Blog of Integrated Naturopathy

暑さ対策にご注意!

 

 

ここ数日、冷房の冷えに依ると思われる、急性の頸椎症(寝違い)、

 

 

 

 

急性腰痛症(ギックリ腰)で来院されるクライアントさんが毎日続いています。

 

 

 

 

この暑さですから、エアコンを入れない訳には行けない!...わかります(>_<);;;

 

 

 

 

我が家にも犬が2匹いるので、一日中、あの子たちが快適な温度に冷やしています。

 

 

 

 

必然的に、人間には寒過ぎます。。。

 

 

 

 

思いつくまま、冷え対策をいくつか述べてみますね。

 

 

・一日一度は大汗をかく

・めんどくさいけどちゃんと湯船につかる

・お風呂から出る時はお水を浴びて、体表温度を下げることで深部体温を高く保つ

・常温以下のものを飲まない(腸温が低下するのが夏バテの一番の原因となります)

・甘い物をたべない(食事がとれなくなります)

・豚活用がおススメです。

・豚シャブ、チゲ鍋、豚汁、など、熱々のものを食べてください

・まめにシャワーを浴びて汗を流す事で皮膚呼吸を活性する

・睡眠不足が大敵!

・食欲がない時でもサプリメントで栄養補給を怠らない

 

 

 

 

このくらい対策すれば充分元気に夏を乗り切る事が出来るのではないでしょうか!

 

 

 

 

この暑さを上回るほどのパワーで、サイコーの夏をお過ごしくださいーー!!

 

 

 

 

Have a good Weekend!

 

 

 


| 2015.07.31 | PermaLink

産後のイラツキ、腰の痛み、etc・・・

 

 

 36歳、第1子2歳、第二子生後3ヶ月。

 

 

 

 

主訴:腰の痛みと骨盤のグラつき、背中から首の凝りと痛み、倦怠感、幸せを感じられない等諸々。

 

 

 

 

初回の施術後、ものすごく身体が楽になり、目がはっきりと見える、

 

 

 

 

腰も肩もありえないくらい軽い!こんなに身体が楽なのは数年ぶり!!

 

 

 

 

とよろこんでいたのですが、4日後の2回目の来院では見事に症状がぶり返していました。

 

 

 

 

なぜでしょうか?

 

 

 

 

A子さんに身体は、私たちが「バイタル」と呼んでいる、生命力がかなり低下している。

 

 

 

 

そのような時には風邪を始めとした、あらゆる感染症に罹患しやすい。

 

 

 

 

筋肉の収縮〜弛緩機能が低下しているので、肩や腰の凝りや痛みが発症しやすい。

 

 

 

 

深い睡眠が取れない。

 

 

 

起床時にダルくて、疲れが取れない。

 

 

 

 

精神的にイラつきや落ち込み、急な不安感や、いらぬ心配など、ネガティブな感情が生じやすい。

 

 

 

 

など、生きて行くチカラ=バイタル、が低下している状態では、

 

 

 

 

すべてが上手く機能しづらい状況となります。

 

 

 

 

A子さんは、上の2歳になる男の子を抱えながら、再び育児に追われています。

 

 

 

ほんとうであれば、通常の2倍の体力を発揮しながら、この難局を乗り切って行かなければならない

 

 

 

 

状況なのですが、残念ながら、体力という貯蓄が底を尽きようとしているのです。

 

 

 

 

でも、大丈夫です。

 

 

 

 

骨盤を中心とした、適切な施術と、育児期に必要となる栄養素をたっぷりと摂取して行く事により、

 

 

 

 

おどろくほど回復して行く事が出来ます。

 

 

 

 

育児期は、平時と比べてホルモンバランスも異なります。

 

 

 

ある条件さえ整えてあげれば、母体は赤ちゃんをしっかりと育むべく、

 

 

 

元気に回復して行きます。

 

 

 

子育てては、お母さんの元気がなにより大切なのです。

 

 

 

A子さん、昨日の5回目の来院では、見違えるほど活力があり、元気になっていました!

 

 

 

よかったです!

 

 

 

元気溌剌としたお母さんになり、幸せ一杯な育児期を過ごしてくださいね♬

 

 

 

 

暑いですが、いい一日をお過ごしください!

 

 

 

 

 


| 2015.07.29 | PermaLink

産後の腰痛タイプ1〜タイプ3 その2  産後の骨盤矯正

 

 

 

骨盤の靭帯を弛緩させる「リラキシン」というホルモンの分泌に伴い、

 

体重の増加や姿勢の変化により、妊娠中期以降に多発します。

 

 

 

お尻の奥の方に痛みが出たり、お尻から腿の後ろ側に痛みや痺れが出たり、

 

階段の昇降などの時や、片足立ちした時に痛みが現れます。

 

 

 

 

「近々来院された該当クライアントBさんの例」

 

現在、産後9か月になるBさん、妊娠38週目に右座骨神経痛での来院。

 

右足を着くとお尻の中の方にズキンっと鋭い痛みが走るという、

 

典型的な腸骨のオーバームーブによる梨状筋絡みの座骨神経痛でした。

 

 

2度の施術で当初10だった痛みは0にする事が出来たのですが、

 

出産後2ヶ月目に赤ちゃんを抱っこする時にまた同じ箇所を痛めてしまいました。

 

育児をしながらの腰痛は実に辛いものです。

 

 

施術を行ないながら家では仙腸関節を整える体操を暇さえあればやっていてだき、

 

3度目の産後矯正の時にはほぼ痛みも無くなり、

 

産前にはいていたGパンもはける位に骨格を正常化する事ができました。

 

現在は快調そのものです。

 

 

 

 

さて次は、

 

 

【 産後の腰痛タイプ3:椎間関節、腰筋、軟部組織の痛み】 デス!

 

 

..................continues.

 

 


| 2015.07.28 | PermaLink

産後の骨盤ダイエット

 出産では、骨盤の仙腸関節、恥骨結合と言う2つの関節がもうこれ以上開かない!

 

 

 

 

という「最大開口」まで開き、赤ちゃんが回転しながら産まれて来ます。

 

 

 

 

仙腸関節と恥骨結合の2関節は、その後、速やかに閉じて行きますが、

 

 

 

 

産前と産後とでは、やはり異なります。

 

 

 

 

腰回りが不安定に感じたり、見た目がボリューミーになっていたり、していませんか?

 

 

 

 

出産を終えた、「産後の骨盤」には、しっかりと整合性を回復する為の

 

 

 

 

『産後の骨盤ダイエット』

 

 

 

 

を施して上げてください! 立った瞬間に、カラダが整っている感覚を得ることが出来ます!

 

 

 

 

もちろん、腰の痛みを始め、腱鞘炎や首〜肩の痛みなどの、さまざまな育児疲労にも

 

 

 

 

効果は抜群です!

 

 

 

 

見た目もかなり変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側が初回、右側が1クール(5回)終了時の骨盤です。

 

 

 

 

 

骨盤の整合性を回復する「骨盤ダイエット」は、出産〜育児で疲弊した

 

 

 

 

ココロと身体を細胞レベルから元気溌剌とした状態へと変化させます!

 

 

 

 

出産後のすべての女性たちに受けていただきたいメソッドです。

 

 

 

 

ご予約はこちらから承っております! →  予約!

 

 

 

 

初めてで、すこし戸惑っている方も、お気軽にご相談くださいね!

 

 

 

 

どうぞ、いい週末をお過ごしください♬

 

 

have a Happiness weekend!

 

 

 


| 2015.07.25 | PermaLink

産後の骨盤矯正

 

33歳、第二子出産、産後6か月、A子さん

 

 

Before

 

 

After

 

 

 

 

 

 

 

Before & After での変化〜

・左右の整合性(お尻が締まって、左右のバランスが整っています)

・末広がりだったお尻が立体的に変化しています

・臀筋のリフト(お尻のボリュームが、Beforeは下&外方、Afterは中央&上方に変化しています)

・股関節大転子部位の狭窄(足の付け根が内側に締まって細くなっています)

・大腿部の縮小(写真ではわかりずらいですが、股が細くなっています)

・O脚の改善

・その他、腰痛、肩こり、首の痛み、脚のむくみ、腱鞘炎、倦怠感、気分の落ち込み、etc...

 

 

◎ 産後の骨盤を整えた人は、心身とも産前より元気に、美しくなります。

 

 

Let's Try♬

 

 

 

 


| 2015.07.24 | PermaLink

産後の骨盤矯正・比較考察

 現在38歳、第三子出産後10週目。

 

 

産後3週目より骨盤矯正を始め、5/1クール終了後のBefore〜After の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

ご本人曰く、「ちょうど第一子の出産後の同じ時期に、ストレッチしないキツ目のパンツを履いたら股の部分で全く履けなかったのが、今回はすんなりと履けてとてもビックリした!」

 

 

と、昨日の来院時におっしゃっていました。

 

 

それだけではありません。

 

 

骨盤を始め、体全体の骨格バランスが整う事で、疲れづらく、心身共に元気にいられるとの感謝の言葉を頂きました。

 

 

これは施術者として嬉しい言葉です。

 

 

疲れるとどうしてもキレやすくなってしまいます。そしてお決まりの自己嫌悪。

 

 

クォリティの高い子育てをするにはお母さんが元気溌剌としている事が何より大切です。

 

 

その為に、出産で開いた骨盤の整合性を速やかに整えるべきなのです。

 

 

骨盤は全身の中心に位置していますから、整う事で全身の調和が確立されていきます。

 

 

その反対も、然りです。

 

 

論より証拠、です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2015.07.24 | PermaLink

産後の骨盤矯正

38歳、第二子出産後5か月、F子さん

 

Before

 

 

 

 

After

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産後の骨盤矯正 Before ~ After 変化

・産前に履いていたGパんが緩くなりました

・臀筋が上中央にリフトして、キュッと締まりました

・出産でグラついていた骨盤がしっかりと安定しました

・背中が伸びてデコルテが奇麗になりました

・身体が整う事で気持ちが前向きになりました

・赤ちゃんが2倍可愛く思えます

・ & more & more & more 〜 

 

 

 

 

 

◎出産を経たすべての女性に産後の骨盤矯正をお勧めします。

 

健やかな子育ての為に

女性としての美しさを失わないために

 

Be healthy !   &   Be happy !

 

 

 


| 2015.07.24 | PermaLink

母親に鉄欠乏があれば子供が最も被害を受ける

 藤川徳美さんのフィードの転載ですが、これはうなずけます。

 

 

妊娠期、及び、授乳期における栄養の重要性をくどくどくどくど、、、

 

 

口を酸っぱくしてお伝えしていますが、

 

 

まずご一読ください。

 

 

 

 

 

『母親に鉄不足があれば子供が最も被害を受ける』

 

鉄不足があると、頑なになり、些細なことで切れやすくなります


職場や公共の場では人の目があるので、

そのような情動があっても表出する人は稀です

 

しかし、家庭では、特に子供に対してはストレートな感情表現を示します


すなわち、些細なことで切れて叱りつける、中には手が出る人もいます


後になって、”言い過ぎた””ひどいことしてしまった”と自責的になる人が多い

 

家の中がそのような状況だと子供は萎縮して怯えながら過ごすようになります


エスカレートすると、不登校、チック、抜毛症、などの心身症症状に繋がります

 

母親の鉄不足が改善すると、子供の些細な行動も許せるようになり、

切れなくなります


本当に叱らないといけない場面では、冷静に叱ることができるようになります

 

子供の心身症症状も改善します

 

家庭も円満になります

 

お宅は大丈夫ですか?

 

 

 

 

 

キレと自責の念。あなたを苛むネガティブな感情は、

 

 

微量栄養素が大きく係わっている、

 

 

食事の重要性、エーチーズ活用!お勧めします!

 

 

 

 

 

 

 


| 2015.07.23 | PermaLink

自然手技療法学院

私が主催している、・手技療法 ・食事栄養療法 ・運動療法、を用いて、

 

 

細胞レベルから元気溌剌とした健康体を目指して行く自然手技療法を

 

 

身につける為の学び場である、「自然手技療法学院」では、他校にはあり得ない

 

 

今までの卒業生が100%の達成率を誇る素晴らしい業績があります。

 

 

 

 

 

 

それは、学院に入学した全ての生徒たちが、基礎クラスの半年間を経て

 

 

卒業する時には、入学する前と比べて心身共に「ものすごく元気」になって

 

 

卒業していることです。

 

 

 

 

 

これは大変貴重なことなのです。

 

 

病気を治す西洋医学と異なり、代替療法の本分は人間が本来有している

 

 

自然治癒力、免疫力、生命力を高めるということにあります。

 

 

その結果として、病気や痛みなどは自然と癒されて行く、というのが自然療法の真骨頂です。

 

 

 

 

 

よって、整形外科でも腰痛は治ります。

 

 

しかし、自然手技療法で腰痛が治った場合には、膝の痛みも、肩こりも、あらゆる不調が

 

 

共に改善されて行く中で、腰痛が無くなって行くと言うのが特色です。

 

 

 

 

 

身体の歪みや凝りなどが無くなり、体質にあった食事を知ることが出来て、

 

 

基礎代謝がアップすることで、心底体調が良くなる。

 

 

自然手技療法学院は、そのような学技を学ぶ為の学校ですから、

 

 

入学した生徒たちは、まずは自分の身体の改善から取り組むことになるのです。

 

 

 

 

 

ひとり一人が、本当に元気溌剌として行きます。

 

 

 

 

 

ストレスや、子供の頃からの体調不全、どうやったら健康になれるのか?

 

 

そのような悩みを抱えている人の入校は大歓迎です!

 

 

 

 

 

自分自身が、細胞レベルから元気溌剌とした健康体となり、

 

 

毎日が楽しくて仕方がない、素晴らしい人生を謳歌してください!

 

 

 

 

 

 

click!

 

 

 

 

 

こんな動画を作って頂きました!

 

 

こちらもご覧くださいませ!

 

https://www.youtube.com/watch?v=FvUv94xTxl8

 

 

 

 

 

have a Beautiful day!

 

 

 

 

 

 

 


| 2015.07.22 | PermaLink

産後の腰痛について

 約10ヶ月を掛けて、最大開口位にまで広がった骨盤の関節群は、

 

 

およそ数時間という出産時間を経て、開口→収縮へと、急激な変化を強いられます。

 

 

ほとんどの女性がこの急激な変化に対応しきれずに、腰痛や尿漏れなどに苛まれます。

 

 

約半年〜8ヶ月を掛けて最終閉位を迎えますが、重い赤ちゃんを抱えての前傾姿勢

 

 

を昼夜繰り返す育児という行為の為に、多くの女性の骨盤の戻りはルーズな状態で

 

 

戻りが留まってしまうのです。(左図)        

 

 

 

ルーズで緩い状態になった骨盤では、残念ながら、腰痛、背中の痛み、尿漏れ、

 

 

恥骨痛、膝関節痛、腱鞘炎、首の痛みなどが多発する要因となります。

 

 

産後の骨盤矯正では、出産により広がった骨盤を、正しいポジションにしっかりと

 

 

回復していくことにより、出産で生じた様々な問題を解決していく最良の手段です。

 

 

出産後の皆さんに、ぜひとも受けて頂きたいメソッドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2015.07.17 | PermaLink
1  2  3   
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ