Blog of Integrated Naturopathy

鈴木登士彦『成功をつかむ強運な体のつくり方』大和書房の書評

 

 微表情研究家の清水健二さんから、とても嬉しい書評をいただきましたのでご紹介します。

 

清水さんはTVをはじめとした各種メディアでも活躍する、非言語コミュニケーションの研究をされている『空気を読むを科学する研究所』所長さんです。

『空気を読むを科学する研究所』 → click!

 

 

書評   ← click!

 

 

 

 

本日は、鈴木登士彦さん執筆の『成功をつかむ強運な体のつくり方』大和書房(2017年9月25日)の書評をさせて頂こうと思います。

 

本書を読んでいる最中、そして読後、私が痛烈に感じたことは、

 

科学理論と経験知との空間に彩を与えてくれる書

 

ということです。

 

本書のp.207に、「エビデンスがあっても実際にはあまり効果のない施術や、その反対にエビデンスが無いけれども抜群に効果が出る施術」とあります。

 

私は表情分析の専門家として学術書や学術論文を日々読んでいて思うことがあります。「理論はわかる、エビデンスもしっかりしている、でも実際、どうやるの?現実を変えるだけの効果をどう出すの?」そんなことを想うことが多々あります。

 

しかし、本書は科学理論だけでは不明瞭な「外姿力(がいしりょく:人物の人となり、魅力、「運気」が外見に反映している姿を意味する著者のことば)」の高め方を膨大な経験値から得られた具体的な方法で教えてくれます。

 

また科学理論はなくとも、おそらくそうであろう、と思われる経験則先行の外姿力の高め方も様々に披露され、人体が変化していく不思議を教えてくれます。

 

私の専門の世界に寄せて具体的に書かせて頂きます。表情フィードバック仮説という理論があります。表情フィードバックとは、楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるということを説明する理論です。この理論は多くの実験によって実証されていますが、これを用いて現実世界をどう生きるか、生きるべきか、生きたらよいか、どう活用すべきか、ということは通常、科学の世界では語られません。しかし本書には、表情フィードバック仮説という言葉は使われておりませんが、まさに表情フィードバック仮説の地に足のついた活かし方とその効用が鮮明に語られているのです(表情フィードバック仮説と同様の効果が身体動作にもあることが科学的にわかっていますが、これについても身体の使い方を具体的にどうすれば生き方をよりよくできるのか、外姿力を高められるかということが本書には語られています)。

 

他にも、表情の緊張具合とビジネス力との関係性や(p.74~)、食歴が人相、顔つきを作るという話(p.96~)、万国共通な外姿力(p.151)、外界の出来事の日々の受け止め方と表情との関係性(p.166~)などの話題は、特に表情・感情科学との関連性から興味深く、感覚的に大いに納得すると同時により詳しい因果プロセスを解明したい欲求に駆られてきます。

 

著者の鈴木さんは、これまで10万人のクライアントを観てきた手技療法家で、成功者の体の共通点を発見されたそうです。膨大かつ明確な経験則が基盤にあるため、巷の経験則本によくある安易に科学理論に寄せた見解をとるわけでなく、恣意的に科学理論を選択して自身の見解を擁護するわけでもなく、自信を持って、科学理論に即している方法、経験則に即している方法を紹介されているところに非常に好印象を受けます。

 

自分の感覚と頭脳を用いて、さらなる実感を得ていくために、本書で紹介された外姿力の高め方を実践していこうと思います。

 

まずは、私に最も響いた実践から、

 

筋トレと姿勢・腹筋が痙攣するくらいの大笑い・You are what you eat!

 

を胸に、行動に移行・継続していこうと思います。

 

良い書籍に出会えました。

 

 

清水建二

書評文献 

 

 

 

 



click!

 

 

 

 

 


| 2017.10.11 | PermaLink

更年期の運動療法〜!

 

 

 

病気の持つ性質に合わせた運動療法を行い、症状の改善に効果を発揮することは、医療行為としても充分な効果を持っていることは周知の事実として知られています。

 

 

もちろん更年期障害の症状軽減にも、運動療法はとても有効な手段として認識されているのです。

 

 

 

しかし、ただでさえ日常生活を送るのに支障があるのに、いくら効果的だからといって運動を始めるには、少し敷居が高く感じるのが一般的でしょう。

 

 

せたがや手技均整院の「女性の更年期矯正プログラム」では、全身の筋肉と骨格の整合性を回復した上で、無理なくインナーマッスルをはじめ、体幹部の筋力を引き締めながら、体調の改善を行なっていきます。

 

 

更年期時期の運動療法のメリットとして、症状の緩和はもちろんのこと、そのほかにも衰えた体力の回復、ボディラインの矯正を望むことができます。

 

 

そして、「女性の更年期矯正プログラム」で行う運動療法の最大のメリットとして、認知症やもろもろの生活習慣病の根本原因と言われているロコモティブシンドローム(運動器症候群)の最大の予防効果が望めるのです。

 

 

病院での治療や、漢方薬などは体質に合えばとても有効な治療法ですが、体を強くすることはできません。更年期には運動療法がとても効果的、なおかつ有効なメソッドです。

 


| 2017.10.02 | PermaLink

芸能人の男性更年期障害・・

 

 

タレントの渡辺正行さんが、男性更年期障害によるうつ病に苦しんでいたことは周知の事実として知られています。

 

 

ほかにも歌手の吉田拓郎さんや、漫画家の故はらたいらさん、お笑いの岡本隆史さんなどが有名で、男性更年期障害を広く一般にしられるようになったきっかけとなりました。

 

 

男性の更年期障害は、40歳半ば過ぎから発症するケースが多く、倦怠感、不眠、発汗異常、感覚異常、性欲減退などの不定愁訴を感じ、生活全般に不調を感じ始めるようになります。

 

 

女性の更年期障害が、閉経に伴う女性ホルモンの低下が原因となるように、男性もテストステロンという男性ホルモンの分泌量の減少が原因となり発症します。

 

 

このテストステロンは、20代をピークとして徐々に減少していきますが、近年の40〜50代の男性のテストステロンの分泌量は60〜70代の分泌量を下回っているという報告があります。

 

 

この年代は会社でも重責を負わなければならない立場にあり、生涯収入をはじめとした将来のエンドラインも見え始め、家庭では奥さんや子供とのすれ違いが顕著となり、疎外感や孤独感を感じやすい時期でもあり、慢性的に交感神経優位の状態で日々の生活を強いられるという特徴があります。

 

 

テストステロンの分泌は、副交感神経優位な状態で活性化されるため、趣味がない人や、運動習慣がない人はなかなか回復に時間がかかる傾向があります。

 

 

当院の「男性更年期矯正プログラム」は、肉体の整合性を取り戻し、テストステロンの分泌に最も効果的な運動療法、食事栄養療法を行うことにより、枯渇し始めた活力を取り戻すことを目的とした、とても効果的なメソッドです。

 

 

オス力を取り戻し、有意義な人生を歩んでみてはいかがでしょうか。

 

 

お問い合わせ  →  click!

 

 

 

 


| 2017.10.02 | PermaLink

男性にも更年期がある!・・ご存知でしたか?

 

 

・最近、夫がイライラして、朝から疲れているみたい・・

・寝つきが悪くなり、夜中に何度も目がさめる様になった・・

・夕方になると強い疲労感に襲われ、翌朝まで疲れが残る様になった・・

・趣味を始め、いろいろなことに興味が持てなくなった・・

・残りの人生に夢も希望も持ちづらくなった・・

・「疲れた…」が口癖となり、朝◯ちの回数がいちじるしく減少した・・

 

 

これらの心と体の不調は、LOH症候群と呼ばれる男性の更年期現象かもしれません。

 

女性の更年期障害が、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌の減少から引き起こされ、自律神経のアンバランスが生じるのと同様に、男性の更年期現象もテストステロンという男性ホルモンの減少から、さまざまな体と心のアンバランスが引き起こされます。

 

早い男性だと40代初めからこの様な体の変化が始まっていきます。

また元気を出そうとユン◯ルやリポビ◯ンDなどの滋養強壮剤を飲んでもなんら問題の解決には至りません。

 

 

男性の更年期障害には、手技療法により疲労の累積した全身の身体バランスを回復し、運動療法を行うことが最善の回復法となります。

 

 

困ったことに、このままではいけないと思うのですが、改善していこうとするやる気も根気も起きないのが男性更年期の特徴です。元気と活力を取り戻すべく二人三脚で取り組んでいくプライベートなケアリングが必要となるのです。

 

 

当院の「男性の更年期改善の運動療法プログラム」では、体と心の、やる気!元気!活力!に陰りが見え始めた中高年の男性が見違える様に生まれ変わっております。

 

 

ご自身の健康に不安が生じ始めたら、あるいはご主人の活力低下が気になりだしたら、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

☆ 中高年になっても休日には平日よりも早く目覚め、「今日は何をやろうか!」と意欲に燃える朝を迎えられるのが「健全な男性」の姿です!「男性の更年期改善の運動療法プログラム」により生涯青春を目指してください!

 

 

お問い合わせ →  CLICK!

 

 

 

 

 


| 2017.09.29 | PermaLink

冷房病について

 

 

 

 

ここ数日は「もどり梅雨」というらしいのですが、暑さが和らいで楽に過ごせています。

先日までの猛暑続きで、今年は6月後半から早くも夏バテの症状のクライアントさん

の来院が多く、これは体力勝負の夏になるな〜って覚悟していました。

 

 

毎年この季節になると、冷房により体調不良になる人が少なからずいらっしゃいます。

特に産後のお母さんは、ご主人やお子さんの方が体温が高いので、冷え対策が必要となります。

ご主人とは暑い寒いで喧嘩できるけど、赤ちゃんが汗びっしょりになっていると

有無を言わさずスイッチオン!となるようですね(笑)

 

この冷房病に関して、救命救急医の小山ヒサヤ先生のブログがわかりやすかったので

下記に転作させていただきます。夏の体調維持の参考とされてください!スズキ

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは「冷房病」です。
  
ですが、「冷房病」と言う医学的な病名は存在しません。
この記事ではあえて使用しますが、「冷房病」は「自律神経失調症」の範疇に入ります。
  

 

 

自律神経11

  
#自律神経とは?
自分の意思とは関係なく、無意識のうちに働いている神経です。
下の写真のように、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。
  
#自律神経の分類
(1)交感神経:活動の神経(アクセル)、主に昼間に働く
(2)副交感神経:休息の神経(ブレーキ)、主に夜間に働く
  
ちなみに交感神経は加齢でも衰えることはありませんが、副交感神経は男性が30歳、女性が40歳頃より衰え始めます。
年をとると怒りっぽくなる人がいるのは、交感神経が優位になっているものと思われます。
  
また男女の平均寿命が約10歳違うのも、もしかしたら副交感神経の衰えも原因の1つかもしれません(医学的な証明は難しいですが)。
  

 

 

自律神経12

  
#冷房病とは?
人間の体温調節をつかさどる自律神経は、気温差が5度以上の急激な温度変化に簡単に対処できません。
これを繰り返すと、体温を下げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスに異常をきたし、自律神経失調症の症状が出現します。
  
ちなみに冬場の暖房でも同様に内外の温度差を認めますが、厚着により体温の調節が補われ、冷房病の症状をきたすことはほとんどありません。
  
  
#冷房病の症状
足腰の冷え、肩こり、腰痛、頭痛、手足の疲労感、神経痛、消化器症状(食欲不振、便秘、下痢)、生理不順など。
夏バテの原因にもなりますし、更年期の症状にも似ています。
  

 

 

自律神経3

  
#冷房病対策
  
①外気温と室温の差を5度以内にする。
熱中症予防の1つとして、エアコンは必要です。
ですが、エアコンの設定はできれば27~8度が理想です。
  
②エアコンの風を直接肌に当てない。
できれば首筋を冷やさない方が良いとされています。
  
  
そして大切なのは次の項目です。
③自律神経失調症になりにくい生活習慣を心がける。
  
a.三食きちんと摂る。
食事(ご飯+タンパク質)は熱源の元となります。
夏バテの時は梅干しやクエン酸などがお勧めです。
  
b..夏でもできれば冷たいものを控える。
冷たい飲食物はできれば食後にしましょう。
空腹で摂取すると胃が疲れてしまいます。
  
c. 定期的な運動をする。
暑くなりすぎる前の、早朝のウォーキングをお勧めします。
できれば室温が快適なスポーツジムで、定期的に運動してほしいと思います。
屋内プールでスイミングまたはウォーキングでも良いでしょう。
  
d.お風呂は毎日湯船につかる。
シャワーで済まさないで、湯船で血行を良好に保ち、身体の内側から温まりましょう。
  
e.睡眠をしっかりとる。
エアコンをつけっ放しで寝る場合は、夜中に身体を冷やさないためにも、就寝中も27~8度が理想です。
  
  
これらの項目は、同時に熱中症対策にもなります。
⇒ 救急医からの提言:「水中毒」と「熱中症」
  
また自律神経のバランスを整える事は、肥満の防止にも繋がります。
⇒ モナリザ症候群
  

 

 

デブ専

  
ところで太っている人は汗っかきだから、体温が高いと思う方が多いかもしれませんが、実は違います!。
  
#太っている人は脂肪が多いので内臓は冷えきっています。
  
太っている人は、エアコンが効いた室内にずっといると、ただでさえ冷えている内臓が「これ以上身体を冷やすと危ない」と判断し、身体は体温を上昇させようとします。
その状態で外に出ると、今度は身体が熱を作り過ぎてしまったと思ってしまい、汗をどんどん出して体内の熱を放出しようとするのです。
この変動により身体にダメージが加わります。
  
太っていて熱がりの人の内臓は冷えているのです。
また筋肉・脂肪が少ない痩身女性は、夏は暑がり・冬は寒がりの人が多いです。
  

 

 

痩身

  
尚、女性が男性より10%程体脂肪率が高いのは、女性は男性より筋肉が少ないので、体脂肪で体温を維持するためという理由もあります。
ホッキョクグマなども寒さ対策に、体脂肪が多い身体になっています。
  
他のサイトでも「冷房病」に対して、細々とした対策が書かれていますが、「冷房病」とは暑さ対策ではなく、寒さ対策なのです。
私は運動して筋肉をつける事が一番大切と考えます。
  
体内からの熱産生の約6割を筋肉が担います。
ちなみに2割前後が肝臓や腎臓、残りの2割が褐色脂肪とされています。
  
  
最後に余談です。
⇊どうでもいい内容なので、この先は読まなくて結構です。
  

 

 

アザラシ

  
よく自虐的に、『私は昔、ブタみたいに太っていたのよ』という人がいます。
これは正しい表現ではありません!!
  
実はブタの体脂肪率は、14~18%とモデルの女性並みなんです。
体脂肪率が一番高い動物は、アザラシで50%前後です。
ちなみに競走馬は7~8%です。
  
今後自虐的に言う場合は、『ブタ』を『アザラシ』と言い換えるようにして下さい((+_+))
だから読まなくっていい・・って書いたでしょう( ^^) _旦~~
  
(画像はネットより拝借)

 

 

 

 

 

 


| 2017.07.28 | PermaLink

首の痛みと自律神経

 

 

 

梅雨明けしてから、いきなり梅雨のような天気になっていますね。。

台風5号が不穏な動き方をしており、明日から明後日にかけて日本列島の下の方を通過していく様です。

 

「頭痛〜る」っていうアプリをご存知ですか?

 

気圧の変動を教えてくれるアプリなのですが、低気圧の接近に伴い頭痛持ちの人は一気に体調を崩しやすいのですね。

当院のクライアントさんでも、必ず低気圧とともに来院される人が何人かいらっしゃいます(笑)

 

この原因は首にあるのです。

 

首は自律神経が張り巡らされている体の急所の一つで、首に問題が生じると気圧の変動に体の内圧の変化を同調させていくことが出来ずらくなるのです。

 

よって首に問題のある人は低気圧が嫌いです、というか低気圧に敏感ですね。

 

それだけでわありません。首に問題を抱えていると、自律神経のバランスの狂いから、吐き気やめまい、イラつきや落ち込み、体温調整が出来なくなったりもするのです。

 

 

 

本日も産後の育児ママが首が動かなくなって来院してくれました。

 

本当に首の問題での来院が多いですね。

 

自分でできるセルフコンディショニングとして、必ず湯船に浸かる、というのがあります。

 

やはり冷えは厳禁なのですね。

 

 

 

しっかりと湯船に浸かって冷えをとり、体調を整えて夏本番をお迎えくださいね!

 

 

 


| 2017.07.26 | PermaLink

閉経後の女性・最低限の運動で体重増加や疾患を予防できる!

click! 

 

閉経後の女性はカルシウムの吸収率が著しく低下することにより、骨粗しょう症をはじめとする

 

様々な疾患のリスクが高まりますが、最低限の運動を行うことで、それらの様々なリスクを

 

減らしていく事ができるようです。

 

 

私は1990年位開業以来、のべ10万人を超えるクライアントの骨格の矯正をしてきました。

 

その中で最も多いカテゴリーが中年期の女性が抱える体の変調に伴うものです。

 

いわゆる更年期に発症する実に様々な体の不調です。

 

色々なケースがありますが、全ての人に共通する大切な事が3つあると感じています。

 

 

一つは、しっかりとしたバランスの良い食生活を送る事です。

 

二つ目が、人間関係がしっかりしているか否か、です。

 

そして三番目が、背骨がしっかりと整っている事です。

 

背骨は体の大黒柱です。

 

背骨が歪めが内臓の働きをはじめ、全ての整理機能がうまく働きません。

 

 

更年期とは、多かれ少なかれ、誰もが経験する体の変革期です。

 

その時期をでいるだけ速やかに、あっさりと通り抜けるために心する事が、

 

食事、人間関係、背骨、の3つです。

 

 

そして毎日のルーティンとして体を動かす習慣が、体重の増加をはじめ様々な

 

病気のリスクヘッジとなるのです。

 

是非とも本文をお読みくださいね!

 

 

全ての人が今週も元気で、楽しい一週間をお過ごしください!

 

 

 

ご予約、お問い合わせはこちらからお願いします


 

 

 

 


| 2016.11.28 | PermaLink

究極の体調管理・人生を変えるハイパフォーマンス計画!

 

CLICK


拙著「究極の体調管理・人生を変えるハイパフォーマンス計画」

 

2月4日発売になります。

 

私がいつも皆さんにお伝えしている事のエッセンスが

ぎっしりと詰まった1冊です。

 

ぜひともお手元にお置きいただけます様、お願いします。

 

 

 

せたがや手技均整院 鈴木登士彦

 

 

 

 

 


| 2016.01.20 | PermaLink

出産後から20年間の腰痛〜仙骨の水平位捻転

 半年ほど前に初診でいらした3人のお子さんをお持ちのAさん53歳、美容師さんです。

20年前に3人目のお子さんを出産されてから、慢性の腰痛持ちになりました。

他にも首の痛み、寝違いをよく起こす、腱鞘炎、膝の痛み、不整脈、頭痛、肩こり、

& moer! って感じで、不定愁訴のデパートの様な女性です。

 

 

今までも整体や鍼灸などに通われたというか、通わないと辛くて仕事も出来ない!

と言う状況だったらしいのですが、楽になるのは2〜3日ですぐに元に戻っていたそうです。

本人も産後に原因があるのだろうとは思っていたらしいのですが、

産後から更年期にかけてを専門としている当院をネットで見つけての来院でした。

 

 

施術を始めてすでに半年ほど立ちますが、あんなに辛かった腰痛も大幅に軽減、

美容師のお仕事が忙しい時や、疲れがたまった朝などは少し辛いけど

来院前に比べると別物の様に楽になっており、

その他の不定愁訴もほぼ無くなり、数十年ぶりに元気な自分を楽しんでいるまでに

回復してきています。本当によかったです!

 

 

Aさんの場合、骨盤の中心にある仙骨と言う骨が水平面から見て右方向に捻れて

骨盤が閉位を取ってしまった事が問題でした。

骨盤を弛めながら仙骨の矯正を行っていくのは手技療法の最も得意とする技術です。

その点でAさんは当院にいらしてラッキーでした。

もう一つAさんがついていたのは、現在更年期で骨盤が揺動している時期に入っていた事です。

この時期は、産後で歪んだまま閉位を取った骨盤をリセットするのに最適な時期なのです。

 

 

産後から更年期にかけて女性の身体はダイナミックに変動していきます。

調子良く過ごすのも、不定愁訴をたくさん抱え込むのも、すべては背骨〜骨盤の状態いかん、

なのだなとつくづく思い知らされる事例でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2015.10.28 | PermaLink

これって更年期?

 医療機関での検査では何も問題ないのですが、毎日辛い症状を抱えている人は多いです。

本日来院されたクライアントさんも、朝起きると両手を始め節々が痛くて、

本人はリュウマチの心配をされていたので安心するために検査をお勧めしました。

結果はやはり白でした。よかったです!

 

 

検査を嫌がる人がいますが、安心する為に受ける必要がある思うのですね。

よってまず何か問題があれば病院で適切な検査をして、何も問題がなければ

背骨を中心とした骨バランスを整え、食事の改善を行い、基礎代謝を高めることで、

本来自分が持っている自然治癒力を高めて健康を取り戻すのが正しいあり方だと思います。

 

 

で、結局、そのクライアントさんは更年期でしょう、と、ご自分から。

実を言うとホットフラッシュも始まっており、自分でもそうかなっておもっていました、

と話してくれました。

まだ50歳前だし、こちらからこれは更年期ですよって言うのは、

シチュエーションがむずかしいですね。

だれも更年期って認めたくない気持ちがあるだろうし、女性ですからね。

 

 

更年期の時は骨盤を中心とした身体の調整が効果期待出来ます。

大丈夫です!全力で施術させて頂きますから!

体調が早く安定してくれる事を祈って。。

 

 

 


| 2015.10.24 | PermaLink
1  2   
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ