トップ > Blog of Integrated Naturopathy

Blog of Integrated Naturopathy

産後のファンクショナルダイエット!好評です!!

 

before        〜       after

 

 

 

 

before        〜       after

 

 

 

 

詳しくはこちら  →  click here!!

 

 

 

 

 

お問い合わせ・ご予約はこちらからお願いします


 

 

 

 

 

 


| 2017.01.06 | PermaLink

おめでとうございます 2016'01'01

 

 

明けましておめでとうございます

 

ご縁をいただいた皆様に幸多い一年であります様、祈念いたします。

 

 

 

骨格を正し、正しい食事をとり、正しく物事を捉え、

 

生活を正して細胞レベルから健康になる。

 

そのためにまずは己を律して、少しでも正しい自分に成長していく、

 

その様な実感を日々感じながらことし一年を過ごして行きたいと思います。

 

本年も皆様の健康の一翼を担わさせていただけます様

より一層の精進をいたします。

 

 

本年もよろしくお願いいたします。

せたがや手技均整院  鈴木登士彦

 

 

 


| 2017.01.01 | PermaLink

本年もありがとうございました!

 

 

 

今年は平年より1日早く29日で仕事を納めさせていただきました。

 

今週は予約の取れなかった方、また本日のご予約を希望されていた方、

 

申し訳ありませんでした。。

 

来年は5日(木)より営業いたします。

 

週末を除きまだいくつかのコマで空きがございますのでご連絡ください。

 

 

今年も皆様には本当にお世話になりました。感謝、感謝です。

 

本当にありがとうございました。

 

来年もより一層、いい施術を行なっていきますので、

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

皆様が素晴らしい新年をお迎え出来る様、心より祈念いたします。

 

ありがとうございました。

 

せたがや手技均整院  鈴木登士彦

 

 

 


| 2016.12.30 | PermaLink

『健康・幸福・強運』三位一体の最強コンディショニング

先日収録しました

『健康・幸福・強運』三位一体の最強コンディショニング

youtubeにアップされました!

 

ぜひご視聴くださいませ!

 

いいこと言っていますよ(笑)

 

click!

 

 

 

 

 

 


| 2016.12.23 | PermaLink

流行の胃腸炎には五苓散!

 以前にも何度かアップしていますが、内科医で漢方医である鈴木功医師のフィードを転載させていただきます。東京都が発令するほどノロ、ロタなどの胃腸炎が蔓延しています。特の子供の松寿おは酷いものが多いといいます。ぜひご一読ください。

 

 

NHK7時のニュースで感染性胃腸炎の話題が出ていました。相変わらず、感染症の専門家は特効薬である五苓散のことにはまったく触れませんので、毎年のことではありますが3年前の記事を今年も再び上げておきます。漢方医としては広く一般に広まってほしい知識です。
 
 感染性胃腸炎流行しています。
この時期、嘔気、嘔吐があって下痢を伴えば、まず感染性胃腸炎と判断していいと思います。
原因となるウイルスではノロ、ロタが強い症状を引き起こすとして知られていますが、ほかにも同様の嘔吐下痢症状をおこすウイルスはあるので、検査をしてウイルスを調べること自体にはあまり意味はありません。
病態的には東洋医学的には水毒状態としてとらえています。噴水状の嘔吐は水逆の嘔吐といいます。
西洋医学的に病態を説明すれば、ウイルスの感染により胃腸の機能が停止し、水分の吸収ができなくなるため、腸にたまった腸液はそのまま下痢となり、胃液がたまると噴水状に吐いてしまうことになります。当然脱水状態になってのどが渇きますが、水分をとれば、ふたたび吐くだけですのでさらに状態は悪化してしまいます。
西洋医学的には、吐き気止めや下痢止めは効果なくかえってよくないので、もっぱら対症療法的に点滴などで脱水を予防しながら自然に回復するのを待つしかないとなっています。
またウイルスに効く薬などの特効薬はありません。手洗いうがいなどの予防が大切です。
などとテレビなどで権威のある先生が解説しているのを聞いたことがあると思います。 自然経過では2,3日は苦しむことになります。予防といっても、家族の中の一人発症すれば、感染力はとても強いので、防ぎきれるものではありません。
この状態にたいして五苓散という特効薬があります。薬局でも普通に購入することができますし、医療機関にもあります。
外来においては最初の一回は吐き気があるため微温湯(10㏄ほど)にとかして注腸し、点滴をしますが2時間後くらいにはもう効いてくる場合がおおいですし、その後翌日にはかなり改善しています。
個人の医療機関でも、救急外来においても非常に威力を発揮する治療方法であり、漢方医に限らず、おおくの医療機関に当たり前にひろがってほしいのですが、感染症の専門医はまったく無視で広めようとするつもりもないようです。
どこか糖尿病の食事療法としての糖質制限のあつかいと似ている状況のような気もします。
詳しいことは、(感染性胃腸炎、五苓散)としてネットで検索してみればわかるはずです。
小さいお子さんのいる家庭にかかわらず、絶対に必要な知識です。
五苓散のあまりの即効性と効果に驚いて、本格的に漢方をみなおして、漢方の勉強を開始するきっかけになる先生も多いのですが、僕もその一人でした。
五苓散はウイルスに効くのではなくウイルスによってもたらされた水毒の状態を改善することに作用します。つまり、消化管の粘膜から水分を再び吸収できるようにさせるため、嘔吐、下痢がおさまり、脱水も改善されます。ウイルスに効く薬はなくとも、治療方法はあるのです.
自然経過では時間がかかり、大変苦しいので多くのひとに知っておいてもらいたいです。 五苓散は乳児から妊婦さんでも大丈夫な安全な漢方薬です。
個々の体質に関係なく、病態自体が水毒の証であれば、程度の差はあれ、つかって悪くなることはないはずです。

 

 

 

 


| 2016.12.22 | PermaLink

日経ビジネス・アソシエ

 

 

【日経ジビネス・アソシエ】・・「ビジネスパーソンの体調管理」

初校上がってきました。

 

 


拙著2冊にたくさんの付箋をつけて取材にいらしてくださった編集者とライターさん。

 

ポイントの把握と見せ方の上手さが流石です。

 

年明け発売の2月号に掲載されるようです。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2016.12.21 | PermaLink

明日22日ustream出演します!

 

明日22日(木)15時より、ustream「TVからは聞けない🉐情報」に

 

出演いたします。よろしければご視聴ください!

 

 

(注)写真は8ヶ月前の、まだ月に数キロのステーキを食べていた頃。

まるでポークのように太っていました。。。(汗)

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願いします

 

 

 

 


| 2016.12.21 | PermaLink

パパも育児ストレス!!た一いへ〜ん!

 

click!

 

赤ちゃんが生まれると、父親も男性ホルン¥モンんmの分泌が低下して、一時的に、

 

男性更年期のような状態になります。

 

これはなんとかして父親も子育てに参加させようとする、素晴らしい仕組みなのですが。。。。

 

 

しかし、男性ホルモンの分泌量が減少すると男性は辛いですよ。。。

 

詳しくは本文をお読みくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらからお願いします


click

 

 

 

 

 

 

 


| 2016.12.13 | PermaLink

成長期の高脂肪食は脳の成長を妨げる・・・

 

日曜の朝のマックはファミファミでいつも混雑していますね。。。。

 

しかし、ちょっと考えてみましょうか。

 

マックに代表される高脂肪食は、はたして子供の成長にとってどうなんでしょうか?

 

マックのビジネス戦略をご存知ですか?

 

人間は3歳児までに食べたものを一生涯、食べ続けたくなる要求があるそうです。

 

よって、万難を排してキッズのクロージングに全力を注いでいる、のです。。

 

確かに子供は楽しいし、大人は楽ですよね、休日マック。

 

でも、ちょっとこの記事も読んでみてくださいね。

 

利便性がよくないというのではありません。

 

でも3歳児まではその子の一生を左右する本当に大切なmore & more がたくさんたくさん

 

あるんです、生活の中に。

 

知らないのではなくて、いろいろ知った上でのチョイス、大切だと思うんですね。

 

 

click!   → here!!

 

 

 

ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします


 

 

 


| 2016.12.06 | PermaLink

マグロ注意!妊婦から胎児への影響!

 

click!

 

我々日本人のマグロ好きは有名です。

 

かく言う私も15年前、初めて分子整合医学の血液検査を受けた際、

 

オプショナルで有害ミネラル検査なるものを行い、ほなkの有害ミネラルとのバランスを欠き、

 

水銀値だけ突出して担当の先生に「鈴木さん、魔ごろ食べ過ぎ!」

 

って笑われた苦い思い出があります(笑)

 

当時の私は週3回はお寿司屋さんに行き、まず「大トロ」そのあともマグロ尽くし

 

って言うほどのマグロ好きでした。

 

見事に日頃の食生活が血液に現れていることに愕然とした原体験です。

 

 

 

その後、1年間全くお寿司抜きをして(ほんとは光り物とかは問題ないのですが)、

 

再度チャレンジしたら見事に水銀値は平常以下に保たれていた数字を目にして、

 

やはり毎日の食事が体を作るのだ、健康も、病気も。と言う確信に近い経験をしたのです。

 

 

 

それからです。私が栄養学を真摯に学び始めたのは。

 

今では背骨の矯正だけでは真の健康になることは無理!背骨の矯正と栄養の見直しは表裏一体!

 

と言う揺るぎない信念を持っています。

 

当院に体の矯正を受けにお越しになったクライアントの方は、食事についてあーだこーだ言われて

 

さそびっくりすると思うのですが、何を食べるのかはとても重要なのです。

 

 

 

このYahoo news は、妊娠期に属するマグロの含まれるメチル水銀が胎児に重篤な問題を発症する

 

原因になることを述べています。

 

妊娠期の、もちろん授乳期も含めて、お母さんはご一読ください。

 

海洋汚染、僕たちが思っている以上に深刻なんですね。

 

 

 

ご予約、またはご質問などございましたら、こちらからお願いします

 

 

 


| 2016.11.28 | PermaLink
前の10件   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ