Blog of Integrated Naturopathy

食肉に関する怖いお話...

 

 

 

 

内海聡さんのコメントごとシェアさせて頂きます。


『以下は「まだ、肉を食べているのですか」 ハワード・E・ライマン&グレン・マーザー著からの要約抜粋。何度も書いているように私は肉食は否定しません。しかし今の肉は相当ヤバいですよ♪。

もしあなたがアメリカ人で肉食主義者(ミート・イーター)であれば、次のことを知る権利がある。それは、あなたが食べたほとんどの牛に共通する真実で、つまりあなたが食べている牛も「肉を食べている」ということだ。牛が屠殺されると、その重量の半分は食用にはならない。つまり腸や内容物、頭部、ひづめ、そして角などで、骨や血も「食べられない」。そこでこれらは、「レンダリング・プラント」(動物性脂肪精製工場)というところに運ばれる。そして巨大攪拌機(かくはんき)に投げ込まれる。ついでに言うと、「病気で死んだ牛は丸ごと放り込まれる」。

このレンダリング・ビジネスは、今や年間24億ドル強という売り上げの巨大産業となっている。そこでは年に400ポンドもの動物の死体を処理している。ひどい病気に罹った動物や癌になった動物、腐りかけた死体などのすべてが攪拌機に投げ込まれる。農場で死んだ家畜以外にも、動物保護施設で安楽死させたペットたちが、毎年600万から700万頭もの犬や猫たちがここに運び込まれる。ロサンゼルス市だけでも毎月、約200トンもの犬や猫の死体の山がレンダリング工場に送られている。それらには動物管理局に捕獲されたノラ犬やノラ猫、そして車で撥ねられた死体も入っている。

この「混合物」はレンダリング工場でミンチに刻まれ、高温蒸気で「調理」される。そして、軽い脂肪分が表面に浮いてくる。それらは化粧品や潤滑油、石鹸、ろうそく、そしてワックスの原料などに精製される。それ以外のより重いたんぱく質の原料などは、乾燥され、茶色の「肉骨粉」に加工される。そしてその約4分の1は、糞便である。その「肉骨粉」は家畜の飼料と同様に、ほとんどのペットフードの増量材として使用される。これが、農家で「濃縮たんぱく」と呼んでいるものだ。

1995年だけで屠殺場から約500トンもの、「食べられない」残り物が出ており、それらがこうして処理され、全米の動物たちの飼料として売られていく。私もかつて、そんな「エサ」を何トンも家畜のために買ってきた。しかし、「牛」を「牛」に食わせていたとは夢にも思わなかった。1997年8月にBSE、いわゆる狂牛病への不安が巻き起こった。これに対して米食品医薬品局は新しい規制を作り、牛などの反芻(はんすう)動物のタンパク質を、反芻動物に与えることを禁止した。しかしこの規制は形だけであったので、牛たちは今もミンチになった馬や犬、猫、豚、鶏それに七面鳥などの死体を食べている。それだけではなく、牛の死体から選別された血液成分や糞便まで食べているのだ。

たとえばアーカンサス州の平均的な農場では、毎年50トン以上の鶏の糞便を牛にエサとして食べさせている。その農民たちはこう釈明する。「鶏の糞がなかったら、俺らの飼っている牛の半分は売るしかないさ。他のエサは高すぎて買えないんだ。」 もしあなたが肉が大好きな「ミート・イーター」なら、これらの糞便が、あなたの食べ物の「食べ物」であることをしっかり覚えておいてほしい。アメリカで生産されるほとんどの肉が、ダイオキシンなどの発ガン物質で汚染されている。これは除草剤の一つで米軍が枯葉剤としてベトナム戦争時に用いたエージェント・オレンジに近い化学構造を持つ。さらにDDTがある。これは25年以上も前に、国内では禁止された悪名高い農薬だ。しかも未だに地中に残留している。困ったことにこの化学物質はなかなか還元されず、この先数千年にわたり残り続けると言われている。

しかも家畜用穀物は、人間用に比べ、びっくりするほど高濃度の農薬残留が許可されている。アメリカで消費される農薬の約80%は、たった4つの穀物をターゲットにしており、それがとうもろこし、大豆、綿花、そして小麦だ。つまりこれらは家畜に与える主要穀物である。そして家畜だけでなく他の動物は、農薬など他の毒性物質にまみれたエサを摂取するたびに、それらを脂肪に蓄積させる。だから家畜が、ほかの動物たちの肉から作られたエサを食べるとどうなるかというと、家畜が最大レベルの発ガン物質をたっぷり濃縮して脂肪に蓄え、それを我々が食べることになる。つまりたっぷり濃縮された発ガン物質が戻ってくることになる。ある面、これで「おあいこ」なのだ。

1975年に「環境の質に関する評議会」は次のように報告した。「人間が摂取したDDTの95%は、酪農製品と肉製品に由来する。」 もちろん我々の環境の中には数多くの発ガン物質が存在する。その発がん性物質が癌を発生させ、それが人を殺すほど成長するまでに10年、20年、あるいは30年の年月がかかる。だから癌の原因物質を科学的に特定することはできない。しかし今世紀、人類の人口に占める癌発生率は天井知らずに爆発的に増え続けているのだ。』
 

 


| 2013.10.09 | PermaLink

おススメの1本!

 

 

 

コンビニで買える!

 

お手頃価格!

 

便秘の人は朝晩!

 

ではない人は寝る前に!

 

1週間も続ければ便の変化が体感出来るハズ!

 

 

おススメです〜ヽ(^▽^@)ノ

 

 

 


| 2013.10.01 | PermaLink

大豆プロテイン〜

『 大豆食品パワー !!

大豆食品の摂取頻度が高い、閉経後の女性は、乳がんのリスクが低かったそうです (^-^)
2013年、日本の高山の研究報告です。

また、非喫煙者の男性は、大豆食品の摂取頻度が高いと、肺がんのリスクが低かったみたいです (^^)
2010年、日本の研究です。

経口避妊薬やホルモン補充療法を行っている女性は、大豆食品の摂取頻度が高いと、胃がんのリスクが高くなるみたいです(@@)
2012年、日本の研究です。

大豆食品、自分に合わせて、上手に食べることが、大事みたいですね ♪♪』

サルーテ歯科医院・千葉潤子先生より

 

 

 

 

 


| 2013.03.19 | PermaLink

この写真、アリなんですよ!

食育カウンセリングしていてビックリしますけど、 妊娠適齢期で、

 

 

不妊治療を受けている方でもこの写真のような食事をしながら「出来なくて....」

 

 

なんて言っている子がいるんですよ!

 

 

(写真/佐藤剛史さんより)

 

 

 

授乳期なのに、お目ざが菓子パンだったり..........ヾ(°∇°o)ノ

 

 

不思議です。。

 

 

 

 


| 2013.03.18 | PermaLink

ピロリ菌(ー)〜♬

 もちろん、いる訳は無いと思っていましたがピロリ菌(ー)。

「健康」を語る上でまずは「胃腸と皮膚」が大切。

邪魔なのが「ピロリ菌」。それさえいなければあとは簡単!

 


僕は別に血糖調整障害ではないのですが、最近糖質制限にハマっています。

トレーニングしていても体のエッジが効いてくる、とでも言うのでしょうか、

運動量などは変化していなのですが明らかに体が変化しています。

つくづく、運動はキッチンと抱き合わせでいかないと。。。

 


「食育」に携わる身でありながら、あらためて「人は食べたものになる」と

実感しています。

楽しいyo~(^o^)v♬

 

 

 


| 2013.03.18 | PermaLink

体に必要な物質(栄養素)

 不妊矯正に来院される方々の多くが、ひどいCarbon & Suger Eater、加えて健康維持に必要とされる

 

様々な複合的な栄養素が大幅に欠如されている、と感じています。

 

厄介なのが、本人がまったくの無自覚な事です。

 

食事は習慣性の行為ですので、「言われてみれば、ちょっとお菓子食べ過ぎかな〜」

 

くらいの認識しかないのです。

 

人間は食べ物によりいかようにも変化します。

 

食べ物=栄養素は3段階に分けて考えると解りやすくまとめる事が出来ます。

 

 

1:生命維持に必要な物質

 

2:健康維持に必要な物質

 

3:その上で必要な機能性食品

 

 

解りやすく言えば、いくら妊娠には葉酸が必要でも、生命維持に必要な物質、健康維持に必要な物質が

 

充足していない状態では大量の葉酸を摂取しても体内では上手くワークしないのです。

 

 

生命力に満ち溢れ、輝く健康状態で、しっかりと妊娠する。

 

 

これは自然手技療法の考える不妊矯正です。

 

 

 

 


| 2013.03.18 | PermaLink

トランス脂肪酸について

 栄養は「何を食べるべきか」と「何を食べてはいけないか」の2面から考えて行く必要があります。

 

その「食べてはいけない」物質の筆頭が「トランス脂肪酸」です。

 

Jeffrie Lauさんのコメントと共にアップさせていただきます。

 

 

 

 

 

《ジャンクフードは麻薬》


2010年3月に フロリダ州の研究機関が発表した情報によりますと ジャンクフードを食べたときの人間の脳内で ドーパミンD2受容体の減少が認められたそうです。 

これはコカイン中毒やヘロイン中毒と同じという事が科学的に認められたという事です。 

過去にも「ジャンク好きは中毒なんだ」と いう風に言われることが多かったのですが 科学的に証明されたのは初めてかもしれません。 



ジャンクフードとは 
エネルギー(カロリー)は高いが、 
他の栄養素であるビタミンやミネラルや食物繊維があまり含まれない食品のこと。 

「お砂糖の多い飲み物、キャンディー、ケーキ、油っぽいファーストフード、アルコールのように「不健康」と考えられるもの」

日本で具体的に言うと ラーメン、焼きそば、ファーストフード類、ドーナツ、フライドチキン、ポテトチップス・ポップコーン等々 




イギリスでは16歳以下を対象としたテレビ番組内での 
ジャンクフードの広告は実質的に禁止 

米国ではマクドナルドやキャンベルスープ、ペプシコを含む11の大きな食品販売業者が、12歳以下の子どもに対する、一定の栄養の基準を満たさない食品の広告を、自主規制 

コロラド州では既に 炭酸飲料(ソーダ)税を実施

台湾やルーマニアでは ジャンクフードに対し 課税する方針 

台湾
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2677436/5075225
ルーマニア
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2679845/5127404


ブルガリア政府は、全国の学校の食堂や売店からスナック菓子や清涼飲料水を撤去した。

韓国でも既にジャンクフードのTVコマーシャルは 午後5~7時は禁止だそうです。
(ハンバーガーのCMは野菜比率を上げて何とかクリア 
 一応放送OKらしい)

ハンガリーでは、砂糖や塩分の多い 飲食品に課税する通称 ポテチ税が既に施行

フランスでは砂糖の添加された炭酸飲料に課税する通称ソーダ税が既に施行



特に以下の実験内容が 興味深い 結果です。
_____________
今回の実験で ジャンクフードばかり食べさせていたラットは まず 食べる事が強迫行為となってしまい体重の増加がみられた  

後にジャンクフードを食べたら足に不快な電気ショックを与える実験には それを受けると分かっていてもジャンクフードを食べ続けた事 を確認

一方、バランスのとれた健康的なエサを食べたラットは 体重もさほど増加せず、後のジャンクフードに手を出すと与える電気ショックには すぐに適応し ジャンクフードを食べるのを止めた事を確認 

さらに、ジャンクフードばかりだったラットからジャンクフードを取り上げ 健康的な食餌に換えると、肥満ラットはハンストに入り、 2週間ほとんど何も食べようとしない、 

いわゆる自発的飢餓状態となり 中には「自傷行為」までしたラットもいたそうです。 
______________


そう思うと昨今の若者が「何だかダルイ」「食欲が沸かない」「何だかイライラする」とか  あながち嘘ではないようです

 

 

 

 


| 2013.03.18 | PermaLink

今月は...

 

毎年のことですが...年末年始をはさんで、

 

 

生理痛が重かった人が多かったのではないでしょうか?

 

 

なぜでしょうか...........

 

 

 

What you eat is What you are!!

 

 

 

私たちは、何を食したかにより、身体も、精神も規定されて行くのです。。。

 

 

 

私たちの血液は、食べたものによりまったく変わって行くのです。

 

 

 


| 2013.01.03 | PermaLink

勉強しよう!

 公共の場でうるさく、落ち着きのない子がいた。

 

 

 

その子は、キャンディ片手にお菓子を食べまくっている。

 

 

 

その子の弟は、痩せっぽちで、顔色悪く、アトピー。

 

 

 

僕たちのせいじゃないよ!

 

 

 

お母さん、勉強しようよ!

 

 

 

お母さん、ちゃんとしようよ!

 

 

 

子供き限らないけど、情緒不安定も、アレルギーも、

 

 

 

そのほぼすべてが食事が原因だってこと。

 

 

 

なんの疑問も持たずに、ごく当たり前に食べているあなたの食卓が

 

 

 

すべての根源だって言うこと、勉強しようよ!

 

 

 

食事栄養療法をしっていればどんなに人生豊かなことか!!

 

 

 

これ、本当ですよ!


| 2012.12.24 | PermaLink

これまた鉄欠乏!!!

鉄は生命維持の為に必要なとても大切な栄養素です。

 

 

足りない女性が多すぎる!

 

 

Check  this  ↓ ↓

 

 

 http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=37946&-lay=lay&-Find


| 2012.12.10 | PermaLink
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ