トップ > Blog of Integrated Naturopathy > とても大切な、産後の骨盤!

Blog of Integrated Naturopathy

とても大切な、産後の骨盤!

 出産時に児頭が骨盤内を通り抜ける時、お尻にある仙腸関節、

 

 恥骨結合は引きちぎられる寸前まで、フルマックスに開大されます。

 

その後、少しずつ回復して行くのですが、

  

その回復期に骨盤ケアを行なうのと、何もしないのでは、それこそ雲泥の差!!があります。

 

 

 

たとえば、大転子と呼ばれるちょうど、気をつけをして手首くらいにある

 

股関節の出っ張具合が、産前に比べて大きくなっていないですか?

  

一番きつかったGパンは履けますか?

 

 

 

 

私がおススメする産後矯正を数字で表すと、下記の様になります。 

 

・サイズは産前と同じか? あるいはタイトに。

 

・体重は卒乳まではプラス2kg。この2kg分の体力で子育てしていきます。

 

 

 

大転子が側方に張り出ているのということは、

 

骨盤の関節や骨盤底筋、括約筋などがユルんだ状態であることを表します。

 

軽い失禁や、深部体温の低下、自律神経バランスやホルモンバランスの狂い、

 

また、今は無くても将来的には腰痛や膝の痛みの強力な予備軍であり、

 

体型はオバさん体型へと移行し、早期更年期、など、いい事何もありません。

 

 

 

産後は骨盤を始め全身の関節が緩んでいるから、体の歪みを整える絶好のチャンスです。

 

産後の骨盤矯正は、より良い人生の為に、本当に大切なのです!

 

 

 

 

 

 


| 2013.09.25 | PermaLink
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ