Blog of Integrated Naturopathy

最近の傾向性として・・・不妊矯正

 

 

 

最近の「赤ちゃんが欲しい方の自然手技療法ケア」の傾向性の一つとして、over40〜

 

つまり40才以降の方が当院のうわさを聞きつけて来院されるケースが多くなってきたように思います。

 

20世紀に平均寿命が30才伸びましたが、出産適齢期は昔と変わりません。

 

この時期はちょうど女性が社会でキャリアを形成して行く時期ときっちりと被っているのですね。。

 

親の年代では子供が2〜3人いても30才くらいまでには生み終わっているケースがほとんどでしたが、

 

今は初産の平均年齢が30歳を超えています。

 

 

 

自然手技療法の不妊矯正は、母体の健全性を高めて行くことにより着床率をアップして行こうと言うものです。

 

よって現在不妊治療を受けている方には最適なチョイスとなりますし、できるだけ自然に赤ちゃんが欲しいと考えている方には、

 

食事、運動、生活習慣、呼吸法、メンタルマネジメントなど、生命力を高めて妊孕性を高めて行くためのHow to を包括的に提案させて頂くことが可能です。

 

 

 

しかし40才前後になると、1周期を無駄にすることが出来なくなります。

 

不妊治療も検査後にダイレクトに体外受精か顕微授精へと進むケースが多いように思います。

 

それに合わせて、カラダの変革も早急に求められます。

 

食事の改善も、徹底したサプリメンテーションが必要となりますし、ガチのPFM(骨盤底筋)メソッドにて骨盤内臓器の血流改善も欠かせません。

 

 

 

不安の中で、ネットサーフィンしながら要らぬ情報の洪水の中で混沌と不妊治療を受動的に受けるより、

 

カラダを整え、PFMをしっかりと行ない、最適栄養状態に改善し、着床〜妊娠にとって最適体内環境を積極的に整えていく方がどれほど建設的、なおかつ効果的ではないでしょうか。

 

 

 

着床〜妊娠はゴールではありません。来るべき安産〜子育てに向けて、出来る限りその時期を早く駆け抜けてください!

 

そのために、母体の揺るぎない健全性を高め、赤ちゃんが来る前に、細胞レベルで少しでも健康度を高めてあげてください。

 

 

 

当院で母体を整えて、超健康を実感して妊娠した多くのお母さん達は口を揃えて「この子がきてくれる前にこんなに健康になれて本当によかった!」とおっしゃっています。

 

 

 

赤ちゃんがきてくれる前のプレ母体の改善、やるべきことは山のようにあるのですよ。

 

 

 

 

 


| 2016.10.31 | PermaLink

『最強の体調管理』・・新宿紀伊国屋本店

 

(新宿紀伊国屋本店・3Fビジネス〜自己啓発書)

 

前書「究極の体調管理」と並んで、平積みしていただいております。。

 

 

感謝、感謝、感謝です!!

 

 

みなさま、よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 


| 2016.10.30 | PermaLink

フェリチン値が40以下の人は妊娠してはいけません??

アメリカでは、フェリチン値が40以下の人の妊娠は推奨されないそうです。

 

とくに避妊治療の現場で言われていることらしく、その理由として着床しづらいことや、

 

流産や早産のリスクが高まるからだそうです。

 

フェリチン(貯蔵鉄)は通常の血液検査ではわかりません。

 

当院で「赤ちゃんの欲しい方の矯正」にお越しになる人の多くが、やはり鉄欠乏が

 

疑われます。貧血はあまりに身近であるために軽く考えがちですが、とんでもないことです。

 

鉄は生命維持のために必要不可欠なミネラルなのです。

 

妊娠だけではなく、肥満や、糖質依存症などの陰にも鉄欠乏があると言われています。

 

以下は「ケトン体が人類を救う」の著者であり、宗田マタニティクリニック院長である

 

宗田哲男先生のフィードです。ぜひお読みください。

 

 

 

女性の肥満、生理不順、様々な不定愁訴がある方に、フェリチンを測ると、ほとんどが鉄不足であることが分かります。鉄を補給していると、どんどん症状が良くなっていきます。

ヘモグロビンが12と言えば貧血ではないはずですが、フェリチンが5以下という方もいます。この場合も鉄の補給で見事に変わります。

3か月で甘いものが食べたいと思わなくなったという方がいました。糖質過多を克服できないのは、意志が弱いのではありません。鉄不足がそうさせているのです。

ただ今のフェリチンの基準値は5-100となっていますので、50以下でも30以下でも鉄不足だと、ほとんどの医者は思いません。

血清鉄は現金、フェリチンは貯金です。現金では、表向きなんとか回っていても、細胞や組織では貯金がないと呼吸できないのです。

解糖系はいわば現金での取引場、物々交換や質屋、大黒屋の経済方法です。鉄不足では解糖系を使わざるを得ません。甘いもので勝負してしまいます。
クエン酸回路は、大量に富を生む、金融業のロンダリング回路です。ピルビン酸をつぎ込むと回路が回るとドルやユーロにも変えて増やして、それを次に電子伝達系という資産運用機関に持っていくと効率的な運用をしてくれるので、物々交換では無理だった大量のATPが手に入る。(高井研:生命はなぜ生まれたのか)

この資産運用機関、電子伝達系には、チトクロームという鉄で構成される酵素が必要なのです。鉄不足では、効率的、資産運用ができないのです。
鉄!鉄!鉄!鉄こそ生命体の基本エネルギーのカギを握っています。

クエン酸回路は、またケトン体を産生するのも最適な回路です。脂肪酸を使い、鉄を燃やせば、生命体は癌でも寄せ付けません。ヒトにとっては、肉食は鉄も脂肪酸もビタミンも補給できて効率的で、生命維持の最高の原料になります。ケトン体と鉄、素敵な組み合わせです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2016.10.30 | PermaLink

速やかに不妊治療を終らせるためのリスクヘッジ・当院で出来ること

 

yahoo画像より転載

 
 
 
股関節や骨盤の整合性に歪みがあると、2足立位で生活しているだけで骨盤の内臓位置異常、それに伴う血流の停滞などが常態的に生じることになります。
 
 
簡単に言うと、正しく立つことができないと(靴の減り方の偏り)、
妊孕性が低下します。
 
 
構造物としての骨盤帯を整えて、内臓のポジションを引き上げ、血流を改善して行くこと、速やかに妊娠するためにとても重要です。
 
 
なぜなら一周期も無駄に妊活期間を送る事無く、できるだけ速やかに不妊治療を終らせるために、考えられるリスクはすべて是正して行く必要があるからです。
 
 
 
 
 
そして、構造体としての骨盤フレームのリセットワークにプラスして、血液の質(適切な栄養素の摂取)の改善が重要なのです。
 
 
活性酸素による酸化の影響をダイレクトに受る器官が二つあると言われています。
 
 
それが、脳と卵のふたつです。
 
 
 
酸化の影響を最小限に抑えるためには、食生活の改善と自律神経バランスの是正が必要です。
 
 
とくに今日から改善することのできる、食事の改善は、お母さんになる母体の健全性を決定して行くとても大切なことなのです。
 
 
よく野菜をたくさん食べているから、玄米食にしているから健康的である、と勘違いしている女性が多いですがとんでもないことです。
 
 
いち早く妊娠するためには間違いなく栄養失調を招きます。
 
 
 
 
精神的にも肉体的にも経済的にも多大な負担が発生する不妊治療は、できるだけ早急に駆け抜けて次のステップに進む必要があるのです。
 
 
 
 
そのためにすぐにでも始めて頂きたいのが、
 
 
 
・骨盤帯を中心としたボディーフレームのリセットワーク
 
・食事の改善による妊娠のために必要な適切な栄養素の摂取
 
 
 
の二つです。
 
 
 
 
 
母体となるあなたの身体の健全性が高まれば高まるほど、速やかに不妊治療を終了して次の段階に進むことが出来るのは当然なことなのです。
 
 
 
 
 
 
「骨盤帯を中心としたボディーフレームのリセットワーク」
 
プラス
 
「食事の改善による妊娠のために必要な適切な栄養素の摂取」
 
 
 
せたがや手技均整院の「赤ちゃんを希望する方の矯正」では、この上記2つに妊孕性を高めて行くセルフボディメソッドを指導させていただき、1日も早い不妊治療からの卒業を目指しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


| 2016.10.28 | PermaLink

あなたを変える・最強の体調管理/PHPより

 

CLICK!

 

 

2冊目の書籍がPHP社より発売されました。

 

健康本ですが前著「仕事ができる人は背中とお尻が美しい・究極の体調管理」と同様、

 

ビジネス書として仕上げてありますので、男性にも、キャリアウーマンにも、

 

仕事をしながら子育てをする女性たちにも、生活に則したヘルスプロモーションの

 

虎の巻としてお読みいただけるかと思います。

 

 

全国有名書店、amazon、などで発売中ですので、どうぞよろしくお願いします!

 

 

 

 


CLICK!

 

こちらも引き続き、よろしくお願いします!!

 

 

感謝です!!!

 

 

 

 

 

 


| 2016.10.26 | PermaLink

3ヶ月のボクと6ヶ月のおねえちゃん♬

 

 

おりこうに待っていてくれた2Baby's!

 

 

3ヶ月違うと大きさがぜんぜん違いますね〜。

 

 

一番可愛いこの時期、幸せいっぱいに子育てしてください♬

 

 

Be healthy♬〜Be happy♬

 

 


 

 

 


| 2016.10.19 | PermaLink

このお腹ナントカなりませんかっ!?

 

 

「このお腹、ナントカなりませんか!?」

「大丈夫、なりますよ!」

 

 

 

 

「産後の審美矯正」を行っていて、「産前より体重プラス2kgで1サイズダウン」が当院の

標準目標であることは、いままでも折にふれてお伝えして来たことであります。

 

 

ですが皆さんが最後まで悩まれるのが「コレ、何とかならないでしょうか?」といって

お腹のお肉をつままれます(笑・写真イメージ)

 

 

ですよね〜っw

赤ちゃんがお腹の中にいる時の10ヶ月間で、もうこれ以上伸びません!って

いうほど皮膚まで引き延ばされたのですから、ちょっとやそっとでは戻らないでしょう。

 

 

 

今年でここ用賀で開業してちょうど26年目になります。はやいですね。

おかげ様でいままでに延べ10万人を超えるクライアントの健康に携わらせていただきました。

ここ数年はマタニティケア、とくに産後の骨盤矯正&審美矯正の需要が著しく多くなって来ています。

昨年度は来院数の約3割、今年は現時点でも4割を超えるクライアントさんが

マタニティケアでの来院となりました。1日20人限定で矯正を行っておりますので、

毎日約10人前後の方が産前、産中、産後のマタニティ関連となりますね。

 

 

この様に毎日産後の骨盤矯正を行っていると、技術も日々進化しておりまして、

1年前とは隔世の感があるくらい施術自体も、効果も、著しく向上しています。

 

 

具体的に言うと、骨盤と全身の骨格を矯正するとともに、筋肉の引き締めを

同時におこなっていくメソッドへと変わっていきました。

 

 

身体の調子を整えていきながら、運動療法を同時におこない、

インナーマッスルを鍛えていくのです。

 

 

そのことにより、従来の矯正によりも著しい施術効果をご提供することが可能となっています。

 

 

産後の身体は、出産でダメージを受けた骨盤底筋を始めとして諸々のインナーマッスル群を強化して、

また皮膚まで伸びてしまったお腹周辺の引き締め、

そして10ヶ月プラス育児期でかなり弱ってしまった「筋のスタビリティ」と呼ばれている

身体をしっかりと支えていく為の筋肉の弱体化を元の様に鍛えていく必要があります。

 

 

わかってはいるけどジムに通う時間も無ければ、育児の合間を見て身体を動かす時間も

なかなか取れないのが現状です。

 

 

「手技療法プラス運動療法」の施術を受けることにより、骨格矯正だけでは難しかった

お腹のダボ付きもキレイにシェイプさせていくことが可能となったのです。

 

 

見方を変えると、骨盤矯正とパーソナルトレーニングが同時に受けることが出来る訳ですから、

かなりのお買い得感があると思いますよ → 産後の審美矯正!

 

 

お腹のダボ付きにお困りの方は、ぜひ一度ご相談くださいね!

 

 

Healthy & Happiness!!

 

 


| 2016.10.14 | PermaLink

妊娠中のビタミンB群濃度は小児の湿疹リスクに関連!

 

click ↑

 

 

母親が妊娠中に特定のタイプのビタミンB群が高濃度であった乳児は、生後12ヶ月時の湿疹のリスクが低い、というサウサンプトン大学からの報告です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2016.10.12 | PermaLink

貧血大国・日本....ぜひお読みください!

clock!

日本は「貧血大国」だ――妊娠を考えている女性は、貧血の恐ろしさを認識してほしい

 

 

 

赴任に悩むひと、育児中のお母さん、妊娠中の女性、おススメの一冊です!

 

 




 

 

 


| 2016.10.11 | PermaLink

子どもの"遺伝子エラー"も補修するホウレンソウの実力!

 

click!

 

 

ほうれん草はこれからの季節がエグミが少なくなって美味しくなります。

 

また成長期の子供の遺伝子エラーを修復してくれる働きがあるそうです。

 

詳しくは、画像をクリックして本文をお読みください。

 

 

 

 

 

 

 


| 2016.10.11 | PermaLink
1  2   
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ