トップ > Blog of Integrated Naturopathy > 高齢出産の落とし穴・・産後の整体の必要性

Blog of Integrated Naturopathy

高齢出産の落とし穴・・産後の整体の必要性

 

 

少し前のデーターのなりますが、初産で子供を産んだ人は全体の14.3%、

 

7人に一人の割合で高齢出産をしています。

 

第二子以降の出産を合わせると26%が高齢出産になります。

(厚生労働省、2014年人口動態統計より)

 

 

 

毎日、多くもママ達の産後の骨盤矯正を行っていますが、

 

高齢出産と言われる35歳なんて、まだまだぜんぜん若いよな〜ってぼくも思います。

 

ある意味、至極当然的で、なんの違和感も感じないというのが実感です。

 

 

 

しかしマタニティ関連というのは、やはり年齢ありき!なのですね。

 

30代前半、当然20代のママ達とは、はっきりと回復力が違うのです。

 

もちろん個人差がありますけどね。

 

 

 

マタニティビクスの田中ウィメンズクリニック、田中先生は、

 

25〜5のママ達のお産、特に妊娠中に運動量が多かった人は全く問題なし!

 

と言い切ってます。キッパリと。

 

 

 

確かにそうだろうなって思います。

 

しかし30代後半から40歳以降になると、まず血管を確保してからとか、

 

あらゆるリスクを想定してお産に望まれる、ともおっしゃっていました。

 

そうなんでしょうな。

 

 

 

出産したその後の産後の体のケアをしていると、

 

特に初産で、40歳というボーダーを超えて来院される方にはやはり少し気を使います。

 

 

 

神経質に矯正を行うことはもちろんですが、

 

次はいつまでに来てください、

 

まだまだ外出しすぎです。

 

ご主人とご実家に協力をしてもらってください。

 

世田谷区のケアセンター、オススメです。

 

もっと頻繁に矯正に来てください。

 

などなど、少しウザいくらいに細かいアドバイスをするというか、

 

せざるを得ないケースが多いと感じています。

 

 

 

世間で言われているニュースや先にあげた動態人口統計にしても、高齢出産率ばかりが騒がれますが、

 

今の医療技術をもってすれば、従来であればほぼ無理であった年齢や、

 

少ない、あるいは全く無い夫婦間の営み率でも高い確率で

 

妊娠〜出産をすることができるようになりました。

 

 

 

ですが、ですがです。

 

本番は、出産後の『育児期』の大変さなのです。

 

マタニティ関連は年齢であると申しましたが、もっとも年齢が色濃く反映されるのが、

 

育児期におけるママ達の回復力の差なのです。

 

 

 

ママ達の体力、回復力の差において、年齢は非情です。

 

若い時に徹夜して遊びまくっていた頃を思い出してください。

 

20代の頃はオールで朝まで遊んでいて、ちょい寝して、仕事中は辛いけど

 

夕方ごろには元気になって来て、次の日もまた遊びに行った、などの経験はありませんか?

 

40代になって朝まで遊んでいたら、回復に数日かかります。

 

これと同じなんですね、育児。

 

夜中にぐずられて、2〜3日寝れなくて、でも普通に毎日ず〜っと続くのが育児です。

 

 

 

髪の毛抜けませんか?

 

爪、弱くなっていませんか?

 

肌、あれていませんか?

 

目の下のクマ消えなくないですか?

 

 

 

これ全部栄養失調から来ています。

 

ご自分の栄養摂取に気を使う余裕ありますか?

 

ほとんどのママがないはずです。

これは40すぎての子育て中のママ達だけではなく、30代でも体力がないママ達にも言えます。

 

 

マタニティの本番は、出産から育児期です。

 

40代を超える子育て、あるいは体力のないままの子育てで注意が必要なのは、

 

腰が痛かったり、首が痛かったり、腱鞘炎や膝の痛みなどではなく、

 

気分の落ち込みです。

 

顔から、まるで能面のように表情が消えていきます。

 

こうなると本当に厄介です。

 

 

 

私たち手技者は、クライアントの体の歪みかたをはじめ、表情、佇まい、声のトーンや

 

歩き方などの外姿全般から、体調や心の状を推測していく技術を身につけています。

 

先日も目の周りを腫らして、あきらかに衰弱傾向が見られるママが来院しました。

 

彼女に必要なのは、何よりもまず最初に体をすこぶる楽にして、

 

深い呼吸ができる様に回復し、はぁ〜楽になった!

 

と言ってもらえる様な体の矯正をすることです。

 

体が楽になると、気持ちに少し余裕が出てきます。

 

ここで初めてアドバイスを聞いてくれる体制が整うというか、

 

外界からの刺激を受け入れる土壌ができるのですね。

 

 

 

みなさんに必ずお伝えする、育児に必要な3つのこと。

 

・気合い ・根性 ・体力!

 

しかし、体力が底をつき、気合いと根性だけでの育児はマジで厳しいものがあります。

 

私が常々言っております「すべてのママ達の産後の矯正を受けていただきたい!」

 

というのは、体力を落とさずに、高いレベルで維持しながら赤ちゃんと向き合ってね!

 

という思いからお伝えさせていただいているのです。

 

ママ達に元気があれば、体力に余裕があれば、今より数倍楽に育児ができて、

 

そのぶん何が起きようとも、落ち込まずに、イラつかずに、愛情たっぷりに

 

ベビちゃんと向き合えますから。

 

 

 

すべての産後ママ達、産後の矯正を受けてくださいね!

 

その場で体と気持ちの変化が実感できますよ。

 

産後の体のメンテナンスは、女性の人生の中で一番重要なことの一つだと、わかってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 


| 2017.11.04 | PermaLink
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ