トップ > Blog of Integrated Naturopathy

Blog of Integrated Naturopathy

育児中のギッックリ背中・・・産後のトラブル編

 

ここ数日、急に寒さが厳しくなってきましたが、この寒さに伴い腰痛のクライアントの

 

来院が一気に増えています。

 

高齢者の方から、育児中のママまでと、年齢層は幅広いのですが、痛いのはみな一緒ですね...w

 

 

 

とくに育児期は、腰痛以外にも、毎日何度も赤ちゃんを抱っこしてしゃがんだり立ったりしますから

 

膝の痛みが現れたり、授乳していた首が固まったりもしますが、なんと言っても一番強烈な

 

キリリと痛んで、身動きが取れなくなってしまう痛みに「ギックリ背中」があります。

 

腰部捻挫をギックリ腰と呼ぶのと同様に俗名なのですが、背部捻挫のことです。

 

 

 

私たちの背中には背骨があり、この背骨は24対の関節があり、その上、胸郭と背骨の間にも

 

たくさんの関節が連なっています。ギックリ背中とは、この胸郭と背骨の関節捻挫のことを言います。

 

このたくさん連なっている胸郭と背骨の関節のどれか一つでもズレてしまうようなことが起きれば、

 

寝返り一つ、腕を動かすこともできないほどの強烈で鋭い痛みが起きます。

 

 

 

赤ちゃんの抱っこをはじめとした育児行為、前傾姿勢で重いものを持つという運動形態は

 

胸郭と背骨の関節に高不可をかけ続けるという悪影響がどうしても避けることはできないのです。

 

 

 

本人は腰ではないんだけど、とにかく痛くて動けません!と言って来院されます。

 

しかし痛みの割には、比較的すっきりと治ってくれるのもギックリ背中の特徴です。

 

 

 

実を言うとわたし、2週間ほど前にSUPをやっていまして、海から上がり、ボードを車の

 

キャリアに載せようとした瞬間に、このギックリ背中をしてしまったのですね〜(T0T)/~

 

最悪でしたが、なんとかセルフケアして運転しながら家までたどり着くことができました(涙)

 

その後ガチで、色々な器具を用いながらセルフケアして無事に立ち直りましたが、

 

いや〜、久しぶりにいい経験をしましたよ。本当にいかったです。。。

 

 

 

同病相憐むではないですが、ギックリ背中で来院された方には心より同情いたします。

 

でも、大丈夫です!

 

すっきりと痛みが取れますから。

 

 

 

こう寒くなると一気に筋肉も固まり、痛みを誘発しやすくなります。

 

くれぐれも、気をつけましょうね!(お互いに。。。)

 

 

 


| 2017.10.16 | PermaLink

繰り返す育時期の腰痛・・産後の腰痛編

 

 

育児中の腰痛で、これだけは絶対に避けたい!ということが起きるケースがけっこうあります。

 

それは、回復時に痛みがぶり返してしまう、という、マジで泣きたくなるようなケースです。

 

 

 

たとえ腰が痛くて寝返りを打つのが辛いような場合でも赤ちゃんは待ってはくれません。

 

やるべきこと、やらねばならないことは、健康な時と同じだけあるのです。

 

腰痛経験者ならおわかりいただけると思いますが、

 

やっとの思いで回復期に入り、今まで溜まったやらなければいけないことや、

 

いかなくてはいけないことを始めると、途端に腰に痛みが走ってしまい、

 

また腰痛が再発してしまう、このようなお母さんがけっこう多いのです。

 

 

 

腰痛はクセになると聞くと思いますが、これは初めて腰痛になったときに、

 

どこまできちんと治せるか否かにその後の腰痛人生が決まると言っても過言ではないのです。

 

誰も腰痛になりたくてなっている人などいません。

 

なってしまったものはしょうがない。

 

できるだけきちんと治しましょうね。

 

また元のように、いえ、出産で骨盤が緩んでいるときだからこそ、

 

たとえ産前に腰痛持ちだったとしても、綺麗に腰痛とは手が切れるくらいに

 

矯正することができるのも、産後の特性なのです。

 

 

 

骨盤が緩いから腰痛になりやすい。

 

ですが、緩いからこそ、徹底的に整えていくことができるのが、産後の体なのです。

 

 

 

当院の産後の骨盤矯正=産後のボディケアは、すべての出産を経た女性に受けていただきたい

 

産後には必要不可欠なメソッドなのです。

 

 

 

詳細はこちらをご覧ください → http://www.setakin.com/maternity/

 

 

 


| 2017.10.15 | PermaLink

育児中の腰痛・・産後の腰痛

 

 

ここ数週間、育児中のお母さんが腰痛になっての来院がとても多く見られます。

 

原因はさまざまですが、一つ言えることがあります。

 

それは、育児中の腰痛はまさに地獄の苦しみである!ということです。。

 

 

育児の体勢のほとんどが腰を屈める前傾姿勢で行われます。

 

この前傾姿勢というのは、腰の椎間板にかかる圧力が垂直姿勢の時の十数倍にも高まります。

 

しかも体の要の骨盤の関節が出産によりまだ十分に固定されていない時です。

 

そのような不安定な体の状態で、毎日なんども何度も、数か月に及び、腰に高負荷がかかる

 

前傾姿勢での育児を行わなければならないのです。

 

寝不足だったり、抱っこの時間が長かったり、さまざまなよくない因子がかさなり、

 

ちょっとした間の悪い動きの時に、ギックリ、ってなってしまうのです。

 

 

こうならないためにも、出産後には体のリセットワークをしっかりと行う必要があるのです。

 

すべての出産を終えた女性が、です!

 

自分の時間が取れないのはわかります。

 

もろもろ忙しいのもわかります。

 

しかし、産後の骨盤矯正は、ぜひとも受けていただきたいメソッドなのです。

 

本当に人生が変わるくらい体が楽になります。

 

ぜひ!

 

 

 


| 2017.10.13 | PermaLink

子どもの病気は食事で治す・・産後のお母さんへ

 

click!

 

 

 

育児中のお母さん、ぜひご一読ください。オススメ本です。

アレルギー、発達障害、肥満、糖尿。

ADHA、自閉症と診断されても落ち込まないで!

薬だけに頼らずに、食事路生活環境を変えていくだけでも症状が落ち着くのです(アマゾンより)。

 

 

なるべく薬に頼らずに、本来子供が持っている治癒力、免疫力を高めることで

体質を良好な状態に近づけて、症状の緩和がたもてれば理想的ではないでしょうか。

 

 

 

 


| 2017.10.13 | PermaLink

鈴木登士彦『成功をつかむ強運な体のつくり方』大和書房の書評

 

 微表情研究家の清水健二さんから、とても嬉しい書評をいただきましたのでご紹介します。

 

清水さんはTVをはじめとした各種メディアでも活躍する、非言語コミュニケーションの研究をされている『空気を読むを科学する研究所』所長さんです。

『空気を読むを科学する研究所』 → click!

 

 

書評   ← click!

 

 

 

 

本日は、鈴木登士彦さん執筆の『成功をつかむ強運な体のつくり方』大和書房(2017年9月25日)の書評をさせて頂こうと思います。

 

本書を読んでいる最中、そして読後、私が痛烈に感じたことは、

 

科学理論と経験知との空間に彩を与えてくれる書

 

ということです。

 

本書のp.207に、「エビデンスがあっても実際にはあまり効果のない施術や、その反対にエビデンスが無いけれども抜群に効果が出る施術」とあります。

 

私は表情分析の専門家として学術書や学術論文を日々読んでいて思うことがあります。「理論はわかる、エビデンスもしっかりしている、でも実際、どうやるの?現実を変えるだけの効果をどう出すの?」そんなことを想うことが多々あります。

 

しかし、本書は科学理論だけでは不明瞭な「外姿力(がいしりょく:人物の人となり、魅力、「運気」が外見に反映している姿を意味する著者のことば)」の高め方を膨大な経験値から得られた具体的な方法で教えてくれます。

 

また科学理論はなくとも、おそらくそうであろう、と思われる経験則先行の外姿力の高め方も様々に披露され、人体が変化していく不思議を教えてくれます。

 

私の専門の世界に寄せて具体的に書かせて頂きます。表情フィードバック仮説という理論があります。表情フィードバックとは、楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるということを説明する理論です。この理論は多くの実験によって実証されていますが、これを用いて現実世界をどう生きるか、生きるべきか、生きたらよいか、どう活用すべきか、ということは通常、科学の世界では語られません。しかし本書には、表情フィードバック仮説という言葉は使われておりませんが、まさに表情フィードバック仮説の地に足のついた活かし方とその効用が鮮明に語られているのです(表情フィードバック仮説と同様の効果が身体動作にもあることが科学的にわかっていますが、これについても身体の使い方を具体的にどうすれば生き方をよりよくできるのか、外姿力を高められるかということが本書には語られています)。

 

他にも、表情の緊張具合とビジネス力との関係性や(p.74~)、食歴が人相、顔つきを作るという話(p.96~)、万国共通な外姿力(p.151)、外界の出来事の日々の受け止め方と表情との関係性(p.166~)などの話題は、特に表情・感情科学との関連性から興味深く、感覚的に大いに納得すると同時により詳しい因果プロセスを解明したい欲求に駆られてきます。

 

著者の鈴木さんは、これまで10万人のクライアントを観てきた手技療法家で、成功者の体の共通点を発見されたそうです。膨大かつ明確な経験則が基盤にあるため、巷の経験則本によくある安易に科学理論に寄せた見解をとるわけでなく、恣意的に科学理論を選択して自身の見解を擁護するわけでもなく、自信を持って、科学理論に即している方法、経験則に即している方法を紹介されているところに非常に好印象を受けます。

 

自分の感覚と頭脳を用いて、さらなる実感を得ていくために、本書で紹介された外姿力の高め方を実践していこうと思います。

 

まずは、私に最も響いた実践から、

 

筋トレと姿勢・腹筋が痙攣するくらいの大笑い・You are what you eat!

 

を胸に、行動に移行・継続していこうと思います。

 

良い書籍に出会えました。

 

 

清水建二

書評文献 

 

 

 

 



click!

 

 

 

 

 


| 2017.10.11 | PermaLink

産後の審美矯正!

 

初回スタート・第二子出産7ヶ月目・38歳

 

 

 

 

 

2クール終了・劇的なヒップアップ

お腹のぜい肉、モモの太さ、巻き肩も改善!

現在、産後の肉体改善進行中!

 

 

 

 

 

 

 

 いまは100%お母さんですが、数年後に一人の女性としての人生が再開されます

 その時に慌てないために....

 

 

 

 

 

 

 

産後の体型の乱れは、仕方がないのではなく、自己責任です

きちんと整えることで、産前よりキレイになれるのが産後の体です

 

 

 

 

 

 


| 2017.10.05 | PermaLink

産後から更年期に続くカラダの変化

yahoo画像より転載

 

20世紀に人間の平均寿命が30年伸びました。

 

しかし困ったことに妊娠適齢期は以前のままです。。。

 

この時期はちょうど女性が社会人としてビジネスキャリアを形成する時期と

 

すっぽりと被っています。

 

困ったものです。。

 

避妊治療の受信者も年々増えて、低年齢化しています。

 

治療内容もタイミングからいきなり体外受精という流れが主流に変化してきているように思えます。

 

当院にも多くの不妊治療を受けながら通院しているクライアントが多くいらっしゃいます。

 

なぜなら、同じ不妊治療を受けていても、母体となるカラダを整えるのと

 

整えていないのではやはり結果に差が出るからだと思うのです。

 

別の見方をすれば、あまり耕されていない土地に種を蒔いての発芽と、

 

充分に耕して、ミネラルバランスも整った土壌にして種を蒔くのとの違い、

 

とイメージするとわかりやすいかもしれません。

 

でも不思議なのですが不妊治療、常に一定の割合で着床するかと言えばそうではなく、

 

着床する時には何人もの人が続けて着床する傾向があるのです。

 

これは今に始まったことではなく、以前からよく言っていますが、やはりそうなのです。

 

ちょうど今がその時期でして、毎週何人かの人から朗報を頂いています。

 

とても嬉しいですね。

 

不妊治療の場合には、お互いに一喜一憂しながら頑張って行くような感じがあるので、

 

良くない場合には私も落ち込みますし、うまくいった時には我がことのようにうれしいのです。

 

バイオリズムではないですが、何かの周期ってあるのかもしれませんね。

 

今朝うれしいメールを頂き、またヒットした!って、言葉は悪いですがそんな感じで(笑)

 

強い雨が降っていますが、気をつけて通勤されてくださいね。

 

いい週末をお送りください!

 

 

 


| 2017.10.05 | PermaLink

産後の体調管理

 

 

(先日の院の風景・笑)

 

 

産後はホルモンの変調から、自律神経系のアンバランスを引き起こし、体調の悪さが次々に現れやすい時期です。

 

出産は事故に例えると、全治3〜4ヶ月だと言われています。本来ならまだ点滴をしながら入院している時期に、朝から晩まで慣れない育児に翻弄され、それこそ不眠不休で頑張らなければ行けないのです。身体と心が悲鳴を上げて当然です。

 

大腕を振って身体のメンテナンスにお越し下さい!

 

腰が痛い、背中が張って辛い、手首が痛い、授乳していて首が固まる、膝の痛み、等等、きっと皆さまがご満足いただけます様に、全力でボディケアさせていただきます!

 

自然分娩なら4〜6週間、帝王切開なら8〜12週から始められるのがベストです!

 

皆さまからのご連絡をお待ちしております!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2017.10.04 | PermaLink

産後の審美矯正!

 

初回スタート・第二子出産2ヶ月、33歳

 

 

 

 

 

 

3クール終了。驚異的なのはお尻だけではありません

お腹はペッタンこ、デコルテは開き、腹筋のラインが薄っすらと出てきました。

しかし体重は産前プラス2kg!第二子出産後でここまで体型が戻るのはミラクルです。

現在は、さらなるシェイプアップを目指して頑張っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産前よりもキレイなラインを手にしているお母さんはたくさんいます

あきらめますか...?

詳細はこちらをご覧ください ↑

 

 

 

 

 


| 2017.10.04 | PermaLink

更年期の運動療法〜!

 

 

 

病気の持つ性質に合わせた運動療法を行い、症状の改善に効果を発揮することは、医療行為としても充分な効果を持っていることは周知の事実として知られています。

 

 

もちろん更年期障害の症状軽減にも、運動療法はとても有効な手段として認識されているのです。

 

 

 

しかし、ただでさえ日常生活を送るのに支障があるのに、いくら効果的だからといって運動を始めるには、少し敷居が高く感じるのが一般的でしょう。

 

 

せたがや手技均整院の「女性の更年期矯正プログラム」では、全身の筋肉と骨格の整合性を回復した上で、無理なくインナーマッスルをはじめ、体幹部の筋力を引き締めながら、体調の改善を行なっていきます。

 

 

更年期時期の運動療法のメリットとして、症状の緩和はもちろんのこと、そのほかにも衰えた体力の回復、ボディラインの矯正を望むことができます。

 

 

そして、「女性の更年期矯正プログラム」で行う運動療法の最大のメリットとして、認知症やもろもろの生活習慣病の根本原因と言われているロコモティブシンドローム(運動器症候群)の最大の予防効果が望めるのです。

 

 

病院での治療や、漢方薬などは体質に合えばとても有効な治療法ですが、体を強くすることはできません。更年期には運動療法がとても効果的、なおかつ有効なメソッドです。

 


| 2017.10.02 | PermaLink
前の10件   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ