Blog of Integrated Naturopathy

子育ては、気合い・根性・体力なり!(;`皿´)

 数日前の出来事です。

 

産後8ヶ月の赤ちゃんと、3歳児のお兄ちゃんを連れていらしたお母さん、腰痛症です。

 

仰臥位、前屈、体位変動時に左臀筋の深部に疼痛あり。

 

LSR、Valleix圧痛点、共に妖精、いや陽性。

 

産前に腰痛歴があり、数週間前に再発したのだそうですが痛みの感じは違ったとの事。

 

今回の腰痛はL4/5レベルでの立派なヘルニアです、たぶん。。

 

 

 

様々なレベルのヘルニアのクライアントの施術は毎日行なっているので慣れてはいます。

 

しかし、今回の強敵はハイパーなお兄ちゃんとギャー泣きする赤ちゃんでした(`ー´〃)

 

訳も無く奇声を発しながら駆けずり回るお兄ちゃんw

 

 

よくある事です。

 

 

そんな事で集中力を掻き乱される私ではありまてんψ(`∇´)ψ

 

 

  

 

しばらく走り回ると飽きてきたのか、施術に参加してお母さんをバシバシ叩き始めました。

 

「ぼく〜、ちょっっとアブないから、ここに座って待っていてくれるかな〜〜っ」って

 

回転椅子を差し出すワタシ。

 

30秒ほど、動く椅子で遊んでくれていました。

 

 

 

 

椅子に飽きたお兄ちゃんは、今度はベッドの上ってお母さんに抱きついて来ます。

 

「いまお母さんを元気にしてあげるからね〜。ちょっっとベッドの下でお利口にまっていてね!」

 

と、お兄ちゃんの眼を見つめながら、少しだけ目に力をこめて言うわたし<(`∨´+.)>

 

カワイクうなずいて、ふたたび走り回るお兄ちゃん♬

 

 

 

 

今度はお母さんの髪の毛を引っ張りながら何かを要求しはじめた。。

 

ここで集中力が切れ始めたのか、赤ちゃんがぐつつき始めました。

 

 

 

 

「○○くん、◎◎ちゃんの面倒を見てあげてくれる?」

 

というお母さんの声に素直にコクリとうなづき静かに従うお兄ちゃん♡

 

いきなり赤ちゃんに抱きついてキスの嵐!

 

バタバタしながらギャーーーー泣きを始める赤ちゃん!

 

「もっと優しくしてあげてぇ〜っ」と上体を起こして話しかけるお母さん。

 

ちょっと、いきなり動かないで!って思う僕。。

 

 

 

 

顔を真っ赤にしながら泣き叫ぶ赤ちゃんを離れると、今度は「お母さん、トイレ」と言うお兄ちゃん#

 

 

 

「すいません、ちょっといいですか。。。」と施術中断。。。

 

 

 

施術再開すると、今度は、「お母さん、でた!」

 

 

 

..........................................

 

 

 

 

修行の様な施術です。

 

未熟者なワタシはすっかり集中力も意欲も削がれしまいました。

 

中途チェックで痛みの改善はまだ見られません。

 

そんな精神状態で施す技術など効く訳ありません。

 

トホホ。。。。。どうしたものか。。。。。

 

 

 

 

困り果てそうな時に救いの手は指しのベられました。

 

 

「先生!」「せんせい!!」

 

 

ハッと振り向くと、次枠のクライアントさんが「よければ赤ちゃん、抱っこしていましょうか?」

 

次のクライアントさんがいらした事も気づかない位テンパっていた様です。

 

私の施術所では赤ちゃんが泣いていると、お待ちのクライアントさんがかなりの確率で

 

抱っこしてくれる、という風潮が自然と出来上がっているのですが、

 

この時はつくづくこの様な文化は有り難い!って思いましたよ!

 

お兄ちゃんも一緒に面倒見てくれて。。

 

感謝、感謝です。。

 

 

 

 

呼吸を整え、施術の流れを本来のスタンスに戻す事が出来ました。

 

結果は、来院時10あった痛みが3〜4レベル迄に持って行く事が出来たのでした。

 

よかった。

 

 

 

しかし、痛みが軽減したとはいえ、8kgある赤ちゃんを抱っこして、お兄ちゃんの手を引きながら

 

帰って行くお母さんを見ながら、子育ては「気合い・根性・体力」であるとつくづく思った次第です。

 

またよく不動心と言いますが、たとえどんな状況でも自ら動じる事無く、やるべき事を

 

きちんと出来る様にならなくては、なっ。

 

 

 

日々是精進。

 

 

 

 


| 2014.03.30 | PermaLink

春は妊娠しやすい季節です!

 久しぶりの更新です♬

 

今年の冬はキビシかったですね〜(><);;;

 

僕は寒いのが苦手で、20度を境に、夏と冬では別人格ではないかと思うくらい

 

生活パターンも、活動領域も違ってきます。

 

夏は40度近くあっても全然元気なんですけどね〜っ。。。

 

 

 

さて、コートを着なくても良いかなって思ったらもう桜の開花のお話がチラホラと。

 

季節が移ろい行く様に、私たち人間のカラダも四季折々変化していきます。

 

特に冬から春にかけてがいちばん激しく変化する時です。

 

暖かくなると皮膚や筋肉が緩んでくるイメージは描きやすいと思いますが、

 

春は全身の関節が弛緩してくるという特徴があります。

 

まず背筋が弛緩して胸腔が拡大し、肩甲骨が外方へ開いて行く事からカラダの春が始まります。

 

その次に骨盤の仙腸関節と恥骨結合が乖離して行きます。

 

胸郭が拡大し、肩甲骨が気楽と気分が軽やかというかウレシくなってきます。

 

春はルンルンという言葉で形容されますが、これは胸郭が拡大した時の精神面への影響を表しているのです。

 

そして骨盤が開くと活動的になりじっとしていられなくなります。

 

何か新しいことを始めようと言う気概が湧いてきたり、用事もないのにうろついてみたり。

 

そして最後に頭蓋骨、特に後頭部の関節=ラムダ縫合部が弛緩して春のカラダの出来上がりとなります。

 

 

 

冬はエネルギーを蓄える季節。

 

そして春は冬に蓄えられたエネルギーが一気に全身を駆け巡る季節です。

 

春はエネルギーが活発になるのですが、カラダが春のカラダにチェンジしていない状態

 

でエナジーアップが始まってしまうと、エネルギーが強い分、

 

心身ともに不調きわまりなくなってしまう。

 

春先に引き起こされる諸問題はズバリ、半分はカラダの問題です。

 

とくにまだ胸郭も、骨盤も開いていない状態で、いきなり頭蓋事が開いて

 

エネルギーがダイレクトに頭に上ってしまうと、いわゆる「木の芽時」。

 

「春はおかしな人が多いから気をつけなさい」

 

という事になります。

 

 

 

残りの半分は、滋養〜蓄えの季節である冬の間に春になって活発に動きだす為の

 

充分なエネルギーを蓄える事が出来なかった故に、エネルギー欠乏性の不調になるパターンです。

 

五月病と言われるものがそれにあたりますが、今でも五月病なんて言うのかな?

 

あまりにも多くの人が春先に調子が悪いから、春は調子の悪いものだというのが当たり前に

 

なっていてわざわざ五月病なんて言う言葉を使わなくなっているのかな?って、

 

書きながらふと思いまちた。。。

 

 

 

しかしエネルギーが高いという事は、妊娠もしやすいという事でもあります!

 

自然手技療法では「新しい命を育む母体の生命エネルギー」の強弱をとても重要視して考えます。

 

フォーカスを絞って見て行けば様々な原因が存在しますが、母体という全体観でフォーカスすると、

 

妊娠できないというのは生命エネルギーの欠如と見做すからです。

 

 

 

これから初夏にかけて、サイコーの季節ですから、しっかりとカラダと内面を整えて、

 

心身ともに心地よい時をお過ごしくださいね!

 

 

 

 

 

 


| 2014.03.26 | PermaLink

山中教授、実に天晴(アッパレ)!!サイコーです!!

 

山中伸弥氏:「STAP研究に協力、小保方さん大歓迎」」

 

  http://sp.mainichi.jp/select/news/20140208k0000m040138000c.html

 

 

 

 

山中教授、素晴らしい!!!

 

 

 

 

大人です!

 

 

 

 

 

STAP細胞はiPS細胞と並び人類の宝となる技術だと思います。

 

 

 

 

 

少しでも可能性があるのなら国を挙げて守り育て上げなくてはならないと思うのですが、

 

 

 

 

 

国を挙げてのバッシング。何を考えているのか?

 

(皆、何にも考えていないと思いますが)。

 

 

 

 

 

海外流失しても国益の損失は計り知れない。

 

 

 

 

 

この状況下で唯一手を挙げた人が山中教授。

 

 

 

 

 

実に天晴(アッパレ)だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2014.03.12 | PermaLink
1
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ