トップ > Blog of Integrated Naturopathy

Blog of Integrated Naturopathy

世界標準の子育て・・

 

 

面白そうな本があったのでご紹介します。

以下、amazonの書評をコピペしておきます。

 

 

 

 

内容紹介

本書は、世界各国で行われている子育ての理論と実践を体系化し、1冊にまとめた子育ての本です。
一般的に、「子育てには正解がない」と言いますが、「明確な正解がある! 」というのが本書の主張です。著者は、日米で20年以上教育現場に携わり、これまで4000名以上のアジア人の育成をしてきました。
まず本書の前半では、アメリカ、イギリス、北欧、シンガポール、インド、中国、韓国などの国々で行われている教育の実情、それをふまえて、日本人の子育の間違いを、指摘していきます。

そして後半では、実践編として、子どもの子育てノウハウを体系化しています。
「子どもを社交的にさせる方法」
「子どもの頭をよくする絵本の読み聞かせ方」
「しつけを教える時の正しいタイミング」
「子どもにさせるべき習い事」
「勉強でつまずかないための方法」
「男の子と女の子の育て方の違い」
「やる気のない子どもへの接し方」
「思春期の子どもとの向き合い方」

などなど、子どものステージごとに親がすべきことを体系化しています。また、多くの親がぶつかることになる悩みにも応え、その解決策も丁寧に解説しました。
本書は、決して子どもをエリートにするための本ではありません。
地頭の良さ、あきらめない心、社交性といった要素を育て、どんな環境の変化にも負けない子どもを育てるための方法をまとめた1冊です。
この内容を「子育ての基本方針」としていただくことで、子どもの可能性や潜在能力は、一気に開花していきます。

出版社からのコメント

日本の教育方針は、明治時代から変わっていない、と著者の船津氏は言います。
家庭で「しつけ」を教え、学校で「読み書きそろばん」を教える。ですが、これからの時代、それでは不十分です。

1) 困難に負けない「自信」
2) 人生を自分で決めていくための「考える力」
3) 人に愛される「コミュニケーション力」

この3つが、世界標準の子育ての条件です。
しかし、日本・韓国・中国などのアジア文化では、この3つがバランスよく育ちにくい環境にあります。では、何を、どう変えていくべきなのでしょうか?

 

 

 

 


| 2017.08.08 | PermaLink

産後の骨盤矯正について

 

 

産後は体調の変化が著しく、全身の感じが今までとは異なったり、あっちが痛かったり

 

こっちが痛かったりと、特に新米ママさんはわからないことだらけだし、本当にたいへんですね。

 

 

 

しかし、産後の体はとても不安定ですから、拙い技術で体のケアを行うことは感心できません。

 

整体師も技術屋ですから、技術の習得にはどうしても個々人によりバラツキがあることは

 

否めません。

 

 

なぜこんなブログを書くのかというと、産後ママが下手に体をイジられて、

 

帰って調子が悪くなって来院するというケースがあるからです。

 

 

骨盤が緩んだ産後の体の矯正は、最新の注意と、しっかりとした理論に基づいた

 

安全性の高い施術をほどこすことが大切なのです。

 

 

もちろん産後ケアはとても重要です。

 

しかし、安いからいいとか、予約が取れやすいからとか、

 

その様なポイントでくれぐれも選択をしないでくださいね。

 

 

 

 


| 2017.08.05 | PermaLink

育児中の腱鞘炎・ドケルバン症候群

 

ドケルバン症候群

 

 

 

 

育児中の母親にかかる肉体的な負担は無視できない、そうとうなものがあります。

 

しかし母性のスイッチが入った状態では、我が身のことは一切省みず、

 

昼夜を問わず赤ちゃんに全力でエネルギーを注ぎ込むのです。

 

出産は事故に例えると全治3〜4ヶ月の重症と言われています。

 

本来ならまだベッドで点滴をしている状態の体で、特に初産の場合には

 

暗中模索の状態で新しい生命体と向き合い続けなくてはいけないのです。

 

当然、体には支障をきたします。

 

カラダ全身の整合性が狂っている、腰が痛い、首も痛い、背中が張る、膝が痛い、

 

そして手首も痛い。。。

 

 

 

この手首の痛みが実に厄介なのです。

 

首の座っていない赤ちゃんの頭を支え、脇に手を入れて持ち上げる、

 

ある時から親指の付け根に痛みが、ひどくなると腫れが出現してきます。

 

これは腱鞘炎の中の「ドケルバン症候群」とよばれるものです。

 

腱鞘炎の原因は使いすぎですから、2週間育児をしなければ治るのですが、

 

それはありえません。よって抱っこの物理的時間が減少する約11ヶ月までは

 

痛みが完全に失くならない場合がほとんどです。

 

しかしこれは指だけの問題ではなく、肩甲骨間のツボや、首、肩から腕の筋肉など

 

 多くの部位が関連しているので、親指に起こった炎症自体も、その周辺関連部位を

 

調整することでかなり緩和できるのです。

 

 

また、とても効果的なのが、親指用のサポーターです。

 

いいやつがネットで買えますからお尋ねくださいね。

 

 

 

 

以下、公益社団法人・日本整形外科学会のHPより転載いたします。

「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

手・指の症状手関節の症状

母指(親指)を広げると手首(手関節)の母指側の部分に腱が張って皮下に2本の線が浮かび上がります。ドケルバン病はその母指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある手背第一コンパートメントを通るところに生じる腱鞘炎です。

症状

手首(手関節)の母指側にある腱鞘(手背第一コンパートメント)とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母指側が痛み、腫れます。母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。

注:短母指伸筋腱は主の母指の第2関節を伸ばす働きをする腱の1つです。
  長母指外転筋腱は主に母指を広げる働きをする腱の1つです。

症状

①短母指伸筋腱(たんぼししんきんけん)
 主に母指を伸ばす働きをする腱の一本です。
②長母指外転筋腱(ちょうぼしがいてんきんけん)
 主に母指を広げる働きをする腱の一本です。
③腱鞘(けんしょう)
 ①と②の腱が通るトンネルです。

原因と病態

原因

妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。

病態

母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりして、さらにそれが刺激し、悪循環が生じると考えられています。
特に手背第1コンパートメント内には、上記の2種類の腱を分けて通過させる隔壁が存在し、これがあるために狭窄が生じやすいです。

治療

局所の安静(シーネ固定も含む)、投薬、腱鞘内ステロイド注射(特にトリアムシノロンは有効)などの保存的療法を行います。
改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く手術(腱鞘切開)を行います。その際、隔壁の切除と橈骨神経浅枝の愛護的操作が求められます。

 

 

 

 

 

 


| 2017.08.02 | PermaLink

冷房病について

 

 

 

 

ここ数日は「もどり梅雨」というらしいのですが、暑さが和らいで楽に過ごせています。

先日までの猛暑続きで、今年は6月後半から早くも夏バテの症状のクライアントさん

の来院が多く、これは体力勝負の夏になるな〜って覚悟していました。

 

 

毎年この季節になると、冷房により体調不良になる人が少なからずいらっしゃいます。

特に産後のお母さんは、ご主人やお子さんの方が体温が高いので、冷え対策が必要となります。

ご主人とは暑い寒いで喧嘩できるけど、赤ちゃんが汗びっしょりになっていると

有無を言わさずスイッチオン!となるようですね(笑)

 

この冷房病に関して、救命救急医の小山ヒサヤ先生のブログがわかりやすかったので

下記に転作させていただきます。夏の体調維持の参考とされてください!スズキ

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは「冷房病」です。
  
ですが、「冷房病」と言う医学的な病名は存在しません。
この記事ではあえて使用しますが、「冷房病」は「自律神経失調症」の範疇に入ります。
  

 

 

自律神経11

  
#自律神経とは?
自分の意思とは関係なく、無意識のうちに働いている神経です。
下の写真のように、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。
  
#自律神経の分類
(1)交感神経:活動の神経(アクセル)、主に昼間に働く
(2)副交感神経:休息の神経(ブレーキ)、主に夜間に働く
  
ちなみに交感神経は加齢でも衰えることはありませんが、副交感神経は男性が30歳、女性が40歳頃より衰え始めます。
年をとると怒りっぽくなる人がいるのは、交感神経が優位になっているものと思われます。
  
また男女の平均寿命が約10歳違うのも、もしかしたら副交感神経の衰えも原因の1つかもしれません(医学的な証明は難しいですが)。
  

 

 

自律神経12

  
#冷房病とは?
人間の体温調節をつかさどる自律神経は、気温差が5度以上の急激な温度変化に簡単に対処できません。
これを繰り返すと、体温を下げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスに異常をきたし、自律神経失調症の症状が出現します。
  
ちなみに冬場の暖房でも同様に内外の温度差を認めますが、厚着により体温の調節が補われ、冷房病の症状をきたすことはほとんどありません。
  
  
#冷房病の症状
足腰の冷え、肩こり、腰痛、頭痛、手足の疲労感、神経痛、消化器症状(食欲不振、便秘、下痢)、生理不順など。
夏バテの原因にもなりますし、更年期の症状にも似ています。
  

 

 

自律神経3

  
#冷房病対策
  
①外気温と室温の差を5度以内にする。
熱中症予防の1つとして、エアコンは必要です。
ですが、エアコンの設定はできれば27~8度が理想です。
  
②エアコンの風を直接肌に当てない。
できれば首筋を冷やさない方が良いとされています。
  
  
そして大切なのは次の項目です。
③自律神経失調症になりにくい生活習慣を心がける。
  
a.三食きちんと摂る。
食事(ご飯+タンパク質)は熱源の元となります。
夏バテの時は梅干しやクエン酸などがお勧めです。
  
b..夏でもできれば冷たいものを控える。
冷たい飲食物はできれば食後にしましょう。
空腹で摂取すると胃が疲れてしまいます。
  
c. 定期的な運動をする。
暑くなりすぎる前の、早朝のウォーキングをお勧めします。
できれば室温が快適なスポーツジムで、定期的に運動してほしいと思います。
屋内プールでスイミングまたはウォーキングでも良いでしょう。
  
d.お風呂は毎日湯船につかる。
シャワーで済まさないで、湯船で血行を良好に保ち、身体の内側から温まりましょう。
  
e.睡眠をしっかりとる。
エアコンをつけっ放しで寝る場合は、夜中に身体を冷やさないためにも、就寝中も27~8度が理想です。
  
  
これらの項目は、同時に熱中症対策にもなります。
⇒ 救急医からの提言:「水中毒」と「熱中症」
  
また自律神経のバランスを整える事は、肥満の防止にも繋がります。
⇒ モナリザ症候群
  

 

 

デブ専

  
ところで太っている人は汗っかきだから、体温が高いと思う方が多いかもしれませんが、実は違います!。
  
#太っている人は脂肪が多いので内臓は冷えきっています。
  
太っている人は、エアコンが効いた室内にずっといると、ただでさえ冷えている内臓が「これ以上身体を冷やすと危ない」と判断し、身体は体温を上昇させようとします。
その状態で外に出ると、今度は身体が熱を作り過ぎてしまったと思ってしまい、汗をどんどん出して体内の熱を放出しようとするのです。
この変動により身体にダメージが加わります。
  
太っていて熱がりの人の内臓は冷えているのです。
また筋肉・脂肪が少ない痩身女性は、夏は暑がり・冬は寒がりの人が多いです。
  

 

 

痩身

  
尚、女性が男性より10%程体脂肪率が高いのは、女性は男性より筋肉が少ないので、体脂肪で体温を維持するためという理由もあります。
ホッキョクグマなども寒さ対策に、体脂肪が多い身体になっています。
  
他のサイトでも「冷房病」に対して、細々とした対策が書かれていますが、「冷房病」とは暑さ対策ではなく、寒さ対策なのです。
私は運動して筋肉をつける事が一番大切と考えます。
  
体内からの熱産生の約6割を筋肉が担います。
ちなみに2割前後が肝臓や腎臓、残りの2割が褐色脂肪とされています。
  
  
最後に余談です。
⇊どうでもいい内容なので、この先は読まなくて結構です。
  

 

 

アザラシ

  
よく自虐的に、『私は昔、ブタみたいに太っていたのよ』という人がいます。
これは正しい表現ではありません!!
  
実はブタの体脂肪率は、14~18%とモデルの女性並みなんです。
体脂肪率が一番高い動物は、アザラシで50%前後です。
ちなみに競走馬は7~8%です。
  
今後自虐的に言う場合は、『ブタ』を『アザラシ』と言い換えるようにして下さい((+_+))
だから読まなくっていい・・って書いたでしょう( ^^) _旦~~
  
(画像はネットより拝借)

 

 

 

 

 

 


| 2017.07.28 | PermaLink

育児中の腰痛について

 

yahoo画像より

 

 

 

先日来院された、37歳、第二子を6ヶ月前に出産されたお母さんの症状は、腰から足の付け根がズキッと痛む、といものでした。

 

妊娠後期にも同じようにお尻から足の付け根の痛みがあったけど、出産したらいあまり痛みを感じなくなった。

しかし、2ヶ月目くらいから腰に疲労が溜まり始めて、朝起きる時にはかなり痛く、座って立つときにも腰が伸びづらい、とう症状が徐々に進んだ、とのことです。

 

最近では腰よりも足の付け根の方が痛い、という育児期の典型的なケースです。

 

 

 

これは典型的な腰の歪みが骨盤だけでは支えきれずに、股関節の狂いを生じたケースです。案の定、骨盤の歪みは強いものがありました。

 

しかし、その根底に骨盤の関節の緩みがあり、この緩みが根本的腰の痛みの原因であり、とても厄介なのです。

 

 

 

第二子出産で、上の子がまだ手がかかる年齢だとどうしても体の使い方が大雑把になりがちです。初産の時とは異なり気持ちにも少し余裕があるし、上の子もいるし、やらなければいけないことがてんこ盛りある中で、骨盤ベルトなんてメンド臭くてつけない。そんなこんなで骨盤がルーズな感じで戻りきれない。

 

当然お尻のラインも拡がっているし、痛みなどの機能的な諸問題も多発します。

 

 

 

 

施術は、骨盤を中心に、体全身の筋バランスと、骨格の矯正を行いました。痛みはその場でほぼゼロにする事ができました。

 

 

出産後の骨盤矯正は、本当に全員が受けて欲しいと、真剣に思います。

 

 

ビフォー&アフターで体の感じがまったくちがいますから。。

 

 

 

 

 


| 2017.07.27 | PermaLink

リブログ・〜・産後の審美矯正

ご自宅を引っ越される予定があったので、短期間で集中的に施術させていただき、

 

ご本人もとても頑張ってくださり、かなり高い結果を出せた施術例です。

 

とても記憶に残るケースでしたので、リブログさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

2/24 第一子産後5ヶ月スタート!

 

 

 

3/22

 

 

 

 

 

4/21。1サイズダウン&体重は産前よりプラス2kg!

本人談「ここまで変わるとは思っていませんでした!

ミラクルです!」

 

 

 

変わっているのはお尻だけではありません。

デコルテや巻き肩も開き、 下腹は締まり、

足首もシャープに締まっています!

 

 

 

 

産後は産前より細く、キレイになれるのです

 

 

 

 


詳しくはこちらをご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 見た目だけではありません。尿もれ、下腹 etc..の弛みも骨盤のしまりと同調します

 

 

 

 

 

 


| 2017.07.26 | PermaLink

首の痛みと自律神経

 

 

 

梅雨明けしてから、いきなり梅雨のような天気になっていますね。。

台風5号が不穏な動き方をしており、明日から明後日にかけて日本列島の下の方を通過していく様です。

 

「頭痛〜る」っていうアプリをご存知ですか?

 

気圧の変動を教えてくれるアプリなのですが、低気圧の接近に伴い頭痛持ちの人は一気に体調を崩しやすいのですね。

当院のクライアントさんでも、必ず低気圧とともに来院される人が何人かいらっしゃいます(笑)

 

この原因は首にあるのです。

 

首は自律神経が張り巡らされている体の急所の一つで、首に問題が生じると気圧の変動に体の内圧の変化を同調させていくことが出来ずらくなるのです。

 

よって首に問題のある人は低気圧が嫌いです、というか低気圧に敏感ですね。

 

それだけでわありません。首に問題を抱えていると、自律神経のバランスの狂いから、吐き気やめまい、イラつきや落ち込み、体温調整が出来なくなったりもするのです。

 

 

 

本日も産後の育児ママが首が動かなくなって来院してくれました。

 

本当に首の問題での来院が多いですね。

 

自分でできるセルフコンディショニングとして、必ず湯船に浸かる、というのがあります。

 

やはり冷えは厳禁なのですね。

 

 

 

しっかりと湯船に浸かって冷えをとり、体調を整えて夏本番をお迎えくださいね!

 

 

 


| 2017.07.26 | PermaLink

授乳時の首の痛み

 

 

あまりぱっとしなかった梅雨も明けて、暑い日が続いていますが、お元気にお過ごしですか?

 

 

最近、授乳時に首が固まって動かなくなっての来院が多いです。

 

授乳しながらスマホ見ていて、そのまま上が向けなくなって、あれ〜っという間に首が動かなくなっちゃった!というのです。

首のトラブルは、肩甲骨の間に放散痛と呼ばれる、痛みが波及していくのが特徴です。

 

 

これ、ツライですよね〜。。ただでさえ暑いし(笑)、ホントやめてほしい。。

 

 

主な原因は2つあります。

 

外出時に汗をかき、冷房の効いた室内に戻った時に首が冷えて、気化熱で首の筋肉が固まる、ということを何度も繰り返していくうちに、どんどん首が固まっていって、あるボーダーを超えた時にちょっとしたきっかけで動かなくなるものが一つ。

 

そしてもう一つが、育児中の諸動作により背中の筋肉に疲労を溜め込み、背中の筋肉のコリが首にまできて、首で爆発してしまうタイプの2つです。

 

腰もそうですが、首が痛いといろいろなことがなにも出来なくなってしまいますね。

 

自分で改善する一番効果的な方法は、シャワー活用です。

 

後ろ向きにシャワーを、首から背中にかけて、徐々に熱くしていきながら、手を前に伸ばし、背中を丸めて、うつむきながら、背中から首にかけての筋肉をストレッチしていきます。

 

首は神経や血管が張り巡らされている、少し神経質な場所ですから、揉んだり、指圧などはしないほうがいいですよ。

 

また、首のトラブル全般は、首だけの問題ではなく、必ず骨盤から腰部、体全体の歪みを伴いますので、全身調整にいらしてくださいね。

 

 

 

次は、首が固まることにより引き起こされる、自律神経バランスの乱れについてお話ししましょうね。


| 2017.07.26 | PermaLink

まるでセミ時雨・・・(^^;;;

 

 

 

先日のことです。

 

 

その日は赤ちゃんがとにかく多い日で、

 

 

11時代の時には、双子ちゃん、&二人の赤ちゃん

 

 

という4人の赤ちゃんが一度に院内にいる時間帯がありました。

 

 

当然と言えばというあたり前のことなのですが、

 

 

ふたごちゃん、泣くときも一緒なんですよね(^^;;;

 

 

すごいですね、ハーモニーというか・・・・

 

 

しかも伝搬しますよね、赤ちゃんが泣くのって・・・

 

 

それは、それは、それは・・・(^^;;;;

 

 

 

 

 

 

 

つくずく・・・子育て中の全てのママたち、

 

 

ほんとに、ほんとに、ごくろうさまです!m(-'-)m.........

 

 

あらためて、ほんとに、ごくろうさまです。。。

 

 

 

ほんとに、尊敬しています!!

 

 

 


| 2017.07.22 | PermaLink

産後の審美矯正・ボディメイク!

     →

 

 

本日来院された、41歳、第一子3歳、第二子6ヶ月のお母さん、早くも1サイズダウンです♬

 

このあいだの週末に、産前より1サイズ下のGパン買いに行ったそうです(笑)

 

本人談「なんか気が大きくなってきました!」ですって(笑)。

 

 

 

 

出産後に産前より1サイズ下のGパンが履けるのって、魅力ありませんか?

 

 

 

 

 

 

詳細はこちらをご覧ください


click

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願いします

click

 

 

 

 

 

 

 


| 2017.07.19 | PermaLink
前の10件   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ