵巣年齢を若く保っておく、というのは有りでしょうね。

 

 

_____________________________________________________________

 

 

自然手技療法学院 『食事栄養療法クラス』

                      

『食源病』という病をご存知ですか? 

日頃何気なく食べている食事が原因となって、発病する病の事を言います。 
「新型うつ病」を始め、「金属アレルギー」などが代表的な食源病と言われています。 

また自分では、こういう体質で一生付き合っていくのもと思っている、下記の様な症状は、偏った食生活由来の栄養素欠乏から引き起こされるがわかっています。 

・アレルギー 
・鼻炎 
・かゆみ 
・じんましん 
・急な落ち込み 
・金縛り 
・幻聴 
・炎症しやすい 
・ふと不安になったり悲しくなったりする 
・疲労感 
・etc... 


自然手技療法学院の「食事栄養療法」クラスは、最新の栄養学を中心として、マクロビオティック、ローフード、サプリメント学など、栄養の基礎である「三大栄養素」から食医療までを学び、医療では解決出来ない不定愁訴を始めとした多くの諸問題に、的確な食指導ができる人材教育をしています。 

治療家、ヨガやアスレチックトレーナー、セラピストのブラッシュアップに。または身の回りと家族の健康を担うホームドクターを目指す方などにおススメしたいクラスです。 

 

自然手技療法学院 食事栄養療法クラス 10月期生 
・場所:自然手技療法学院 用賀校 
・開講日:10月6日 
・日時:日曜日、9時〜16時 (毎月第二日曜日) 
・費用:150.000円 
・期間:6ヶ月間 
・詳細:http://school.aromartica.com/shokuiku_class.htm 
・お問い合わせ:school@i-naturopathy.com 

 

 


| 2013.08.05 | PermaLink

日本の徒手医学

『歩くとお尻の奥の方がズキンって痛くて、ここ2〜3日は横になる事も出来ずに

ソファーにもたれる様にして寝ています。』

 

 

  

昨日、妊娠36週目、座骨神経痛のクライアントさんが来院されました。

 

仰臥位が出来ない、もちろん伏臥位もダメ、短時間の患側の右を上にした側臥位と座位のみOK。

 
治療家の皆さん、この様な場合にはどのように施術されますか?
 
 
 
 
自然手技療法の矯正テクニックは、身体均整法や野口整体、柔術の活法や操体法など、
  
コアの部分に日本伝承の徒手医学がぎっしりと詰まっているので、
 
たとえ座位のみでも、あるいは立位しかとれなくても施術する事がが可能です。
   
 
 
 
このケースでは幸運な事に、座位による上肢と足関節の操作で仰臥位で寝ても痛み無し、
 
歩行時の痛みも、大幅に軽減することが出来ました。
 
 
  
 
日本の徒手医学には、大きな特徴が3つあります。
 
一つは身体を液体的に捉えている事。
 
イメージとしては身体を、大きな皮袋に骨や膜やスジなどが入った物体、
 
あるいは、ビニール袋の中に水とか棒とかと諸々をいれた感じでしょうか。
 
どうすれば効果的にその袋を整える事が出来るのか?
 
その袋を揺すったり、振ったり、叩いたりして波動を生じさせると整います。
  
これは日本の伝統的な徒手医学で言う『ゆり』『ふり』『たたき』です。 
 
 
 
 
もう一つは、四肢の関節を操作する事で全体のバランスを整える事が出来る。
 
そして、腱の操作で全体を整える事が出来る。 
 
 
 
 
それらの多くは武術の修復術として閉鎖的に伝承され、明治期にアメリカより伝搬された
 
カイロプラクティックやオステオパシーなどの徒手医学と混じりあい、
 
昭和初期に野口晴哉、浪越徳二郎、亀井進、等、当時の名人と呼ばれる治療家が
 
世界に類のない独特の徒手医学形態を造り上げました。
 
 
 
 
 
他分野の製造業同様、日本人の手に掛かった徒手医学はとても優れた技術です。
 
特に身体を液体的に捉えた技術形態である「ウォーターテクニック」は
 
身体の含水量が増えた妊婦さんにはかなり適合性の高いテクニックです。
 
 
 
つくづく日本人はスゴい!!! って思いましたよ!
 
 
 
 
 
 健全な肉体に健全な精神が宿ります。
 
健全な肉体はフレームに歪みが無い事、適切な食事と休息が必要です。
 
毎日を健康で、元気に、ハッピーにお過ごしください!
 
 ___________________________________________________________

 

 

 

 

ボディーフレームという、「筋・骨格=運動器系」を整えることで、

 

神経の伝達を正常化し、血流を改善し、「食事」を見直す事で血液の質を変えて、

 

細胞レベルから元気溌剌とした健康体を目指していく『自然手技療法』

 

10月期生徒募集しています!

 

自然手技療法学院

http://school.aromartica.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

| 2013.08.01 | PermaLink
1
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ