Blog of Integrated Naturopathy

女性器での性的快感〜出産

 これから出産される方はチェックしてみてもいいかな。

 

http://www.cinematoday.jp/page/N0027114

 

 

先日書いた近代的医療処置によるリスクヘッジ出産の対極。

 

 

お産って一生のうちあって一度か二度(三度?)の行為だから、

 

 

いろいろ考えてみるのもいいかもしれないね。

 

 

 

 

 

 


| 2014.06.29 | PermaLink

「ふざけんなよ!」幼児を蹴り倒す母親の映像!

子育てをされた方なら一度や二度は同様な気持ちに苛まれたことがあるかもしれません。

 

 

端から見ていると、母親のエネルギーがある閾値を下回った瞬間、発狂が始まる様です。

 

 

そして必ず後から深い後悔をする。

 

 

しかし時すでに遅し、子供の心には深い傷が刻み込まれてしまっています。

 

 

そうならない為にも、常日頃から自分のエネルギーバランスに留意する事。

 

 

日々、子育てが楽しめる為のキーワードは、栄養、睡眠、ボディメンテナンス、の3つです。

 

 

こうならないように。。

http://virates.com/society/1026010

 

 

 


| 2014.06.22 | PermaLink

自然分娩と帝王切開

 何がなんでも自然分娩を行ないたいと、徹底した自己管理に走る方がいます。

 

 

ですが、別に何も自己管理などしなくとも出産の9割は医療介助の無い自然分娩で産まれます。

 

 

よって自然分娩が自己管理の賜物なのか?というと、よくわからない、という所ではあります。。

 

 

しかし妊娠中の運動と食事のコントロールは、確実に安産に繋がります。

 

 

ここで良くないのが、帝王切開に敗北感を抱いてしまうことです。

 

 

確かに経膣分娩に比べて、帝王切開は母体に負担がかかります。

 

 

しかし母子両名の命を守る為に、間違いなく必要な技術でもあるのです。

 

 

これは当院に通ってくださっている産婦人科の先生の話です。

 

 

「22〜3歳でのお産は極端な話、半分居眠りしていても大丈夫。しかし、高齢出産ではそうはいかない。最後の最後まで何が起こるか想定不可能です。何か起きてから慌てて血管確保に走っても血圧が低下していればそこで手こずる。ほんの少しのタイムラグが命に直接関わるのです。ですから高齢出産では最後まで気が抜けません。最初からあらゆるリスクを排除出来る、最高の医療体制を整えた上での出産をするべきなのです。」

 

 

僕はもっともだと思います。

 

 

助産院で、自然分娩で、など、いろいろな出産スタイルを希望する選択肢が用意されています。

 

 

いいと思います。

 

 

しかし、別の角度から見てみると、この様に産みたいというのはあくまで親のエゴである、

 

 

という見方も出来るのです。

 

 

日本では、出産で命を起こす確立はゼロコンマ数%、出産する側にとってはかなり低確立のロシアンルーレットをする様なものですが、1日に何件も出産に立ち会っている医療者は、確率的に年に数件、出産時に命を亡くす場面に遭遇するのです。

 

 

分娩時まで「順調」に育っていた命が、最後の最後で無くなってしまう悲しみはどのようなものでしょうか。

 

 

そのような、あまりにも深い悲しみに遭遇しなくてはならない医師とは本当に過酷な職業です。

 

 

その辺りに産む側と医療者との間に温度差が生じる原因があるのかもしれないな、と思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2014.06.22 | PermaLink

産後の骨盤・ファンクショナルケア〜♬

 産後の骨盤ケアには2つのラインがあります。

 

 

一つは腰痛症や恥骨の痛み、骨盤のグラつき、腱鞘炎、首や肩の痛み、膝の痛みなどのケア。

 

 

もう一つが、産後に戻らないサイズと体重を減少させる審美ケア。

 

 

しかし、多くの人が腰も痛いし、出来ればサイズも!

 

 

って思っていらっしゃる。

 

 

この2つのラインを同時に行えればこんなにいい事はないですよね〜。

 

 

そして出産時に目一杯引き延ばされてしまった骨盤底筋や括約筋をキュっと!

 

 

出来ればなお良くないですか?

 

 

そのようなクライアント様の声にお答えすべく、

 

 

「産後の骨盤・ファンクショナルケア」を始めますyo!〜♬

 

 

諸々の痛みや、尿漏れ、そしてサイズ&ウェイトダウン!!

 

 

良くないですか!

 

 

ご希望の方は、予約フォーム〜メッセージ欄に「ファンクショナルケア希望」と、

 

 

一文を添えてくださいね♬

 

 

 


| 2014.06.20 | PermaLink
1
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ