世田谷区用賀の整体院【せたがや手技均整院】|自然療法、更年期障害、不妊治療、妊娠期の腰痛、産後の骨盤調整、マタニティブルー、産後の腰痛、恥骨痛、マタニティ、更年期、妊婦さんbaby一緒OK

トップ | 男性更年期の運動療法

男性更年期の運動療法

男性更年期の運動療法とは

 

更年期障害は女性だけのものではありません。

  

自信がなくなった

朝起きて元気がない

やる気が起きない・・・

将来に対する不安が強くなった・・

活力が湧かない・・  

 

男性にも「LOH症候群」と呼ばれる、男性ホルモンの低下からおこる更年期障害様の変化があります。

平均的に40〜50代に発症する、男性ホルモンのテストステロンの低下により引き起こされる様々な不定愁訴の総称が男性の更年期障害と呼ばれています。

 

 

・太りだした ・疲れが抜けない 

寝つきが悪くなった 

・集中力がなくなった 

・ちょっとしたことでイライラする

・落ち込みやすくなった 

うつ病かもしれない

・朝立ちの回数が減少した 

・無気力になった 

etc..etc.

もしこれらの症状が思い当たり、漲るような活力が過去のものと感じるようであれば、あなたは男性の更年期に差し掛かっているのかもしれません。

  

男性ホルモン/テストステロンの低下により引き起こされる男性の更年期は、通常ホルモン補填療法が適応されます。

ですが、男性の更年期には運動療法が最も効果があるのです。

 

しかし、ここに大きな問題が一つ横たわります。それは、ただでさえ心身の活力が低下して、気持ちも身体からもやる気や元気が失われている時に、体の再構築を行う運動など、頭ではわかっているけど出来ない、というのが現実なのです。

 

せたがや手技均整院では、全身の骨格と筋肉の矯正を行う手技療法に、加齢と共に弱体化した骨格筋をバルクアップさせていく運動療法を組み合わせたオリジナルメソッドにより、男性の更年期の改善に取り組み高い効果を上げております。

 

身体の整合性が改善され、衰えていた筋肉が覚醒していくことにより、活力が戻り、やる気と自信が回復していくことを、多くの方が実感でされています。

  

「男性更年期・運動療法プログラム」:初回/11.880円         2回目以降/9.720円

  

お問い合わせ→click!

 

 

 

 

タレントの渡辺正行さんが、男性更年期障害によるうつ病に苦しんでいたことは周知の事実として知られています。

ほかにも歌手の吉田拓郎さんや、漫画家の故はらたいらさん、お笑いの岡本隆史さんなどが有名で、男性更年期障害を広く一般にしられるようになったきっかけとなりました。

男性の更年期障害は、40歳半ば過ぎから発症するケースが多く、倦怠感、不眠、発汗異常、感覚異常、性欲減退などの不定愁訴を感じ、生活全般に不調を感じ始めるようになります。

女性の更年期障害が、閉経に伴う女性ホルモンの低下が原因となるように、男性もテストステロンという男性ホルモンの分泌量の減少が原因となり発症します。

このテストステロンは、20代をピークとして徐々に減少していきますが、近年の40〜50代の男性のテストステロンの分泌量は60〜70代の分泌量を下回っているという報告があります。

この年代は会社でも重責を負わなければならない立場にあり、生涯収入をはじめとした将来のエンドラインも見え始め、家庭では奥さんや子供とのすれ違いが顕著となり、疎外感や孤独感を感じやすい時期でもあり、慢性的に交感神経優位の状態で日々の生活を強いられるという特徴があります。

テストステロンの分泌は、副交感神経優位な状態で活性化されるため、趣味がない人や、運動習慣がない人はなかなか回復に時間がかかる傾向があります。

当院の「男性更年期矯正プログラム」は、肉体の整合性を取り戻し、テストステロンの分泌に最も効果的な運動療法、食事栄養療法を行うことにより、枯渇し始めた活力を取り戻すことを目的とした、とても効果的なメソッドです。

オス力を取り戻し、有意義な人生を歩んでみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ  →  click! 

 

 

 

・最近、夫がイライラして、朝から疲れているみたい・・

・寝つきが悪くなり、夜中に何度も目がさめる様になった・・

・夕方になると強い疲労感に襲われ、翌朝まで疲れが残る様になった・・

・趣味を始め、いろいろなことに興味が持てなくなった・・

・残りの人生に夢も希望も持ちづらくなった・・

・「疲れた…」が口癖となり、朝◯ちの回数がいちじるしく減少した・・

 

 

これらの心と体の不調は、LOH症候群と呼ばれる男性の更年期現象かもしれません。

 

女性の更年期障害が、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌の減少から引き起こされ、自律神経のアンバランスが生じるのと同様に、男性の更年期現象もテストステロンという男性ホルモンの減少から、さまざまな体と心のアンバランスが引き起こされます。

 

早い男性だと40代初めからこの様な体の変化が始まっていきます。

また元気を出そうとユン◯ルやリポビ◯ンDなどの滋養強壮剤を飲んでもなんら問題の解決には至りません。

 

 

男性の更年期障害には、手技療法により疲労の累積した全身の身体バランスを回復し、運動療法を行うことが最善の回復法となります。

 

 

困ったことに、このままではいけないと思うのですが、改善していこうとするやる気も根気も起きないのが男性更年期の特徴です。元気と活力を取り戻すべく二人三脚で取り組んでいくプライベートなケアリングが必要となるのです。

 

 

当院の「男性の更年期改善の運動療法プログラム」では、体と心の、やる気!元気!活力!に陰りが見え始めた中高年の男性が見違える様に生まれ変わっております。

 

 

ご自身の健康に不安が生じ始めたら、あるいはご主人の活力低下が気になりだしたら、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

☆ 中高年になっても休日には平日よりも早く目覚め、「今日は何をやろうか!」と意欲に燃える朝を迎えられるのが「健全な男性」の姿です!「男性の更年期改善の運動療法プログラム」により生涯青春を目指してください!

 

 

お問い合わせ →  CLICK!