Blog of Integrated Naturopathy

久しぶりのAngels写メ〜♬

久しぶりに来院してくれた赤ちゃん達の写メをアップしますね!

 

 

不妊矯正のときからだから、まだ受精卵以前からのお付き合いの赤ちゃん(笑)

 

 

産後の骨盤矯正に、初めて来てくれた時にはまだこんなに小さかった赤ちゃん♬

 

 

みんなあまりにカワイいから、つい写メいただいちゃいますが。。。

 

 

あっという間に大きくなってしまうので、一つのメモリアルとしてご覧くださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この子たちを観ていて思う事。

 

人間って後天的な環境因子って思っているほどのキャパは無いのではないだろうか?って事。

 

乳幼児は人目を気にしないし、繕う事もないだろうし、ピュアそのもの。

 

しかしこの頃から皆しっかりとした個性があり、性格がはっきりとしている。

 

これが僕がマタニティ整体に力を入れ始めて、一番おどろいた事かな。

 

よく「三つ子の魂百までも」っていうけど、この子達見ていると、

 

ホントに持って生まれた性格って変わらない気がする。

 

あとはいかに方向性を導いてあげられるのか、球の様にまんまるに生まれて来た情緒を

 

歪めないで育ててあげられるのか、きっと大人に出来る事ってそのくらいしかないのかもしれないな。

 

少しフォーカスを拡げて遠目に見ていると良くわかるけど、目の中に入れても痛く無い程

 

可愛い我が子が、お母さんの体力が底をついた時「うるさいー!」ってなる。

 

そこまで行かなくとも、お母さんがキッとなる度に赤ちゃんは沢山ある能力に蓋を閉めて

 

自らの感受性をイビツに歪めていくような気がする。

 

SONY創業者の盛田昭夫さんが晩年、幼児教育に力を注いでいて、

 

「良い人間性は1歳児までに形成される。」って言っているけど、わかる気がする。

 

1歳児まではほぼ全面的にお母さんと向き合っているから、お母さんの元気が子供の可能性の全て、

 

だと捉えてもいいくらいかな。

 

よくクライアントさんに、妊娠する1年前から体作りをして下さい!って言うのですが、

 

妊娠したら毎日歩こうとか、食事には気を付けよう、とか、はっきり言って遅いです。

 

妊娠初期は悪阻が始まるので気持ち悪くてそれどころじゃないし、

 

悪阻が収まれば、日々あまりに体が変化して行くのにビックリしてそれどころじゃないし、

 

少し落ち着いてきたら、お腹が大きくて動くのおっくうになるし。

 

いざ生まれちゃったら、24時間365日フルタイム休み無し!待ったなし!で、

 

自分の時間なんてまったくない状況だし、運動なんてまったく余裕無し、です。

 

運動もそうだけど、食事も変化するのにはやはり時間が必要。

 

よく授乳期でもチョコレートとか食べまくっているお母さんいるけど、

 

子供が欲しいと思った時から食のコントロールは必要です。

 

赤ちゃんはお母さんが食べたものをエネルギーとして、着床してから細胞分裂して、

 

体を形作り、生まれてきます。

 

生まれてきてからも、お母さんのオッパイを飲んで成長して行きます。

 

You are What  you Eat! あなたは、あなたが食べたもので出来ている

 

健全な我が子を育む為には何を食べれば良いのか?

  

赤ちゃんにとってお母さんは絶対の存在だから、口にするものにも責任が生じてしまいます。

 

自分が食べたいものを食べるのは卒乳するまで少しお休み。

 

でも、いろいろ難しく考える事は無いですよ。

 

全ては母性のもとに健やかに行なわれますから。

 

僕は手技療法と食事指導であなた達の元気を応援します。

 

子供が親元にいてくれるのなんて限りある事だし、

 

ましては100%手間ひま掛けてあげなければいけない赤ちゃんのときなんて

 

ほんの少しの時間しかないんだから。

 

待ち望んで来てくれた赤ちゃんだから、全力で子育てして下さいね。

 

全てのAngelにLove&Kiss♬♬

 

 

 


| 2014.07.25 | PermaLink

ご卒業〜♬

 

 

 まだ受精卵になる前から知っているカレ!(笑)

 

見るからに利発そうな男の子に成長しています♬

 

 

 

 

産前矯正〜周産期矯正〜産後の矯正というフルコースでの

 

 

長かったお付き合いも今日で卒業♬ 

 

 

 

今度会う時は走り回っている?

 

おしゃべりしまくっている?(^_^)v

 

 

 

 

ちょっと前までこんなに小さくてかわいかったんですよ↓ ↓(笑)

 

 

 

 


| 2014.07.21 | PermaLink

4歳の子供と親が知っておきべきこと

友人のフィードからのコピペです。

 

 

http://magicalchildhood.wordpress.com/2010/08/31/what-should-a-4-year-old-know/

 

4歳の子供が知っておく(知らされる)べき5つのこと

 

1.常に、完全にかつ無条件に愛されているということ

 

2.安全であるということ
 人前や多様な状況で自分を安全な状態に保つ方法
人々について、自分の直感を信頼してよいということ
正しいと感じないことは、たとえ誰から要求されても、けしてする必要がないということ
個人としての諸権利を有していること、そして家族がそれらを支えてくれているということ

 

3.笑い方、ふざけ方、おちゃらけ方、そして想像力の使い方
 空をオレンジ色に、猫を6本足に描いても全く問題ないということ

 

4.自らの興味関心が何か、そしてそれらを自由に追求してよいということ
 もしも、子供が数を学ぶのに関心がなくても、知らず知らずのうちにあっという間に学んでしまいます。かわりにロケットやお絵かき、恐竜、泥遊びに熱中させてあげましょう。

 

5.世界は魅惑的で、自分もその一部であるということ
 自分が素晴らしく、華々しく、独創的で、思いやりのある、奇跡のような存在だということ
外で一日中、ヒナギクの鎖や泥のパイや妖精の家をつくるのは、音声学の訓練と同じくらい、いやもっと価値があるということ

 

 

_______________

親が知っておくべき5つのこと

 

1.すべての子供は歩き方、話し方、読み方、代数学を自分のペースで学ぶということ、そして、そのペースは結果の良し悪しに影響しないということ

 

2.高い学力のための唯一最大の前兆は子供に読み聞かせてあげること
 フラッシュカードでもワークブックでも高級な幼稚園でも点滅するおもちゃでもコンピュータでもなく、日夜時間をとって素晴らしい本を読み聞かせてあげましょう。

 

3.クラスで一番の成績になることと幸せになることは関係がないということ
 私たちは自分の子供に「強み」を与えようと夢中になりすぎて、私たちと同じマルチタスクでストレスに満ちた生活を与えてしまっています。私たちが子供に与えられる最大の強みは、気取らない気ままな子供時代です。

 

4.子供が、本や自然や美術品、それらを探検する自由のある環境にいるにふさわしいということ

 

5.子供がもっと私たちを必要としているということ
 私たちは、自分のことをしなきゃと言うのがとても上手になり、他の誰かに子供の世話をさせる言い訳に使いがちです。
たしかに、私たちは皆、静かな入浴タイム、友達と過ごす時間、平静さを取り戻すための休憩、たまの親としてではない人生が必要です。
私たちは、子育て雑誌が、子供に一日10分を使い、月に一回土曜日を家族で過ごす日と決めることを勧める時代に生きています。こんなのはまともではありま せん!子供たちは任天堂やコンピュータ、課外活動、バレエの稽古、グループで遊ぶこと、サッカーの練習以上に私たちのことを必要としているのです。

子供たちは、座って話を聞いてくれる父親を、工作を一緒に手伝ってくれる母親を、物語を読み聞かせてくれる、馬鹿みたいなことを一緒にしてくれる両親を、必要としているのです。
子供たちは、春の夜に私たちと一緒に散歩をしたいし、時速1メートルのよちよち歩きにも気にしないでほしいのです。
たとえいつもの2倍の時間と手間がかかるとしても、子供に夕食の支度を手伝ってもらうのは価値があります。
子供たちは、私たちにとって、かけがえのない、愛おしい存在であると、伝え知らされなければいけないのです。

 

 

 


| 2014.07.20 | PermaLink

葉酸摂取量と受精率の関連     不妊治療と自然療法

 前の記事と出所を同じくするものですが、こちらは高度生殖医療に於ける葉酸に関しての記事です。葉酸の不足は先天的異常を生じるハイリスクのみではなく、生殖細胞の発育全般に影響があったり、逆に妊娠後期にはアレルギー発症を高めるなどのリスクがある様です。

 

 

 

 

 

▼葉酸摂取量と高度生殖補助医療における受精率との関連

・葉酸の摂取量が多いほど体外受精の受精率が高くなる。

ハーバード公衆衛生大学院とマサチューセッツ総合病院の研究チームは、これまで食生活と生殖能力の関係について、多くの疫学研究や臨床研究の結果を報告しています。

今回は葉酸の摂取量と高度生殖補助医療の受精率の関係について発表しています。

試験は、ハーバード公衆衛生大学院が実施している環境中の物質と生殖能力との関連を調べることを目的に実施されている、「EART Study」という疫学調査に参加していて、マサチューセッツ総合病院で体外受精や顕微授精を受けている145名の女性の205治療周期を対象にしています。

疫学調査に参加している女性だからか、毎日の葉酸摂取量は多く、平均の摂取量は1843mcg(265-5586mcg)で、その74%は葉酸のサプリメントから摂取していたとのこと。

そして、葉酸摂取量で4段階のグループに分けて、受精率との関連を調べたところ、葉酸摂取量が増えるにしたがって、受精率も高くなることが確認されたというのです(77%、81%、84%)。

ただし、受精以降の治療成績との関連は認められなかったと言います。

このことから葉酸の摂取量は高度生殖補助医療における受精率と有意に関連すると結論づけています。

◎葉酸の補充について

葉酸は細胞が分裂する際にDNAが正しくコピーされるのに必須の栄養素であることから、葉酸が不足すると子どもの先天異常のリスクが高くなることから、厚生労働省も妊娠前から葉酸を補充することを勧めています。

ただし、葉酸の役割を考えると、葉酸の不足は特定の先天異常のリスクを高くするだけでなく、生殖細胞の成育全般に影響を及ぼすはずです。

その証拠に葉酸の摂取は体外受精時の卵の発育環境を向上させるとの報告がこれまでにも多くなされています。

ただし、その一方、妊娠後期になると葉酸の過剰摂取が子どものアレルギー発症リスクを高くするとの報告もありますので、特にに妊娠後は1,000mcg以上の葉酸を補充することは避けたほうがよいとされています。

 

 
 

| 2014.07.20 | PermaLink
1
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ