Blog of Integrated Naturopathy

不妊治療を別の面から考える

 産科での不妊治療は、人工授精で線引きがされてそれ以上とそれ以下との2郡に分かれます。

 

 

身体と精神とお財布の負担を考えれば、ラインの下で妊娠するにこした事ではありませんし、

 

  

誰でもそう望むのが常だと思いますが、困ったことに妊娠率はさほど高くないのが現実です。

 

 

 

 

 

 

たまに40代で見事に自然妊娠される方がいて、

 

  

「ひょっとして自分も!!」

 

  

など、淡い期待を抱いてしまうのも、自然な感情でしょう。

 

 

 

そこでアドバイスになるかどうかは分かりませんが、私が接してきた自然高齢妊娠者達の

 

 

共通項をお教えしましょー!

 

 

 

 

 

ズバリ、「妊娠目的の為の夫婦生活は、妊娠しづらい」という事実です。

 

 

それを証拠に、自然高齢妊娠者達の多くが「新婚」、あるいは「できちゃった婚」です♡

  

 

その逆を考えれば、妊娠なんてOut of 眼中!! SEXをメチェククチャ楽しんでいる時に

 

 

はからずも妊娠してしまう確率が高いのです。

 

 

 

 

 

 

「そんな事、はじめから分かっているよ! それが出来ないから困っているんだよ!」

 

 

分かります......

 

 

厳しいですよね。。

 

 

 

 

 

 

若い時にはいかに妊娠しない様に工夫するものですが、いざ将来のパートナーに巡り会い、

 

 

生活も安定してきて、そろそろ子供でも.....

 

 

って思った時には「♂&♀」の間柄では無くなってしまうんでしょうね。

 

  

表にはあからさまに出ては来ませんが、これが、

 

 

夫婦生活から不妊治療に移行するほとんどの方が抱えている、根本的な問題でしょう。

 

 

 

 

 

 

世の中、実に理不尽に出来ています。

  

 

ではどうすればいいのか?  最善の方法は?

 

 

 

 

 

 

まずは産科で、ちゃんと排卵しているかどうか?(けっこう排卵していない人多いんですよ!)

  

 

必要な時期に、必要なホルモンがきちんと分泌されているかどうか?

  

 

などのチェックは行なう事をお勧めいたします。

  

 

上記2点がNGで有る事が分かれば速やかに治療に入ればいい。

  

 

上記2点が大丈夫で、タイミングから入るのであれば、

 

 

基礎体温ばかりに意識を捕われないで、

 

 

ぜひ夫婦生活を楽しむ努力!!に精魂傾けてみてはいかがでしょうか。

 

 

お金も掛からないし、

  

 

肉体的や精神的な苦痛も無いし.........(たぶん、ない?・汗;;;)

 

 

もし少しでも苦痛を感じるなら迷わずラインより上に進む、かな〜。

 

 

 

 

 

 

いずれにしろ、骨盤帯というボディフレームを整えておく事と、

 

 

妊娠しやすくなる為、健やかに胎児が育つ為、母体が元気溌剌とする栄養を

  

 

充分に摂取しておく事は必要! だと思うのです。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 _______________________________________________________

 

手技療法+食事栄養療法

自然手技療法学院

http://school.aromartica.com/

 
栄養指導が出来ない整体やアロマは時代遅れです!

 

 

 

 

 

 

  

 


| 2013.09.06 | PermaLink

スリランカ 番外編

 

 

シギリヤロックという世界遺産の岩山の頂上で記念写真を撮る4人のオッサン。

 

 

 

 

 

 

シギリヤロックの岩を刳り貫いた石窟の仏様達。見事だったよ!

 

 

 

 

 

 

 

この国では暑さのせいか仏陀もコロン〜

 

 

 

 

 

 

 

そこら中に野良犬や野良牛などがいるのだが、やはり暑さのせいかやる気無し!

 

 

 

 

 

 

 

みんないい子そうなんだけど、狂犬病が有るからね。

 

程よい距離でね。

 

 

 

 

 

 

この子は朝一でビーチに行ったら木陰で寝ていた子。

食事を済ませて海岸を散歩しに行ったら起きていたからパチリ!

この子の人生?犬生、まったくの自由だよ。

うちのミカミと比べてどうかな?

そりゃ〜判断するには多要因が必要だろうけど、犬って飼い主のそばが一番落ち着く、という性質で自分を納得させてね。

「ミカミ、オマエは実に幸せ者だぞ!」と、いま、ワインを飲みながら愛犬ミカミに諭しております。。ははっ。

 

 

 

 

 

 

 

そこら中に野生の猿もいます。普通に。

 

 

 

 

 

 

食についても述べておきましょうね。

一言で言うと「ワイルド」って感じかな。

経済的に農薬とか化学肥料なんか使えないだろうから基本的に有機農薬が当たり前。

もちろんGMOも無し。

よって野菜、果物は限りなく原種に近いと思いました。

肉もね、自由に牛とか町中を歩いているからガイドさんに「あいつら野良ですか?」って聞いたら「それぞれ飼い主がいる」って、そっちの方がビックリしたよ!皆、痩せていてね、サシなんて微塵も入っていない、メタボなんてほど遠い奴らだよ。

で、食べると、ゴムみたいなんだ(汗)。

鶏肉も日本の地鶏より固い。

 

 

 

 

 

 

僕たちが毎日口にしているものは、全てそれなりに品種改良をしたものなんだな。トウモロコシひとつ取っても、固いし、甘くないし、香ばしくないし、一言で言うとあまり美味しくない、かな。。

食を通じて、改めて自然をかいま見た?って感じたよ。

食育を生業とする身として、サプリメントなどの加工栄養素に関しては自分の中で「ここまで!」という線引きが出来ているが、食材の自然性って事に関して実に考えさせられました。勉強になったな。

スタッフや生徒さん達には申し訳ないが、半年後には今の概念とはまったく異なる、突拍子の無い事言っているかもしれないよ。

この写真、ライスが選べるんだけど、日本でもこれよくないですか?料理に合わせたいろいろなお米を選べたらいいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

長々と書いたけど、これが最後です。

交通事情と今回感じた、これからの日本ね。

交通事情はアジアそのもの!国を挙げてカーチェイスしているみたいだ。よくこれで事故らないなと思ったけど、やはり事故るよ。

今回も2度あった。

一度目は左に停車しているトラックのミラーをこすった。

二度目はほんのちゃっと人を引っ掛けたのかな?

両方とも運転手の助士が走って行って実弾(現金)をねじ込んでゴワサンだった。あまりひどくなければお互い自己責任って感じなんだろうか。

しかし走っている車がTATAやヒュンダイ、あるいは中国産?って感じの割合がかなりを締めていたね。

自動車産業も家電業界の二の舞にならなければいいがと老婆心。。

今後、日本が今までの様に経済的に豊かに過ごそうと思ったら?アニメじゃ無理かな〜(笑)。

軍事産業に突っ走るしか道は無いでしょうね。

腰に布巻いて裸で歩いているオッサン見ながらこんな事考えている、たのしい、楽しい夏期休暇でした!おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2013.09.04 | PermaLink

スリランカ紀行 その3

 

 

インドの伝承医学アーユルヴェーダ。

現在はスリランカがその伝統的なマスター達に

より独自の形態を造り出し、伝承されているそうです。

 

 

今回の目的は限りなくピュアなアーユルヴェーダに触れる事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

薬草を栽培。いろいろ説明を受けながら実地訓練!

 

 

 

 

 

 

 

すでに、ほぼ、忘れておりますw (^^;;;;

 

 

 

 

 

 

英語ヤバいな、と思ったのですが、なんとこのオッサン、いやマスター、日本語ウマいのです!!なんでも日本に留学していたとか...ん、デカセギじゃぁなくて?とうがった見方をする僕はいけませんね::m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

アーユルヴェーダは、薬草をオイル抽出して経皮吸収させる事、

そして薬草茶として取り入れ、体内バランスを正常化させて行く療法です。

 

 

 

 

 

 

 

女性の間では有名かもしれませんが、これはアーユルヴェーダの脱毛クリームを塗布されて10分後の毛が無くなった僕の足です。まったく無痛、ヒリヒリ感も有りません。ビックリしました。なんでも3回続けて行なうと永久脱毛になるそうです。ホントでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

アーユルヴェーダに対する総論。

 

 

僕が考えていたよりかなり「医学」としての実力が有りました。WHOが「代替医療の父」と認めるのも頷けます。

 

 

しかしそのまま日本に持ってきても通用するのはある一部ではないのかな?伝承医学のベースとなる民族の特性や気候風土がまったく異なる。

 

 

そして、身体のバランスをとると一口に言っても、これは実に難しい。仕方の無いことなのですが日本では癒し系としてあるアーユルヴェーダ。しかしもったいないな〜。

 

 

 

 

 

 

 continues!

 

 

 

 

 _______________________________________________________

 

手技療法+食事栄養療法

自然手技療法学院

http://school.aromartica.com/

 
栄養指導が出来ない整体やアロマは時代遅れです!

 

 

 

 

  

 


| 2013.09.03 | PermaLink

スリランカ紀行 その2

 

 

 

楽園の様なリトリートの夜明け。

 

 

 

 

 

 

こちらはサンセット。やはり楽園。

 

 

 

 

 

 

波高く、インド洋デビューならず。。残念

 

 

 

 

 

 continues! 

 

 

 


| 2013.09.02 | PermaLink

スリランカ紀行 その1

 

 

 

 

スリランカに行ってまいりました。(注:右側が僕です。)

 

 

 

 

 

 

 

比較的小さな像でしたが、近くで見ると圧力感じますし、

じっと僕の目を見るんですよ。

 

何かわからないけど、明らかな意思がある目でした。

 

 

 

 

 

 

 

雨期には広大な湖になる湖底をの〜んびりと歩きます。

ゆっさ、ゆっっさと。

 

 

 

 

 

 

ヤシの実かい?って思って近づいてみると、像の落とし物でした。

 

隣に置いた僕のビーサンと直径が同じくらいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

この写真の木が埋もれるくらい水面が高くなるそうです。

 

いったいどれだけ降るのでしょうね。

 

 

 

 continues!

 

 

 

 

 _______________________________________________________

手技療法+食事栄養療法

自然手技療法学院

http://school.aromartica.com/

 
栄養指導が出来ない整体やアロマは時代遅れです!

 

 


| 2013.09.01 | PermaLink
前の10件   1  2
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ