トップ > Blog of Integrated Naturopathy > デザイナーベビィー

Blog of Integrated Naturopathy

デザイナーベビィー

 

 

『体外受精卵を作り、発育した胚より割球や胎盤の元になる細胞を取り出し、

次世代シークェンサーで遺伝子を調べ、異常の少ない受精卵を子宮に戻す方法。』

 

 

 

これが、究極の着床前遺伝子スクリーニングだそうです。

 

どこまでの遺伝子の異常を調べるかが問題となっているそうですが、

 

これらの技術から産まれた子供は、まさしくデザイナーベビィーと呼ばれる次世代の赤ちゃんです。

 

 

 

 

家畜を飼育する際に血統や肉質の調整、病気のリスクヘッジなどの

為の技術が人間にも施される、訳ですよ。。

 

 

夫婦間の遺伝子の組み合わせの中で、より健康で、より穏やかで、

より優秀な受精卵が選別可能となる、のでしょう。

 

 

現在、日本では着床前スクリーニングは認められていないそうです。

 

 

この様な潮流を、あなたはどう思いますか?

将来、この様な技術が普遍的なものとなったら、トライしてみたいですか?

 

_____________________________

 

せたがや手技均整院      院長:鈴木登士彦

158-0097 世田谷区用賀2-39-17 用賀駅東口駅ビル3F

tel: 03-3708-9236

mail: info@setakin.com

 

・・・病名は問いませんが・・

産後の骨盤矯正・産後の体幹トレーニング・更年期の運動療法

どうしても治らない痛みや機能障害・腰痛症・ひざ関節症

首の痛み・スマホ首・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア等

・・・などを得意としています・

____________________________________________________

 

 

 

 

 


| 2018.02.05 | PermaLink
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ